◆避妊薬ピル

男性と女性がいる限り性行為という習慣は途切れることがありませんし、子孫を残す上でも性行為を行うことはとても重要な意味を持ちます。しかし子供が欲しいわけでは無いのに快楽だけを目的とした性行為を行う人も少なくないですし、その際に避妊を行っていなかっため、予期せぬ妊娠という事態に陥る女性も数多く存在しています。

避妊薬ピル
アフターピルについて知ろう!

アフターピルの効果と副作用

ピルを使用する場合には事前に継続的に服用することで初めて効果を得ることが出来ます。 しかし...
低用量ピルの取り扱い説明書

低容量ピルの効果と副作用

性行為を行う際に避妊をすると言うことは、思いがけない妊娠を防止するだけでなく、妊娠によって...
妊娠した場合には男性よりも女性の方が不利益をこうむることになりますし、妊娠した後に子供を堕胎した場合には命を消すことになってしまいます。そうならないためには妊娠する前にそれを食い止めることと、そもそも妊娠しないように対策を講じたうえで性行為を行うことが重要になります。

一般的にはコンドームでの避妊が有名ですが、それと組み合わせて使用することでさらに避妊率を高めることが出来るのがピルという避妊薬です。避妊薬ピルってどんなものかを知っている人は意外と少なく、日本ではまだまだピルへの理解が進んでいない現状があります。しかしピルを上手に利用することで妊娠リスクを軽減できるわけですので、性行為する人はピルに対する知識を持っておくことがとても重要になるでしょう。

ピルには低用量ピルとアフターピルの2種類がありますので、まずはそれぞれの違いを正しく理解しておくことが避妊へのだいいっぽとなります。アフターピルの効果と副作用を知ることで、避妊に失敗した後でも緊急的に避妊を行うことができますし、効果と副作用を知っておけば使用後に変化があった場合でも素早く対処が出来ます。
低容量ピルの効果と副作用に関しても理解をしておくことでより高い避妊が可能になりますし、アフターピルとの違いを知ることで低用量ピルの安全性や避妊率の高さを知ることが出来るでしょう。

どちらのピルも避妊出来るものではありますが、その特徴や特性が異なりますので混同しないように注意し、ピルとはどのようなものかといった知識を身に着けることで、女性が自らの意志で避妊を行い身を守ることが可能になるでしょう。

アフターピルと低用量ピルの種類

商品画像 商品名 主成分 商品詳細
アフターピルのアイピル アイピル¥1,340 レボノルゲストレル1.5mg 緊急避妊薬(モーニングアフターピル)です。 ノルレボ錠のジェネリック医療品で性行為後に避妊が可能となります。
アフターピルのノルレボ ノルレボ¥3,310 レボノルゲストレル1.5mg 性行為後、72時間以内にノルレボを服用する事で妊娠を防いでくれますが、100%妊娠を防いでくれるわけではありませんので、ご注意して下さい。
アフターピルのアンウォンテッド72 アンウォンテッド72¥1,130 レボノルゲストレル0.75mg 24時間以内に服用をされますと約95%、72時間以内に服用をされますと約75%の妊娠を回避する事ができます。
低用量ピルのトリキュラー トリキュラー¥1,190 エチニルエストラジオール0.03mg・レボノルゲストレル0.05mg 日本で大変人気のある低用量ピルになり日本の産婦人科で処方率が1番高いお薬です!
低用量ピルのマーべロン マーベロン¥1,290 エチニールエストラディオール0.03mg・デソゲストレル0.15mg ホルモン用量が少なく体格の小さな日本人にあった低用量ピルで生理痛や、生理不順にも効果があります。
低用量ピルのヤーズ ヤーズ(超低容量ピル)¥2,690 エチニルエストラジオール0.02mg・ドロスピレノン3mg ヤーズは、ドロスピレノンを主成分とする新しいタイプの避妊薬で、生理痛や生理不順の改善にも効果がある超低用量ピルです。