◆AGA(男性型脱毛症)

年齢と共にその量が減っていく髪の毛に悩んでいる男性も少なくないのではないでしょうか。薄くなってしまった髪の毛を諦めている男性もいると思いますが、諦める前にまず知っておきたいのが、その抜け毛や薄毛が加齢によるものなのか、それともAGA(男性型脱毛症)によるものなのかということです。

AGA(男性型脱毛症)
AGAの原因とメカニズム

AGA(男性型脱毛症)の原因

現在薄毛で悩んでいる人も多いと思いますが、薄毛には病気で発症する薄毛、加齢で進行してしまう...
AGAの発症と特徴

AGA(男性型脱毛症)の症状

AGA(男性型脱毛症)は意外とその発症に気が付かない場合が多く、自分がAGAであることを知...
AGA(男性型脱毛症)の対策方法

AGA(男性型脱毛症)の対策

AGA(男性型脱毛症)の対策を行う事は、今よりもAGAの症状を進行させないためにも必要不可...
育毛剤・養毛剤・発毛剤の違いとは?

育毛剤・養毛剤・発毛剤の違い

薄毛を予防したりこれ以上髪の毛を減らさないために利用する製品には、「養毛剤」「育毛剤」「発...
AGA(男性型脱毛症)とは何かを知ることで、失ってしまった髪の毛を元のように改善することも可能となりますし、何故AGAが起こるのかと言ったAGA(男性型脱毛症)の原因を知ることで、自分の生活に問題が無かったのかどうかも見直すきっかけになります。

AGAの場合明確な原因があり、その原因にも種類があるため自分がAGAである可能性が高い場合には、原因を突き止めることにより今の現状を改善するとともにこれ以上髪の毛が減らないようにすることも可能となるでしょう。

AGA(男性型脱毛症)の症状は円形脱毛症のような脱毛とは異なり、ある程度のパターンが見て取れます。そのため現在の自分の抜け毛がAGAに当てはまるかどうかを考えることで、自分がAGAによる抜け毛で薄毛が進行しているのかどうかを知ることも出来ます。

原因や症状を正しく理解することで、AGA(男性型脱毛症)の対策に関しても何を行えばいいのか、生活習慣をどの様に見直せば抜け毛を食い止めることが出来るのかもわかるようになります。

それと同時に抜け毛に効果があると言われている育毛剤・養毛剤・発毛剤の違いに関しても正しい知識を身に着けておく必要があります。販売されている育毛剤・養毛剤・発毛剤には根本的な違いがあるため、どれでもいいから使えば髪の毛が生えてくると言うわけではありませんし、効果の違いを知ったうえで使用することで、効果的な使い方や自分にはどれが必要なのかも知ることが出来るでしょう。

AGAは治らない症状では無く、正しい知識を身に着けて対策を行えばある程度は改善することが出来るものです。そのために自分自身の知識を増やし、それを活かしてAGA改善に取り組むと良いでしょう。

AGA(男性型脱毛症)薬の種類

商品画像 商品名 主成分 商品詳細
AGA治療薬のフィンペシア フィンペシア¥1,340 アフィナステリド1mg プロペシアのジェネリック医薬品となりフィナステリドを有効成分とした飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬です。
AGA治療薬のプロペシア プロペシア¥5,590 フィナステリド1mg AGA(男性型脱毛症)に悩む男性へ効果のあるお薬で世界60ヶ国以上で承認をされている世界で初めて医師が処方をする治療薬です。
AGA治療薬のエフペシア エフペシア¥4,940 フィナステリド1mg 主成分であるフィナステリドが男性ホルモンを抑え、抜け毛、薄毛だどを抑制し、薄毛・脱毛症予防として効果を発揮してくれます。
AGA治療薬のデュタス デュタス¥3,140 デュタステリド0.5mg ザガーロのジェネリック医薬品で人気の育毛剤であるプロペシアよりもDHTを作り出す事を抑える事が出来る為によりAGA(男性型脱毛症)改善に高い効果と期待が持てます。
AGA治療薬のデュタボルブ デュタボルブ¥3,140 デュタステリド0.5mg デュタボルブは日本で承認されたばかりであるAGA(男性型脱毛症)治療薬であるザガーロのジェネリック医療品です。
育毛剤のミノキシジルタブレット ミノキシジルタブレット¥3,590 ミノキシジル5mg・10mg 高血圧治療薬であるロニテンと同じ有効成分を含有したジェネリック医療品で塗布タイプの育毛剤と比べ、塗りムラも無く面倒になる作業もない人気商品です。
ツゲイン ツゲイン(ロゲイン)¥2,240 ミノキシジル2%・5%・10% AGA(男性型脱毛症)治療で日本でもおなじみのロゲイン(リアップ)のジェネリック医療品で女性でも利用可能で性別を問わずに薄毛に悩む方から高い人気を誇っております。