女性更年期障害の薬・サプリの種類

女性の更年期障害治療薬とサプリ

更年期障害は更年期に差し掛かるとほとんどの人がその症状を発症する可能性があるものですが、実は男性と女性で更年期障害の症状が出る際の原因というものが少々異なります。
男性も女性も体内で分泌されるホルモンの分泌が減少することで症状が引き起こされるわけですが、女性の場合は主に女性ホルモンのエストロゲンが減少することが原因となっています。
そのため男性と女性での更年期障害の治療薬も異なっており、女性には女性に有効な薬を使用する必要があります。

HRT(ホルモン補充療法)の薬

HRT(ホルモン補充療法)の薬

ホルモン補充療法のHRTに関しては、女性の場合減ってしまったエストロゲンを補充する必要があるため、用いる薬に関してもエストロゲンが主成分のエストロゲン単剤が使用されることになります。
HRTにはエストロゲン単剤以外にもプロゲステロン単剤、エストロゲン+プロゲステロン配合剤があり、それぞれに補充できるホルモンが異なっています。
エストロゲンは女性ホルモン、プロゲステロンは男性ホルモンを補充でき、配合剤に関してはエストロゲンとプロゲステロン両方を補充することが出来ます。
女性の場合子宮内で分泌されるエストロゲンの減少によりそれが自律神経などの不調や細胞の以上に繋がっており、更年期を過ぎるとどんどんエストロゲンの分泌量は減少していきます。
そのため更年期障害という生活に支障をきたすほどの症状が現れてしまうわけですが、エストロゲン単剤を使用することで足りないエストロゲンを補充することが出来体内のホルモンバランスを改善することが可能になります。
エストロゲンを外部から増やすことで人工的にホルモンの状態を改善することができるのがHRTという薬ですので、症状に合わせて薬の服用をすることになります。
ただ個人個人エストロゲンの減少も異なっており、エストロゲン単剤では効き目が強すぎてしまうこともありますしエストロゲン服用による副作用や子宮への影響も考えられます。
そのためエストロゲン単剤とプロゲステロン単剤を併用する、混合剤を使用して体内のエストロゲンとプロゲステロンのバランスを保つ必要も出てきます。
そのた医療機関で正しく症状を見てもらい、自分に合った薬の服用を行うことが重要となります。
それとHRTには飲み薬以外にも塗り薬があり、肌の状態を改善するために使用することも出来ます。
飲み薬の場合は体全体をケア出来ますが塗り薬の場合は気になる部分をピンポイントでケアできるため飲み薬と塗り薬を併用するのも更年期障害を解消するのに効果的です。

漢方薬

更年期障害を漢方薬で治療

女性更年期障害を解消するためにはHRTだけでなく漢方薬を使用するのも効果的な方法となります。
HRTの場合肝臓に負担がかかるため肝臓が悪いと使用できませんし、胃の状態によっても使用できないケースがあります。
しかし漢方薬の場合はそういった場合でも使用することが出来るため、HRT以外では最も効果を期待できる薬だと言えます。
女性更年期障害に効果のある漢方薬の代表としては加味逍遙散(かみしょうようさん)、温経湯(うんけいとう)、五積散(ごしゃくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、温清飲(うんせいいん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が特に使用されることが多い漢方薬となります。
加味逍遙散は女性更年期障害の症状であるホットフラッシュや肩こり、倦怠感を常に感じている場合や、精神的に不安を感じる場合などに効果があります。
温経湯は手足のほてりや不眠を解消するのに効果的な薬ですし五積散は体に冷えを感じる場合にそれを解消し頭痛なども解消してくれます。
温清飲は更年期障害の中でも肌の状態にそれが現れる場合に効果を発揮してくれる薬で、肌のかさつきなどを改善する効果を得られます。
桂枝茯苓丸は様々な症状を緩和してくれる漢方薬で、更年期障害による辛い肩こりや頭痛、ホットフラッシュや手足の冷えなどに効果があります。
当帰芍薬散は漢方薬の中でもかなり有名な薬で、女性更年期障害には最適なものです。
更年期障害による冷え症が酷い場合や、倦怠感や疲労感を感じやすい場合に効果を発揮してくれる薬で、むくみなども取り除いてくれる漢方薬です。
症状に合わせてこれらの漢方を上手く生活に取り入れれば辛い症状も緩和することが出来ます。

抗うつ剤、抗不安剤、睡眠導入剤など

抗うつ剤・抗不安剤・睡眠薬で治療

女性更年期障害には体の異常だけでなく精神的な異常が発症する場合もあります。
これは自律神経に影響が出るためでそれにより精神不安やイライラ、睡眠などに影響が及ぶことになります。
その場合には抗うつ剤や抗不安剤、睡眠導入剤などを使用することになり、これらの薬で精神的に安定しない状態を改善することが出来ます。

抗うつ剤:パキシル(パロキセチン)・ジェイゾロフト(セルトラリン)
抗うつ剤としてはパキシルやジェイゾロフトを使用することになります。
パキシルは抗うつ剤の中でもSSRI系という種類の抗うつ剤で、神経伝達物質セロトニンを含んでいるためその効果により精神不安を取り除くことが出来ます。
ジェイゾロフトもセロトニンを含む抗うつ剤であり、パキシル同様に精神不安を取り除くことができる効果があります。
うつ病やパニック障害・不安障害・ストレス障害といった症状に効果が高いので、更年期障害がもとで引き起こされるこれらの症状にも効果があります。

抗不安剤:デパス(エチゾラム)
デパスエラチゾムを主成分とする抗不安剤で、使用することで精神的不安を引き起こすベンゾジアゼピン受容体に作用して不安を軽減する効果を得られます。
うつ病や神経症などに効果が高いため継続使用することで女性更年期障害から来る精神的不安を抑えることが出来ます。

睡眠導入剤:ルネスタ(エスゾピクロン)・アモバン(ゾピクロン)
更年期障害による睡眠障害を解消するための薬が睡眠導入剤となります。
ルネスタはエスゾピクロンを主成分としておりアモバンの主成分であるゾピクロンを改良して作られた成分となります。
アモバンの主成分であるゾピクロンも睡眠障害を解消する効果があり、どちらの場合も睡眠に大きく関係している脳内の中枢神経に作用します。
中枢神経のGABA受容体に働きかけることで神経を落ち着かせそれによる睡眠補助ができる薬となります。