バストが抱える問題と改善

バストに抱える問題の改善

年齢とともに見た目の老化が進むのは全ての人に当てはまることですし、老化は自然現象なのでなかなかそれを食い止めるのは難しいと言えます。
しかしケアをすることで見た目の印象を老けて見せないことは出来ますし、そのケアが適切であれば実年齢以上に若く見せることも可能です。
しかしバストの乳輪や乳首の黒ずみに関してはケアの方法が分からないためどうすればケアできるか分からないという人も少なくありませんし、そもそも乳輪や乳首が黒ずむ原因が分からなければ適切な対処をすることもままなりません。
バストの悩みを抱えている人はとても多いですし、男性からの視線だけでなく同性である女性からの視線もバストの乳輪や乳首の黒ずみの場合は気になる部分だと言えます。
そのため黒ずみの原因を知り適切な対処をすることで黒ずみ防止、黒ずみ解消を目指す必要があります。

乳首や乳輪が黒ずむ原因

乳首や乳輪が黒ずむ理由

乳首や乳輪が黒ずむ原因としては主に3つの原因が考えられます。
それが成長ホルモンの影響、衣類などによる摩擦、そして年齢。

どのケースでもバストの乳輪や乳首が黒ずんでいき、それを放置しておくと若い頃とは大きく違ってしまい見た目にも綺麗ではないバストへと変わってしまうのです。

成長ホルモン

乳首や乳輪の黒ずみ~成長ホルモン~

若い頃は綺麗なピンクだったバストの乳輪や乳首がいつの間にか黒ずんでしまっていたという人はとても多く、その原因となるのが成長ホルモンの影響です。
成長ホルモンは体を成長させるために必要不可欠であり、成長ホルモンの分泌があるからこそ体が子供から大人らしい見た目へと変貌していくことになります。
その際に成長ホルモンの分泌が増加するのとともにメラニン色素の分泌量も増えることになります。
子供の頃はまだ成長ホルモンの分泌量がそれほど多くありませんし、メラニン色素の量もさほど気にするほどではないためその影響を受けることがありません。
しかし思春期を迎える頃に差し掛かると一気に成長ホルモンの分泌量が増加することになりメラニン色素の生成量も子供の頃とは比べ物にならないほど増えてしまうことになります。
メラニン色素は本来体を紫外線から守るために必要なものであり、メラニン色素が生成されないと紫外線による肌の劣化や最悪皮膚がんを発症するといった状態になります。
そのため体にとってはメラニン色素は有害なものではなくむしろ有益なものであると考えなければいけません。
しかしそのメラニン色素の生成量が増加することで、乳首や乳輪が黒ずむことになるわけです。
成長ホルモンの分泌量増加による黒ずみは成長に伴ってすべての人に起こることで、食い止めることは容易ではありません。

衣類や下着類による摩擦

乳首の黒ずみの原因~下着や衣類~

乳首や乳輪が黒ずむ原因として衣類や下着類による摩擦が原因となる場合もあります。
人それぞれ体の体格は違いますし、バストの大きさなども異なっていると言えます。
そのため自分に合った衣類や下着を着用することがとても重要になり、サイズの合ったものを着用することで体に無理のない状態で衣類などを身にまとうことが出来ます。
しかし市販されている衣類や下着類はある程度のサイズしかありませんのでなかなか自分の体型にぴったりのサイズは見つからないことが多いですし、自分自身の体型やバストサイズを正確に把握していない場合、多少サイズが違っても問題ないと考えて適当に衣類や下着を着用してしまうケースも少なくありません。
しかしサイズの合っていない衣類や下着を着用した場合、バストにダメージを与えてしまうこともありそれが乳輪や乳首の黒ずみを生み出す原因となる場合もあります。
サイズの合っていない下着や衣類を着用していると大きすぎる下着や衣類の場合サイズが合わないことで下着や衣類とバストの間に無駄な空間が生まれ、乳首や乳輪を擦ってしまうことになります。
擦る事で摩擦が生まれそれが肌に対して多大なダメージを与えることになるわけです。
小さすぎる下着の場合も動くたびに密着している部分に摩擦が生まれやすくなりそれが黒ずみを生み出すことになります。
肌は摩擦などのダメージを受けるとメラニンを生成し、摩擦によるダメージを回復しようとします。その際にメラニン色素も生成されそれが定着してしまうことで黒ずんだ乳首や乳輪を作り出してしまうことになります。
摩擦が多ければ多いほどメラニンの生成が増えるのでサイズの合っていない衣類などを着用することは黒ずみのリスクを高めることになります。

