更年期障害の治療法

更年期障害の治療方法

更年期障害は放置していても簡単には改善することがありませんし、障害による辛い症状を何の対処もしないまま我慢し続けるのはまず無理だと考えたほうが良いでしょう。
更年期障害は日常の生活に支障が出るほどの症状を発症しますので、適切な対処を行い治療しないと長期間にわたり症状が継続的に続くことになりますし、その状態が続くことで精神的な病気を併発するといった問題も出てくることになります。
そのため更年期障害ではないかと感じた場合には医療機関を受診して現在の体の状態を正しく把握し、その状況に合わせた治療法を用いて更年期障害を緩和する必要があります。治療を行うことで更年期障害の辛い状態は軽減されますし、体だけでなく精神的な面での症状も軽くなりうつ病などを併発しない状態へと改善していくことが出来ます。
治療法には複数の方法が用意されていますので、自分の状態に合わせた治療が可能となっています。
主な治療法としてはホルモン補充療法、漢方薬を使用しての治療、抗うつ剤や抗不安剤の使用、心理療法による症状の緩和などが挙げられます。
それぞれに治療法も異なりますし治療した場合の効果も異なるので違いを正しく理解して更年期障害の治療に用いるようにしましょう。

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法はHRTと呼ばれる治療法となります。
このHRTでの治療は体内で減少してしまった女性ホルモンのエストロゲンを外部から補充する方法となります。
更年期障害の症状はエストロゲンの分泌量が減少することで引き起こされるわけですので、足りなくなったエストロゲンを人工的に増やしてあげることで体内のホルモンバランスを保ち更年期障害の辛い症状を緩和する方法となります。
体内で減少したエストロゲンが増えることでおかしくなっていた体の機能を正常に戻すことが出来ますので、最も効果的な治療法だといえるでしょう。
このHRTは女性の更年期障害だけでなく男性の更年期障害にも効果がありますので、男女ともに更年期の辛い症状を緩和する効果を得られる方法となります。
HRTを用いた治療法で緩和することができる症状としては、ホットフラッシュやそれによる大量の汗をかくという症状や、エストロゲンが減少したことによる自律神経の暴走症状、閉経後に起こる可能性が高い骨粗しょう症の予防にも効果があります。
基本的にホルモンを追加することで症状を緩和するため精神的な症状には効き目が薄いと言えますので、HRTを用いた治療法に関しては全ての更年期障害を緩和することができるわけではなく、一部の症状の緩和に特に効果が高いと考えておく必要があります。
実際に医療機関で処方してもらう際にも漢方などとの組み合わせによる治療を用いることが多いので、HRTだけでは更年期障害全てを緩和することは難しいと言うことも理解しておきましょう。

漢方薬

漢方薬で更年期障害治療

更年期障害を緩和するためにはホルモン補充療法が特に効果的だと言えます。
しかしホルモン補充療法のHRTは強制的にホルモンを補充する方法なので体への負担も大きく副作用の心配もあります。
更年期障害の症状が軽い人であればHRTだけでも症状を緩和することが出来ますが、症状が重い人はHRTだけでは症状を緩和できないことも少なくないため、その場合には漢方薬を用いて治療をすることもあります。
漢方薬を利用する場合すぐに効果が現れることはありませんので、継続的に時間をかけて使用していく必要があります。
しかしHRTと比べた場合漢方の効能による体の状態の改善が見込まれることになるため、ホルモンを補充して無理やりホルモンバランスを調整するのとは異なり自然に症状を緩和していくことが出来ます。
HRTとの違いとしては個人個人の状態に合わせて漢方薬を調合し使用することが出来るという特徴もあります。
これは漢方薬の場合数多くの生薬や効き目のある素材をブレンドして症状にあわせたものを作ることができるためで、この点においてはHRTよりも優れているといえるでしょう。漢方薬を服用し続けることで少しずつ体の状態を改善していくことが出来ますし、飲んでいるという安心感を得られるため更年期障害による精神的なストレスの緩和にも役立つ場合があります。
それと漢方薬の場合科学的に作られた医薬品成分ではなく自然由来の材料を用いている点も大きな違いだと言えますし、体への副作用なども非常に少なく安心して継続利用することができる治療薬だと言えます。

抗うつ剤、抗不安剤など

抗うつ剤と抗不安剤で更年期障害治療

更年期障害の症状には体の不調だけでなく精神的な面での症状も数多く現れます。
これは自律神経が正常に機能しなくなりそれが影響して精神的な落ち込みやイライラ、不安を感じるといった状態に陥ってしまうことになります。
体の不調であればHRTや漢方薬を使用することで症状を緩和することが出来ますが、自律神経の異常や精神面での問題に関しては、それらの治療薬だけでは症状を緩和することが出来ないケースも多いと言えます。
精神的な症状が進行してしまいうつ病を発祥するということも更年期障害ではとても多いため、そういった症状を改善するために抗うつ剤や抗不安剤を用いることになります。
この抗うつ剤や抗不安剤は使用することで精神的な問題を改善する効果があり、精神的不安なども緩和することが出来ます。
抗うつ剤や抗不安剤を正しく利用することにより更年期障害による心の病気も軽くして日常生活に支障が無い状態へと導くことができるわけです。

心理療法

心理療法で更年期障害治療

更年期障害の精神的な治療に関しては、抗うつ剤などを使用することが多いわけですが、抗うつ剤などの治療薬は副作用もありますし薬に依存してしまうことで他の問題も出てくることがあります。
そのため心理療法を用いて精神的な問題を緩和する治療法も用いられることになります。更年期障害は体の不調から精神を病んでしまうケースも多いため、単に体の状態を改善すれば解決することにはなりません。
特に症状が重い場合は精神的な面でのケアが必要不可欠であり、その場合に心理療法を用いて悩みを解消することで治療の効果をさらに高めることが出来ます。
主に用いられるのはカウンセリングによる精神面のケアなどであり、心理療法を用いることで心と体の両方をケアしていくことが可能になります。