ED(勃起不全)治療薬比較

ED(勃起不全)治療薬を徹底比較

ED(勃起不全)の治療に対し最も効果が高いといわれているのがED(勃起不全)治療薬と呼ばれる薬です。
その中でも現在国内での使用が可能なのが「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類であり、どの薬もED(勃起不全)に対しての即効性が高く、悩みを抱えている人の助けとなる治療薬です。
バイアグラ・レビトラ・シアリスの効果はほぼ同じようなものですが、それぞれに特徴があるためそれを知ることで正しく使うことも出来ますし、自分に合っている薬がどれになるのかも分かるでしょう。

バイアグラ・レビトラ・シアリスの特徴

バイアグラ・シアリス・レビトラの特徴

バイアグラ・レビトラ・シアリスを使用した場合、一時的なED(勃起不全)の改善が見込まれます。基本的にはどの薬の場合もペニスに流れ込む血流の改善を行い勃起を維持できる時間を延ばすことが可能になります。

まず、バイアグラの特徴としては最も有名なED(勃起不全)治療薬であり、3つの治療薬の中で利用者数も多い薬となっています。
ジェネリックのバイアグラも登場しているためそれを使用することで治療費も多少抑えることが可能になっていますし、知名度がレビトラやシアリスと比べて高いので安心して使用できるED(勃起不全)治療薬だといえるでしょう。
バイアグラの場合服用後30分程度で効き目が現れ始め、約1時間程度でその効果が最大に達します。
効き目が最大に達した場合その効果は5~7時間程度持続しますので、その間であれば性行為を行う場合に勃起不全で支障が出るということも無いでしょう。
勃起の硬さに関しても硬さがでやすくそれを維持しやすいためED(勃起不全)で硬さに問題がある場合には使いやすい薬だと言えます。
効き目の持続性がそれほど長くないため性行為の直前に飲む必要がありますので、事前に飲んでおいて用意する場合には不向きという特徴があります。

食事と一緒に服用した場合には効き目が弱まる恐れもありますし、効くまでの時間が遅くなることもあるので出来るだけ空腹時に服用するのが望ましいでしょう。

副作用に関しては動悸や息切れ、目の充血や顔のほてりといった症状がほとんどの人に現れます。副作用が現れる確率は約9割以上となるため、使用した場合には副作用が起きるということを承知の上で使用する必要があります。

レビトラの特徴としては即効性が高く非常に効き目が現れるまでの時間が短いことが挙げられます。
レビトラを服用した場合には約15分程度で効き目が現れ始め、30~45分程度でその効き目が最高潮に達します。
そのため飲んですぐに効き目が得られるため非常に使い勝手の良いED(勃起不全)治療薬であるといえるでしょう。
現在のところレビトラのジェネリック医療品は、販売はされておりますが種類が少ないので、購入方法はインターネットでの入手というのが唯一の方法となります。

効果の持続時間は5~7時間程度ですのでバイアグラとさほど変わらないと考えて良いでしょう。
勃起に関しては硬くなりやすくさらに持続時間も延びる傾向にあるため、性行為を時間をかけて行いたい場合には最適な薬と言えます。
ただし持続時間が延びるのは勃起した際の感度が落ちるためであり、レビトラを使用するとペニスの感度が通常よりも落ちるので快感を得るという意味においては少々満足できない場合もあります。

副作用に関しては目の充血や動悸・息切れ、鼻づまりや頭痛といった症状が9割以上の確率で現れますので、使用すると副作用が起きることを理解しておく必要があるでしょう。それと食事と一緒に服用すると効き目が現れるまでの時間が延びてしまいますし、効き目が弱まることもあります。

シアリスの特徴としてはED(勃起不全)治療薬の中でも最も効き目が緩やかで長く持続することが挙げられます。
シアリスを服用した場合その効果が現れ始めるまでに少なくとも1~2時間程度の時間を要しますので、即効性があるED(勃起不全)治療薬ではありません。
その代わりに効き目の持続時間が非常に長く、一回服用した場合には24~36時間もの間ED(勃起不全)を改善する効果が得られます。
効き目が緩やかなのでも勃起に関しても非常に自然に近い形で勃起状態を作り出すことが出来ますし、感度に関しても落ちることなく快感を得ることが出来る治療薬となっています。

