若年性更年期(プレ更年期)について

若年性更年期障害について

更年期障害の症状が起こるのは、更年期となる45歳程度の年齢が最も多くなっており、早い人では40歳程度の年齢からでも症状が現れはじめます。これは年齢を重ねていくことで引き起こされる自然現象のため、ほとんどの人が更年期に差し掛かることで経験することになります。そのため更年期障害のことを正しく理解し対処を行うことで書状の緩和も可能になりますが、近年増加しているのが若年性更年期と呼ばれるプレ更年期に悩む人たちです。

通常であれば更年期を迎えることにより引き起こされる更年期障害が、若年性更年期の場合まだ更年期に差し掛かっていない年齢なのにもかかわらず更年期障害と似た症状が現れることになります。そのため体の不調に悩み自分の症状が何かわからないまま辛い思いをする人も少なくありませんし、まだ若いのに更年期の症状が現れたことを他の人に相談できずそのままの状態で放置してしまっている人も多いと言えます。しかしそれを放置しておいても改善することはありませんし、場合によっては生活に支障が出てしまい正常な状態で過ごせなくなる可能性もあります。
若年性更年期の場合若いと言うこともあるためなかなか自分の状態を受け入れることが出来ない人も多いですし、受け入れた場合でもそれを改善するにはどうすればいいのかが分らない、何故若年性更年期になってしまったのかが理解できないということもあるでしょう。更年期に差し掛かる年齢の場合と若い年齢では更年期障害に対する心構えが全く違うためこれは致し方が無いことだと言えますが、自分の状態を受け入れられないままでは若年性更年期の治療や緩和も難しくなってしまいます。そのため若年性更年期の症状が現れた場合には何故そういった状態になったのかを考え、原因を見つけ出すことが重要になってきます。
通常の更年期であっても若年性更年期であっても症状が現れる原因は基本的に同じであり、体内のホルモンバランスが大きく乱れることにより更年期障害特有の症状が現れることになります。通常の更年期障害の場合は体が老年期に向けて変化していくためホルモンバランスが崩れ症状が現れることになりますが、若年性の場合は体内で生成されている女性ホルモンの分泌量には問題は無い状態だと言えます。要するに若年性更年期の場合体が年齢に応じて変化したためホルモンの生成量が減ったわけでは無く、日頃の生活に問題がありそれが体に対し何らかの影響を与えたことでホルモンバランスが崩れてしまっていることが考えられます。
ホルモンバランスが崩れやすくなるのは日々のストレスや生活習慣、飲酒や喫煙などによるところが大きいと言えます。そのため毎日の生活に問題がある場合は若年性更年期の症状を発症しやすい状態にあると考えた方が良いと言えます。若いから多少無理をしても大丈夫とか、後さき考えない無理な生活スタイルは自分の体の状態を徐々に狂わせることになり、20代や30代といった更年期とは無縁の年代であっても更年期と同じ状態を自らの手で作り出してしまうことになります。若いから大丈夫という考え方は非常に危険であり、その考えが若年性更年期を生み出していることを理解することが重要です。

更年期を上手にすごすために

若年性更年期をうまく過ごす方法

更年期障害の症状が現れた場合、その状態は自分以外にはなかなか理解してもらえないものだと言えます。何故なら更年期障害は人によってその症状の現れ方も辛さも全く異なりますし、場合によっては更年期障害の症状がでないケースもあります。若年性更年期に関しても通常の更年期障害と同じことが言えますので症状で悩んでいる場合でもそれを周りに理解してもらえないことがほとんどだと言えます。特に20代~30代と言う年代はまさに働き盛りですので若年性更年期で辛い思いをしていたとしても更年期障害だとは理解してもらえず、理解してもらえないから無理をしてでも仕事をしてさらに症状が悪化すると言うケースも多々見受けられます。
中には若年性更年期と気づかれるのが恥ずかしいから隠したまま我慢しているという若者も少なくないといえますし、若くして更年期障害になっていることを自分で納得できず受け入れられないまま日々を過ごしている場合も有ります。しかしこれらの行為は自分自身を追い込んでしまう事にも繋がりますし、受け入れない、恥ずかしいと感じていることで症状を緩和する対処が遅れてしまう事にもなってしまいます。
これははっきりいって間違った行為だと言えますし、自分の体の状態を受け入れることで初めて治療に向けての道筋がみえてくることになるわけです。若年性更年期障害になった場合でもそれは全く恥ずかしいことではありませんし、適切な治療を行うことで症状を緩和し改善していくことも可能となります。重要となるのは更年期障害であることを受け入れることと、症状が現れた場合には速やかに医師や家族などに相談して対処をすると言う事です。
そうすることで辛い状態からの解放と、更年期に向けての心構えも出来ることになります。症状を発症した場合には、逆に考えれば更年期を迎えることで発症する更年期障害に向けてどうしていけばいいかを考えるいい機会にもなりますし、どういった症状が現れるのかを若いうちに知ることが出来る為決して悪いことばかりではありません。もちろん若年性更年期障害の症状も非常に辛いものですので出来れば若年性更年期にならないほうが本来は良いのは言うまでもありませんが、更年期を上手にすごすために何が必要となるのかを知ると言う点においては学ぶべきことが多く自分の生活を見直す良いチャンスとなるでしょう。若年性更年期になる場合必ず生活に何らかの問題があるわけですので、それを見つけ出すことも出来ますし、改善することで症状からも抜け出し正常な常態での生活を取り戻すことが可能になるでしょう。
我慢をして辛い症状に耐えることは大きな間違いであり、更年期を上手に過ごすためには自分で自分のことを見直していくことが必要不可欠となると考えなければいけません。いかに今の現状と向き合いそれを受け入れていけるかが、更年期を健やかに過ごすために必要な事だと理解しましょう。