痛風の予防と対処法

痛風の予防と対処法

痛風の症状が発症してしまった場合は、それを改善するための適切な対処が必要となりますし、まだ発症していない場合には痛風にならないための予防も重要な意味を持つことになります。
発症した際の対処と発症させないための予防をしっかりと行うことで、痛風のリスクを軽減するとともに辛い症状を和らげ痛風が再発しないようにすることも可能です。
その場合の対処法に関しては主に薬物療法となり、予防法に関しては食事療法を取り入れることで痛風にならない体作りを行うことが出来ます。

痛風発作を抑える薬物療法

痛風発作を抑える為の薬物療法とは

痛風を発症した場合最もつらいのが痛風発作と呼ばれる激しい痛みです。この痛風発作は大人でも我慢できないほどの激痛ですので、その痛みが続いている状態では日常生活もまともに送ることが出来ない状態になってしまいます。
もし痛風発作が起きてしまった場合にはその発作を起こさないようにするための薬物療法と、痛みを軽減させるための薬物療法の2つの治療を行うことになります。
まず痛風の発作を抑える薬物療法としては、主にコルヒチンという薬を使用して発作を抑えることになります。
このコルヒチンは痛風発作を抑える効果が高く最も痛風の治療に使用されている薬だと考えて良いでしょう。
痛風発作の原因は尿酸が結晶化することにより関節などに溜まりそれが炎症を引き起こすことで激しい痛みを発症させています。
炎症が起こるのは体内の尿酸結晶に対し白血球が働きそれを取り除こうとすることで炎症と痛みが生じます。
本来であれば白血球の働きにより体内の異物を攻撃するというのは防護反応ですので体の仕組みとしては正しい行動を取っていると言えます。
しかしそれが逆に激しい痛みを生むことになるため、この白血球の働きを抑制することが痛風発作を軽減するポイントとなります。
コルヒチンを使用した場合、白血球の働きを抑制することにより体内で尿酸結晶を攻撃するのを一時的にストップすることが出来ますので、辛い痛風発作の痛みを軽減する効果があります。
ただしこのコルヒチンは白血球が尿酸結晶を攻撃するのを抑制する効果を得るための薬物療法のため、すでに発作が起きていて激しい痛みを生じている場合にはその痛みを和らげる効果があまり期待できません。
どちらかと言うと発作が起きるのを未然に防ぐ効果がある薬ですので、すでに発作が起きている場合はコルヒチン以外の薬物療法を行う必要があります。
その場合には、発作の炎症を抑え痛みを軽減することができる非ステロイド抗炎症薬を使用します。
この非ステロイド抗炎症薬を使用することで辛い痛みを軽減することができますので、コルヒチンと非ステロイド抗炎症薬の両方を用いるのが痛風発作における薬物治療の基本です。
もし非ステロイド抗炎症薬でも痛みが治まらない場合にはさらに強力なステロイド薬を使用する場合もあります。

尿酸値を下げる薬物療法

尿酸値を下げる薬物療法

痛風発作の薬物治療を行うだけでは痛風を解消するということは出来ません。
痛風発作の治療はあくまでも発作を一時的に抑えることで痛みを軽減するのが目的であり、それ以上の治療効果は望めません。
何故なら痛風の症状を解消させるためには体内で高くなってしまっている尿酸値を下げる必要があり、尿酸値が下がらない限り痛風の症状を改善し再発させなくすることは出来ないからです。
そのため痛風発作がおさまった場合には尿酸値を下げるための薬物療法を行う必要があり、痛風の薬物治療ではこちらのほうが長く継続的に続けなければいけない治療となります。

ザイロリック

尿酸値を下げる治療薬ザイロリック

ザイロリック」は尿酸値が高い場合に使用することになる尿酸値を下げる効果のある治療薬です。
痛風になる人は通常の人よりも尿酸値が高い状態になる高尿酸血症という病気を発症しているケースがほとんどであり、高尿酸血症の合併症として痛風という症状が発症することになります。
ザイロリックを服用した場合、この高くなっている尿酸値を引き下げる効果を得られますので、体内の尿酸値を基準値程度の状態に維持することが可能になります。
尿酸は体内のプリン体から生成され作り出されることになり、その際にはキサンチンオキシダーゼという酵素が尿酸を作るための重要な役割を担うことになります。
ザイロリックにはこのキサンチンオキシダーゼの活動を抑制し阻害する効果があるため、必要以上の尿酸を体内で生成出来ない状態にしてくれます。
尿酸が生成されなくなることで尿酸値も下がりますし、下がることで体内で尿酸結晶が作られにくくなります。
尿酸値の値さえ正常であれば痛風の症状を発症するということもなくなりますので、再発防止にも効果的といえます。

尿酸値を下げる食事療法

尿酸値をさげる食事療法

痛風を改善するために薬物療法を用いるのは確かに効果が高く再発防止も期待できます。
しかし場合によっては痛風の治療に薬を使用できないということもありますし、持病を抱えている場合も薬物療法を用いることが出来ないケースもあります。
一生薬を飲み続けるというのも辛いことだといえますし、もし薬物治療を用いても日頃の食生活が乱れていればそれが原因で高尿酸血症になることもありますし、その状態を改善することが困難となります。
薬で尿酸値を下げても食事が乱れていればせっかく下げた尿酸値をまた上げてしまうことになるので、日頃の食事を改善し尿酸値を下げる食事療法を取り入れることも必要となります。
食事療法を用いる場合には日頃の食生活をまず一から見直すことが重要なポイントとなります。
毎日の食事は生きていくためには必要不可欠ですが、その食事が痛風の元になる原因である場合が非常に多いと言えます。
そのため食事メニューの改善を考えてプリン体の少ないメニューを選ぶことや、肥満に痛風患者が多いということを踏まえて毎日の食事による総摂取カロリーを抑える、体内で尿酸結晶を作り出さないために尿をアルカリ化してくれる食材を率先して取り入れるという工夫が必要です。
特にプリン体を多く含む食材を避けることは尿酸を生成し辛くすることが出来ますので、日々の食事を改善し尿酸値を下げる努力をすることも痛風を発症しないためには必要となるでしょう。