副作用に関しては使用した人のおよそ3割程度の人に現れるため、他の治療薬と比べると副作用が起きる確率が低めであると言えます。
副作用の症状としては筋肉痛や背部痛、ほてりや頭痛、鼻づまりや消化不良などが生じる可能性があります。
そのため副作用の起きる確率が低いとはいえ全くおきないわけではないのでその点を理解して使用することが望ましいでしょう。
効き目が緩やかなので食事と一緒に服用してしまうとなかなか効き目が現れないこともあるので、出来るだけ早く効き目を得たいのであれば空腹時での利用が効果的となります。

バイアグラ・レビトラ・シアリスの比較表

ED治療薬(バイアグラ・シアリス・レビトラ)の比較

バイアグラ・レビトラ・シアリスを比較した場合、それぞれに一長一短がありますので何が得意で何が不得意かを正しく知ることが使用する際のポイントとなります。そのためバイアグラ・レビトラ・シアリスの比較表を見てそれぞれの違いを理解するようにしましょう。

病院の処方価格(1錠当たりの価格)

バイアグラ 50mg 2000円 バイアグラ 100mg 1245円
シアリス 10mg 1500円 シアリス 20mg 1800円
レビトラ 10mg 1700円 レビトラ 20mg 1800円
各ジェネリック 50mg 平均:1000円 —————————– ————-

お悩み宅急便の価格(1錠当たりの価格)

バイアグラ 50mg 1200円 バイアグラ 100mg 1245円
シアリス 10mg 1500円 シアリス 20mg 1220円
レビトラ 10mg 1700円 レビトラ 20mg 1220円
各ジェネリック 50mg 平均:450円 ————————— ————–

効き目

効き目が現れる時間 効果ピーク時間 勃起症状
バイアグラ 服用後30~45分 1時間程でピーク 勃起力・硬さが得られる
シアリス 服用後1~2時間 自然な効き目で勃起 効き目が緩やか
レビトラ 服用後15~30分 45分ほどでピーク 速攻性あり・勃起力得るが感度が落ちる


持続時間

治療薬の持続時間 治療薬の持続効果
バイアグラ 5~7時間程度の持続時間 効き目が切れるのが早い
シアリス 24~36時間程度の持続時間 非常に効き目が長く持続するため直前に飲まなくてもOK
レビトラ 5~7時間程度の持続時間 ED症状が軽度の場合持続時間が延びる場合もあり


副作用

バイアグラ 9割以上の確率で顔のほてり・頭痛・鼻づまり・動悸・息切れなどあり
シアリス 3割り程度の確率でほてり・鼻づまり・筋肉痛・背部痛などあり
レビトラ 9割以上の確率で顔のほてり・頭痛・鼻づまり・動悸・息切れなどあり


服用のタイミング

バイアグラ 性行為の1時間程度前に服用が望ましい
シアリス 効果が長いので性行為直前でなくてもOK。ただし効き目が現れるまでが長いので事前に服用が望ましい
レビトラ 性行為の30分程度前に服用が望ましい


使用不可のケース

バイアグラ 硝酸剤を使用中、網膜色素変性症、心筋梗塞・脳梗塞は不可。ただし心筋梗塞・脳梗塞は発症後6ヶ月経過後であれば可
シアリス 硝酸剤を使用中、網膜色素変性症、心筋梗塞・脳梗塞は不可。ただし心筋梗塞は発症後3ヶ月、脳梗塞は6ヶ月経過していれば可
レビトラ 硝酸剤を使用中、網膜色素変性症、心筋梗塞・脳梗塞、血液透析中、HVI治療薬使用中は不可。ただし心筋梗塞・脳梗塞は発症後6ヶ月経過後であれば可

これ以外にも使用不可のケースもありますので、バイアグラ・レビトラ・シアリスを処方してもらう前に相談するのが望ましいでしょう。