低容量ピルの効果と副作用

低用量ピルの取り扱い説明書

性行為を行う際に避妊をすると言うことは、思いがけない妊娠を防止するだけでなく、妊娠によって生まれてくる命を中絶によって消してしまうと言うことも防止することが出来る為、誰もがしっかりと考えて対策を行う必要があります。
これは男性の場合はコンドーム、女性の場合は避妊薬のピルを活用することで計画的な妊娠を行うことが出来るとともに、軽率な性行為で妊娠することを防ぐと言うことにも繋がります。
コンドームだけでは避妊は完璧とは言えませんが、避妊薬のピルを使用することで避妊の効果をさらに高めることが出来ますし、コンドームの不具合の際にも妊娠の危険性を大幅に軽減することが出来ます。
そのため女性は避妊薬のピルのことをしっかりと学んで正しく使用できるようになっておくほうがよいでしょう。

低容量ピルについて

低用量ピルについて

ピルにも種類があり緊急用と一般的に使用されるものがあります。
低容量ピル」と呼ばれる避妊薬は一般的に使用されるタイプのピルであり、緊急用とは基本的に使い方が異なるものだと考えた方が良いでしょう。
低容量ピルはその名の通り容量を抑えた避妊薬となっており、緊急用のように中~大容量のものではないので即効性はありません。
低容量ピルの場合継続的に使用し続けることで初めて避妊の効果を発揮するものであり、一度飲んだら効き目が表れるという避妊薬ではないと言う事を正しく理解しておく必要があります。
低容量ピルは一般的に経口避妊薬と呼ばれる医療用の薬となっていますので、口から摂取して体内に取り込むことで避妊効果を高めることが出来る薬となります。
低容量ピルは薬局などでは購入することが出来ない特別な医薬品となっていますので、使用する場合には医療機関を受診して医師の処方により初めて入手可能となりますが、最近ではインターネットの海外医療品通販サイトで購入する事が出来ます。
基本的には21錠・28錠といったシートで処方されることになり、それを毎日使用し続けなければいけません。価格的には1日当たり100円程度の費用負担となりますが、避妊を継続するためには使用を止めることが出来ないので使用期間が長くなればなるほど費用がかさむことになります。
一部例外もありますが基本的には保険適用外の医薬品となるので、全額自己負担での使用となります。

低用量ピルの服用タイミング

低用量ピルの服用するタイミング

低容量ピルを使用する場合には、服用するタイミングが非常に重要となります。
これはピルの効果を最大限に得る為には必ず守る必要があり、正しく服用しなければ避妊効果を得られなくなる場合もあります。ピルを服用するタイミングとしては、生理初日から服用し始めることで最も避妊効果を高めることが出来ます。
生理初日から服用し始めた場合には、飲み始めてすぐに避妊効果を得ることが出来ますので最もピルの使い方としては良いサイクルとなります。
生理2日目以降に服用を始めた場合には、子宮内の環境が初日とは大きく変わってしまっていますので避妊効果が得られるのは服用し始めてから10~14日後となります。
生理が始まって8日を越えてしまうと低容量ピルを服用しても避妊効果がほとんど得られないため、次の生理が始まってから服用しなければいけません。
これは8日を越えてしまうと子宮内の環境が妊娠に適した状態に出来上がってしまうためで、そうなってしまうといくらピルを使用しても避妊することが難しくなるためです。
そのためピルを飲めば何時でも避妊できるわけでは無く、服用するタイミングがとても重要だと理解することが正しく避妊を行うためのポイントとなります。

低用量ピルの効果

避妊以外にも効果がある低用量ピル

低容量ピルを使用することで何故避妊効果が高まるのかと言えば、低容量ピルの主成分が大きく関係しています。
低容量ピルの主成分は女性ホルモンである黄体ホルモンの一種となっており、それを体内に取り込むことでホルモンバランスを調整することが出来ます。
女性の体の中では二つの女性ホルモンがあり、それがバランスを取ることで定期的に生理を引き起こすようになっています。
ピルに含まれる黄体ホルモンを摂取することで、卵子の排卵を抑制するとともに、子宮内膜の増殖も抑制することが出来ます。
これは性行為により子宮内に射精された精子が卵子と結びつくのを防ぐとともに、子宮内膜の増殖も押さえることで着床し難くする効果が得られます。
妊娠するには卵子と精子が結びつきさらに子宮内膜に着床することで初めて妊娠することができますので、妊娠に適した状態を作り出せなくすることで避妊を可能にしています。
ピルを服用することでどれくらいの避妊効果が得られるのかと言えば、正しく服用している場合にはほぼ100%といっていいほどの避妊効果を得ることが出来ます。
これはコンドームを使用するよりも遥かに高い避妊率となっており、ピルの効果の高さを表すものだと言えるでしょう。

低用量ピルの副作用に関して

低用量ピルの副作用は?

低容量ピルを使用した場合、医薬品ですので副作用と言う心配も出てきます。
低容量ピルの場合体内のホルモンバランスを調整する働きにより妊娠し難くするため、ホルモンバランスが乱れることでそれに伴う副作用が生じることがあります。
副作用の症状としては頭痛や吐き気、めまいや倦怠感、不正出血や乳房痛、胸のハリや体のむくみなどが現れる場合があります。
全ての人にこの副作用の症状が現れるわけではありませんが、どうしても女性ホルモンを操作することによりその反動で副作用が起きる可能性は高くなります。
副作用で起こる症状はどれも女性ホルモンの変動によるものなので一時的なものであり、低用量ピルを使用し続けるうちに症状は無くなります。
そのため頭痛や吐き気などが起きた場合でもそれほど心配する必要は無いと考えてよいでしょう。
医薬品である低用量ピルは効き目が高いですし医薬品ですので全く体に問題が生じないということはありません。
これは医薬品である低用量ピルを使用する上では避けて通れないものですが、どんな副作用があるのか、その症状がどれくらい深刻なものなのかを正しく理解しておけば特に問題が生じることもないでしょう。
酷過ぎる副作用の場合は医師に相談する必要がありますが、それ以外は徐々に収まりますので焦らずにピルの使用をすると良いでしょう。
正しく使用すれば副作用も軽くそれほど体への負担も無いのが低用量ピルですので、用法や用量を正しく守り服用のタイミングにも注意して使用しましょう。