年齢の問題

年齢も乳輪や乳首の黒ずみに関係しており、年齢を経ていくことにより肌の細胞が生まれ変わるサイクルが徐々に遅くなっていくことになります。
この肌の生まれ変わりはターンオーバーと呼ばれターンオーバーが正常に行われないと古い角質などが残ったままになりそれが黒ずみを生み出す原因となります。
通常はターンオーバーの際に細胞内のメラニン色素も一緒に剥がれ落ち新しい細胞へとチェンジしますが、ターンオーバーが乱れることでメラニンなども残ったままになり黒ずみを助長することになります。
年齢が進めば進むほどこのターンオーバーに影響が出ますので加齢によるバストの黒ずみは非常に厄介だといえるでしょう。

乳首や乳輪をピンクに改善する方法

乳首や乳輪をピンクにする方法

乳首や乳輪を若い頃のようにピンクに改善する方法も存在しており、それを実行することで黒ずんだ乳首や乳輪を綺麗な状態へと生まれ変わらせることが出来ます。
その方法としては複数の方法があるため正しい方法を知り自分に合った方法で改善を目指すと良いでしょう。

ホルモンバランスを整える

乳首をピンク色に!ホルモンバランス編

女性の場合妊娠や出産というホルモンが乱れやすくなる場合もありますし、生理の際にも体のホルモンバランスが乱れてしまいそれが黒ずみを生む原因となります。
そのためホルモンバランスを乱さないような生活を心がけることがとても重要であり、そのために必要となるのが規則正しい生活やストレスを溜め込まないことです。
ホルモンバランスは生活の乱れによっても大きくそのバランスが崩れますし、ストレスによっても自律神経の乱れからホルモンの乱れへと繋がることになります。
ホルモンバランスが乱れていればそれだけバストの黒ずみを生むことになるのでまずは生活習慣などを見直すことが必要不可欠となります。

美白美容液やクリーム、ピーリング剤などのケア用品を使用する

美容液やピーリング剤で乳首をピンクに!

バストの黒ずみを解消するために効果的なのが美白美容液やクリーム、ピーリング剤などを使用する方法です。
美白美容液やクリームにはメラニンの生成を抑制し今以上に黒ずむのを防止することが出来ます。
メラニンの生成を抑制することで黒ずみの進行を抑えることが出来るわけですので毎日のバストケアに美白美容液などを用いるのは効果的だと言えます。
それと同時に古い角質を取り除くことが出来るピーリング剤を使用することで、バストに残っている角質とその角質に残っているメラニン色素を取り除くことも出来ます。
費用対効果と時間短縮などを総合的に評価するとハイドロキノンクリームがとてもお勧めです。

皮膚への摩擦を減らす

皮膚への摩擦を減らすことも長期的に考えた場合非常に効果のある方法です。
摩擦が減ればメラニンの生成を減らすことが出来、メラニンの生成が減れば今以上に乳首などが黒ずむことはなくなります。
そのためには肌に優しい素材の下着を着用する、サイズの合った衣類や下着を選ぶことが重要となり、自分の体型を正しく把握してサイズの合わないものは使用しないようにすることで黒ずみを防止できます。

レーザー治療

レーザー治療で乳首をピンクに!

すでに定着している黒ずみを取り除くのに効果的なのがレーザーを用いた治療法です。
このレーザー治療を用いることで乳首などに定着しているメラニン色素を取り除き黒ずみを解消することが出来ます。
定着している黒ずみが無くなることで若い頃のようなピンクの乳首や乳輪を取り戻すことができます。
この治療は医療機関で行うことになり費用的には数万円程度必要となりますが、一度レーザー治療を行うと見た目にもはっきりとその違いが現れます。
ただしその後のケアなどもしっかりと行わないとまた黒ずむことになるのでケアを行うことも同時に続けていく必要があります。

美白成分ハイドロキノン

ハイドロきノンの美白成分

海外では一般的に使用されているのが美白成分ハイドロキノン配合の美白クリームなどです。
この美白成分ハイドロキノンは肌の漂白効果が非常に高い成分であり、肌のメラニン生成を行っているメラノサイトを減少させ、すでに定着しているメラニン色素も取り除く効果があります。
継続的に使用することで黒ずんだ乳首や乳輪もピンクに替えていくことが可能ですので、手軽に使えてしかも効果が高い成分といえます。
ただし効果が高い分副作用もあり、肌荒れや痒みを伴うことや白斑と呼ばれる斑な状態になることもあります。
そのため異常を感じた場合には使用を中止することも必要で、肌に合わない場合は他の方法で黒ずみを解消する必要があります。
BIHAKUENハイドロキノンクリーム
BIHAKUENハイドロキノンソープ