シミ・そばかすの対処法と治療薬

シミ・そばかすの対処法と治療薬

シミやそばかすが増えてしまうということは、それだけ肌がダメージを受けておりそのダメージが蓄積している状態であるともいえます。
綺麗は肌の人は肌ケアが適切であり、肌を労わっていることが見た目にも分かりますが、シミや、そばかすが多い人はケアが上手くできていない、もしくはケア自体行っていないという可能性もあります。
シミは酷くなるとその症状が悪化したり思わぬ病気を発症するといったこともありますし、シミだと思っていたものが皮膚がんだったということもゼロではないと言えます。
シミやそばかすが無ければ肌の変化にもいち早く気づけますし、なにより美白を行うことで自分自身の見た目にも自信を持つことが出来るようになります。
美白を行う場合には色々な手段がありますのでまずはそれを正しく知ることから始めましょう。

シミ・そばかすを美白するには?

シミ・そばかすを美白にするには?

肌に出来たシミやそばかすは見た目の印象を悪くするだけでなく、酷い場合は顔全体が斑模様になってしまうといった問題も生じる恐れがあります。
そのため毎日の生活習慣や肌ケア、時には薬を使用するなどの手段を講じることも必要となります。

医療レーザー治療

医療レーザー治療

最近ではシミやそばかすを取るための医療レーザー治療というものもありますので、その選択肢はかなり増えてきており、自分にあった美白が可能になってきています。医療用レーザーを使用してシミやそばかすを消す方法は、肌にレーザー光を当ててシミやそばかすの原因となっている色素細胞を破壊する方法です。
この方法の場合、色素細胞を破壊することによりシミが薄くなる、完全に消えるという効果が期待でき、美白としては非常に効果が高い方法となりますが、医療用レーザーの場合は1cm程度の範囲で1万円くらいの金額が必要となりますし、もし医療用レーザーでシミを消したとしても日頃のケアが不適切であればまたシミやそばかすが顔の表面に現れることも考えられます。
何より費用面での負担がかなり大きいですし、レーザー光でシミやそばかすを消せない場合やレーザーによりむしろシミが濃くなったというケースも少なからずあります。
レーザー治療はいわば諸刃の剣的な方法であり、手っ取り早く肌を白くすることは出来ますが、長い目で見た場合には最良の方法とは言えないでしょう。

内服薬やクリームでの治療

レーザー以外の方法では皮膚科で治療薬を処方してもらうという方法も効果的で、治療薬による美白治療の場合、時間をかけて外側と内側からシミやそばかすを消していく方法となります。
外用薬の場合は基本的に塗り薬を使用することになり、クリームを塗ってシミやそばかすを軽減させることが出来ます。
処方されるクリームとしてはハイドロキノンクリームやトレチノインクリームが有名です。

「ハイドロキノンクリーム」は肌を白くする効果が高い成分であるハイドロキノンが含まれており、メラニンを生成するメラノサイトに働きかけてメラニン生成を抑制するとともに、チロシナーゼの作用を阻害しシミやそばかすを増やさないように出来ます。

「トレチノインクリーム」はビタミンA誘導体のレチノイドの働きにより肌の新陳代謝を活性化しターンオーバーを正常化させることが出来ます。
ターンオーバーを正常化することでメラニンを自然と排出する手助けをしてくれますので強制的に白くするのではなく体の働きを活性化しメラニンを無くす効果があります。

内服薬の場合は「トラネキサム酸」や「L-システイン」、ビタミンCやEを処方することがほとんどです。
トラネキサム酸はシミの元になる色素沈着を阻害する働きがあり、特に女性に起き易い肝斑に有効な薬です。

L-システインは服用することにより肌のターンオーバーを正常化させることが出来る薬ですので、肌の状態を良い状態に整えてくれます。
ビタミンCやEに関しては、抗酸化作用が高く肌の老化を防止することが出来ます。抗酸化作用により肌を若々しく保つ効果もありますしメラニン生成を抑制しシミやそばかすを増やさない効果も期待できます。

サプリメントでの治療

プラチナダイアモンド水素

サプリメントの場合は「プラチナダイアモンド水素」です。
こちらのプラチナダイアモンド水素は美川憲一さんやおりも政夫さん等大物芸能人も御用達の水素サプリとなっており、大人気水素サプリメントとなっております。
コラーゲン、ビタミン、コエンザエム、ヒアルロン酸等、今まで色んな美容サプリや化粧品を試してみたけど、どれだけ続けても効果を得られなかった…。ひょっとして逆効果なのでは?そんな方にお勧めをするのがこちらのプラチナダイアモンド水素なのです。
体をサビさせる活性酸素を取り除く力、還元力が衰えることも原因の一つなのです。
水素のちからを借りて還元力をアップさせハリのあるお肌をシャッキとした体を取り戻す効果がございます。

大切なことは予防すること

シミ・そばかすの予防

レーザーや薬を使用して美白治療を行えば、確実に今の状態よりも肌のシミやそばかすは減り、見た目にも綺麗な肌を取り戻すことが出来ます。
しかし、レーザーや薬と言うものは何のデメリットも無く肌を美白できるものではありませんし、日頃の予防が適格でなければ薬の効果も半減することになります。

薬に頼っているとその薬の副作用などが起きる可能性もありますし、肌が弱ければ外用薬などは使用できない場合もあります。
内服薬も妊婦や持病を持っている場合には使用できないことも多く、効果は高いけれど万人におすすめ出来るわけではありません。
大切なのは何よりもシミやそばかすを作り出さないようにするための予防を日頃から心がけることが重要で、肌の状態を常に正常に保ち続ける努力が必要となります。

基本的にシミやそばかすの原因となるのは紫外線が最も多いわけですので、その紫外線を出来るだけ肌に浴びないようにすることが重要です。
対策としては日焼け止めを使用する、日傘などで紫外線を遮る、可能な限り日差しの強い場所に出ないなど毎日の行動を自分自身で考えて対策を行うことでかなりの予防効果があると言えます。
紫外線のダメージを軽減するだけでなく、肌のターンオーバーを正常化させるために毎日の生活習慣を見直し規則正しい生活を送るようにすることも必要となります。

夜更かしや暴飲暴食、偏った食事やストレスを溜めているといったことは全て肌のターンオーバーを乱すことになりますので、バランスの取れた食事を摂り肌に必要なビタミンなどの栄養素を摂取する、睡眠を重視し寝ている間の成長ホルモンによる肌のダメージ回復・ターンオーバーを促進する、ストレスを解消し自律神経やホルモンバランスを正常に保つことが予防に繋がります。

それと洗顔時にゴシゴシ擦ると摩擦によるダメージで色素沈着が起きてしまいシミや、そばかすが増える原因にもなりますので、生活習慣や紫外線だけでなく、肌の洗い方なども考え他方が良いでしょう。
肌と言うものは非常にデリケートであり、ダメージがシミやそばかすという形で表面化しますので、薬やレーザー治療より先に予防を徹底することが最も効果があり大事なことだといえるでしょう。