片頭痛の治療と予防

片頭痛の治療と予防

片頭痛が一旦始まってしまうとその症状を抑えるのは容易ではありませんし、前兆により予測できていたのにも関わらず何の対処もしないのはみすみす片頭痛で苦しむのを見逃していたことにもなりかねません。
そうならないためには片頭痛を日頃から予防することと、起きた場合に正しく対処し症状を抑えこむこと、治療を行い再度片頭痛が起きないようにすることも必要となります。
片頭痛を抑えるために有効な治療法や薬もありますので、それらを上手く使用して日常生活や仕事などに支障が出ないよう
することも大事だと言えます。

片頭痛の治療

片頭痛の治療

片頭痛を抑えるための治療法としては、基本的には薬を用いた治療を行うことになります。
片頭痛が起きる主な原因となるのは、通常の頭痛とは全くそのメカニズムが異なりCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)が過剰に放出されることで起こります。
通常の頭痛の場合は血行が悪くなるなどが原因の場合が多く、血流を改善できる市販の薬を服用することでその症状を押さえ込むことが出来ますし、風邪などが原因の頭痛に関しても風邪薬を服用することで含まれる成分によりその症状を緩和することが出来ます。
しかし片頭痛の場合は市販の頭痛薬の成分では頭痛を抑えることが出来ないため、医療機関を受診して片頭痛専用の処方をしてもらう必要があります。
現在では非常に効果が高い偏頭痛用の薬がありますので、痛みが襲ってきた場合でもそれを服用することで辛い症状をかなり軽減できます。
さらに予防のための予防薬も処方してもらうことが出来ますので、予防薬と頭痛薬の両方を上手く組み合わせて使用することで片頭痛が起こる回数を相当少なくすることが出来、もし症状が発症した場合でもそれを抑え生活に支障が出ないようにすることが可能です。
△片頭痛が起きた時の対処法
片頭痛が起きた場合、どのような対処法を用いればその症状を緩和することができるのでしょうか。
医療機関で偏頭痛用の処方薬を貰っていればそれを服用することで辛い痛みを軽減するということは出来ますが、これは薬を持っていた場合のみ有効な対処法となるため、急に片頭痛に襲われた場合には薬による対処を行うことが出来ません。
そのため薬以外の方法で対処を行う必要があり、有効となるのが安静にするということです。
片頭痛の場合動くことによる頭部への刺激や光による刺激、音による刺激でも頭痛が悪化することがあります。
そのため片頭痛の症状が現れた場合には出来るだけ静かで落ち着ける場所で安静にすることが必要となります。
光による刺激を防ぐために明るい場所ではなく暗い場所で体を休めることも重要なポイントとなります。
片頭痛が起きる原因は血管の拡張による炎症といわれていますので、症状が起きている場合には変に刺激するような行為は止めたほうが良いでしょう。
通常の頭痛と勘違いして血行をよくする処置をしてしまうと、むしろ頭痛が悪化することになるのでマッサージや体を温めることになる入浴なども控えなければいけません。通常の肩こりなどによる頭痛はマッサージなどで改善できますが、片頭痛に関してはそれが逆効果になるので注意しましょう。
片頭痛が起きた場合は安静にするとともに痛みがある場所を冷やすことでも症状を緩和できます。
これは冷やすことにより広がった血管の拡張を抑えることができるためで、濡れタオルなどで患部を冷やしながら安静にしておくことで症状を抑える対処が出来ます。

鎮痛薬の豆知識

鎮痛剤の豆知識

頭痛を抑えることが出来る鎮痛剤には様々な種類が存在しています。
市販されている鎮痛剤にも使用されている成分の違いにより効き目がある頭痛と言うのが異なるわけです。
現在市販薬の中でも頭痛や痛みを抑える光が高いといわれているのが第一医薬品に分類される「ロキソニン」という鎮痛剤です。
この鎮痛剤は発熱による炎症で発症する頭痛や、筋肉の硬直が原因となる頭痛には非常に高い効果を発揮してくれますが、血管が拡張することで引き起こされる頭痛の緩和効果はありません。
他にもアセチルリチン酸やアセトアミノフェン、イブプロフェンといった聞きなじみのある成分を含む鎮痛剤も数多く存在していますが、どれも片頭痛を抑える効果はほぼないと考えたほうが良いでしょう。
片頭痛以外の頭痛には効果がありますが、鎮痛剤といえども症状にあわせて使用しないと全く無意味となりますし、薬を飲みすぎることで引き起こされる頭痛の原因にもなりますので、片頭痛の場合は医療機関で処方される処方薬を使用するようにしましょう。

片頭痛の予防

片頭痛の予防

片頭痛が起きるメカニズムは血管が拡張することによるところが大きいわけですが、それを引き起こす要因となるのが日頃の生活の中で受けているストレスだと言えます。
特に毎日仕事などで何かしらのストレスを受けており、それを溜め込んでいる人ほど片頭痛を発症するリスクが高いと考えられます。
そのため予防としてはストレスを溜め込まない生活をすることが重要となりますし、生活習慣の乱れも片頭痛の要因となるため生活自体を見直していくことが必要となります。
それと同時に医療機関で処方される予防薬を用いて片頭痛がおきないようにすることや、毎日の食事から片頭痛予防に効果のあるマグネシウムやビタミンB2を摂取することも効果的です。
サプリメントや漢方などで片頭痛を予防することも可能ですので、自分の生活スタイルの改善とともに自分に合った薬や漢方などを利用することも予防する効果が高まります。

片頭痛にはマクサルト

片頭痛治療薬のマクサルト・ジェネリック

片頭痛が起きた場合には効き目のある薬を使用することでその症状を緩和することが出来ます。
現在医療機関などで処方される偏頭痛用の薬として即効性が高く聞き目があるのがマクサルトという治療薬となります。
マクサルト」は血管の拡張による炎症を速やかに抑えることが可能な薬となっており、服用後15分程度で辛い痛みを緩和してくれます。
飲めばほぼ確実に片頭痛の症状を抑えることが出来る薬ですし、医療機関での処方で用いられるものなのでその効果に疑いようは無いでしょう。