ED(勃起不全)治療薬と媚薬や精力剤との違い

ED治療薬と精力剤や媚薬の違い

ED(勃起不全)の治療を行う場合には専用の治療薬を使用することで勃起不全の状態を改善することが出来ます。
治療に用いられるものとしては基本的に医師の処方によるバイアグラなどの治療薬を用いることになるわけですが、ED(勃起不全)に効果があるといわれているのは治療薬以外に精力剤や媚薬といった類のものも存在しており、治療薬と同じように勃起を促し勃起不全を改善してくれる効果が得られます。
しかし治療薬と精力剤・媚薬は全く異なるものであり、同じような効果が得られるといっても効果も持続力も副作用などにも違いがあります。
そのためこれらの違いを正しく知り混同しないようにすることと、ED(勃起不全)を治療するための選択肢として何を用いると良いのかを理解することが重要です。

ED治療薬

ED治療薬とは?

ED(勃起不全)の治療に用いられるバイアグラなどの治療薬は、医師の診察を受けて処方される薬に当たるものとなります。
ED(勃起不全)というのは簡単に言えばペニスの海綿体が上手く膨張しなくなる病気であり、その原因となるのが心因性のものと器質性の2通りの原因が考えられます。
どちらの場合も血液の流れに問題が起きてしまいペニス内の海綿体に上手く血液が流れ込まない、流れ込んだ後にそこで血液を維持できないことにより勃起が満足に得られない状態になります。

ED治療薬を使用した場合にはこの血液の流れと維持を薬の力により強制的に維持することが可能になり、性行為を行う際のサポートが可能になるわけです。
ED治療薬には様々な種類がありますが、どの治療薬の場合も薬を飲んだ場合のみ勃起不全の状態を改善することが出来るため、ED治療薬を飲んでいないときは勃起不全が改善できていない状態になります。
そのためED(勃起不全)を治し完全に元の状態に戻すことが出来るわけではなく、あくまでも一時的に勃起状態を作り出すことが出来る薬であると理解しておく必要があります。
薬の種類によってその効果は異なりますが、最も有名なED治療薬であるバイアグラの場合服用してから聞き目が出るまでに約1時間程度の時間を必要とし、その効果が持続するのは5~7時間程度と短くなっています。
レビトラやシアリスといった治療薬の場合はバイアグラよりも持続時間が長いですが、それでも24~36時間程度ですので飲めばEDが治るというわけではありません。
それとED治療薬の場合は薬のため副作用が起きることが確認されており、血圧の低下や心臓への負担による狭心が起きることもあります。
そのため心臓に持病を抱えている場合など使用できない人も多く、副作用が酷い場合には死に至るケースもあるため使用には細心の注意が必要となります。
治療薬は医師の処方によってのみ入手できるものですし、それだけ効果が高いかわりに危険性もあるものと言うことになるため、人から貰って使用したりする事は極力避けた方が良いと思います。

精力剤

精力剤に関する基礎知識

ED(勃起不全)を改善できるものとして治療薬以外に効果があるといわれているのが精力剤と呼ばれるものです。
この精力剤は名前の通り精力を回復することが出来るもので、ED(勃起不全)に対しても改善する効果があるものとして利用者も多く知名度も高いものとなっています。
この精力剤には医薬品と医薬品成分以外に分類されるものがあり、どちらを使用した場合でも体の血流を改善し勃起を促す効果を得ることが出来ます。
医薬品にあたるものとしてはタウリンやテストステロン、ヨヒンビンやジゾノールといった成分を使用している精力剤を指し、それを服用することで男性ホルモンを体内で生成しED(勃起不全)を改善する効果を与えてくれます。
男性ホルモンが体内に増えることでペニスに血液を集中させる効果とそれを持続させる効果を高めることが出来ますので、勃起不全で正常な勃起が出来ない場合にそれを解消することが出来ます。

医薬品以外の成分に関しては一般食品や漢方に分類される成分が主に使用されており、亜鉛やマカ、朝鮮人参やすっぽんといった疲労回復効果や精力アップ効果のある天然成分が主に使用されています。
亜鉛やマカといった成分はED(勃起不全)を改善するのに欠かせない成分であるとともに、体の状態を正常に戻すことが出来る成分でもあります。
基本的に精力剤の場合は服用することで体の内部から改善を行うことになり、ED治療薬のような即効性はありません。
そのため精力剤を飲んだからすぐに勃起が改善するということはありませんし、継続的な利用により徐々に勃起不全を解消する効果を得ることが出来るものであると考える必要があります。
治療薬との違いとしては副作用が少ないということも挙げられ、服用する際に用法と容量を守っていれば体に異変が起きることが少ないのも特徴です。
しかし大量に摂取すると頭痛や吐き気といった副作用が起きる場合もありますし、亜鉛などの場合は急性亜鉛中毒を引き起こすこともあるので大量に摂取するのはNGとなります。即効性が無いのでロングスパンで使用し続けることが必要ですし、急激にED(勃起不全)が解消することも無いので過度な期待はしないほうが良いでしょう。

媚薬

媚薬とは何か?

媚薬は治療薬とも精力剤とも異なるものであり、性欲を高めるために使用するものとなります。
媚薬を使用した場合には催淫作用が働くため通常よりも気持ち的に性欲が高まることになり、その効果によりいつもとは異なる高揚感を得ることになり勃起を促してくれる効果を得られます。
媚薬の場合勃起不全を解消できるわけではなく、勃起を促しやすい状態にしてくれる薬ですのでマンネリ化した性行為などを解消する効果は期待できますが、媚薬を使用したからといって勃起不全が治るということはありません。
媚薬はあくまでも精神的な高揚を作り出し体の感度をアップさせるものであると考えたほうが良く、治療薬とも精力剤とも異なるものであるといえるでしょう。
ただ心因的なEDの場合には媚薬を使用することで気持ちが高ぶるので勃起不全に一定の効果が得られる場合もあるので、治療薬や精力剤と合わせて上手く使用することで勃起不全の状態を改善することも出来ます。