AGA(男性型脱毛症)の原因

AGAの原因とメカニズム

現在薄毛で悩んでいる人も多いと思いますが、薄毛には病気で発症する薄毛、加齢で進行してしまう薄毛などがありますが、その中でも男性が最も発症しやすいのが、AGA(男性型脱毛症)です。
男性型脱毛症はその名の通り男性の多く見られる脱毛症で、30代を越えたあたりから発症しやすくなる症状です。
男性型脱毛症のAGAは男性が男性らしくいるために必ず必要となる男性ホルモンが大きく関係しており、男性ホルモンが分泌される限り防ぐことが難しい脱毛症となります。

様々なAGA(男性型脱毛症)の原因

AGAの原因は様々…

基本的な原因として最も多いのは、男性ホルモンのテストステロンと頭皮に存在している「5αリアクターゼ」という酵素が結びつくことで発生する「ジヒドロテストステロン」というホルモンが脱毛を促し薄毛を進行させてしまうことになります。
頭皮に存在している5αリアクターゼは、遺伝的にその量がある程度決まっているため、AGAを発症しやすい人がいるのも事実ですし、発症し難く薄毛になり難い人も相当数いることになります。
要するに人それぞれ発症リスクが異なるため、自分がAGAを発症するかどうかはわからないと言えるでしょう。

AGAの根本的な原因となるのは、テストステロンと5αリアクターゼではありますが、それ以外にもAGAを進行させてしまう原因は数多くありますし、テストステロンと5αリアクターゼの結びつきを阻害しても他の要因で薄毛が進行する可能性も否定できません。

原因となるものとしては頭皮環境の悪化や食生活の乱れ、仕事などでのストレスの蓄積や生活習慣が整っていないなども原因となりますし、喫煙習慣がある場合その喫煙自体が薄毛を助長してしまう原因にもなります。
これ以外にも洗髪のやり方が悪い、使用しているシャンプーなどが抜け毛を増やすこともあるので、様々な要因が複雑に絡み合うことでAGAをさらに悪化させてしまう可能性もあるわけです。

ストレスや生活習慣の影響

ストレスが原因でなるAGA

AGAの原因となるものとしてストレスは、非常に注意しなければいけない要因の一つとなります。

仕事などでストレスを受けている場合には、それを上手く解消できていないとストレス過多になりますし、溜まり過ぎたストレスは体の状態を徐々に蝕み正常な状態から遠ざけていくことになります。
まずストレスが溜まることで自律神経の乱れが生じやすくなり、本来の体のバランスを維持できなくなります。特に自律神経の乱れはホルモンバランスを崩すことにもなり、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが著しく狂うことも考えられます。

AGAは男性ホルモンのテストステロンの量が増えればそれだけ5αリアクターゼとの結びつきが増えることになりますので、ストレスが溜まればAGAを進行させることにも繋がってしまいます。
女性ホルモンが多ければ抜け毛なども防止できますし髪の毛も健康な状態で維持することが出来ますが、ストレスによりホルモンバランスが崩れ男性ホルモン優位になるとどうしても抜け毛が増える環境が整ってしまうことになります。
そのため出来る限りストレスを溜めないようにすることがAGAを進行させないために必用となります。

生活習慣もAGAに深く関わるものとなります。毎日の生活習慣が規則正しい状態であれば睡眠も十分とれますし熟睡することで体の疲れも抜くことが出来ます。
しかし、生活習慣が乱れていた場合、夜更かしなどにより睡眠が不十分になることも予想されますし、睡眠が適切に取れていない場合には体の疲れも抜けず疲労による体調不良や血行不良なども起きやすくなります。
何より睡眠中に髪の毛などの成長も促進されますので、睡眠不足は自分で髪の毛の成長と維持を妨げていることになります。
それが続くと抜け毛はどんどん増えますし、睡眠不足はストレスを溜めることにも繋がるため、さらにAGAが悪化することが考えられます。

基本的にストレスの場合も生活習慣の乱れの場合も体の状態が正常な状態ではなくなりますし、血行が滞ることで頭皮に血液を送れなくなり栄養も遮断されてしまうことになります。
本来髪の毛は血液から栄養を貰い成長や、今の状態を維持していますので、血流が悪くなるような行為は、全て抜け毛を助長する物であると考えたほうが良いでしょう。

食生活の乱れもAGAに関係しており、皮脂の分泌が増えるような脂っこい食生活や、栄養が無いジャンクフードばかりの生活も必要な栄養が不足する為抜け毛を増やすことになります。
それだけでなく食生活の乱れは頭皮環境の悪化を招くため、バランスのとれた食事をしないと薄毛がどんどん進行していき気が付けば手遅れということも考えられます。

喫煙と薄毛の関係

喫煙とAGAの関係

喫煙習慣がある人の場合、AGAを進行させやすい生活を送っていると言えます。何故喫煙が薄毛を助長させるのかと言えば、喫煙することで煙草に含まれる「ニコチン」や「タール」などを体内に取り込むことになります。
タールは発がん性が極めて高い物質ですので明らかに体には害がある成分ですし、ニコチンも中毒性と依存性が高く、しかも血管を収縮させてしまうという悪影響もあります。
ニコチンにより血管が収縮するということは、すなわち血液の流れを妨げてしまうことになり、喫煙習慣がある人は継続的にニコチンを体内に取り入れているので、常に血管が収縮したままの状態になると言えます。

これは血液が正常に流れにくくなることを意味しており、細くなった血管では栄養を十分に髪の毛の送り届けることが出来なくなり、抜け毛を増やしてしまうことになります。

煙草には一酸化炭素も含まれており、一酸化炭素には動脈硬化を引き起こすという問題があります。
動脈が固くなるということは血液を送ると言うことが難しくなることに繋がり、ニコチンによる血管の収縮と合わさることでさらに血液の流れを悪くしてしまいます。
一酸化炭素には、動脈硬化だけでなく血液内のヘモグロビンと結びつきやすいという問題もあり、一酸化炭素がヘモグロビンと結びつくことで血液中の酸素が運ばれなくなってしまいます。
髪の毛を生み出す毛母細胞は血液により運ばれてくる栄養素と酸素を元に髪の毛を成長させますので、喫煙をすることで髪の毛の成長に必要な酸素も不足しやすくなり、結果的に抜け毛が増え薄毛が進行してしまうことになります。
AGAを予防し抜け毛を減らすためには、喫煙習慣も止めることがとても重要になります。