早漏の原因

早漏の原因を解明!

早漏と言う症状は性行為を行う際に大きな問題となると言えますし、それによる精神的なダメージは男性としての自信を喪失させるだけでなくパートナーとの関係をもぎくしゃくさせてしまう恐れがあります。
そのためもし早漏の可能性があるのであれば早急にそれを解消することが重要であり、早漏を解消することで男性としての自信を取り戻すことも出来性行為をする際にも不安を感じることなく行為を完遂することが可能になります。
そのためには自分の早漏がどんな状況で起きるのか、どういった種類に当てはまるのかを知ることが先決です。

早漏は一般的に4種類に分けられる

早漏には4種類あります

早漏には大きく分けて4種類に分類することができ、この4種類のどれかに当てはまる場合には早漏である可能性が極めて高いと言えます。
どの種類であっても性行為を行う際の障害となることには変わりありませんし、早漏という状態は性機能障害であるため解消して正常な状態にすることが望ましいでしょう。
4種類に分けられる早漏には、過敏性早漏・包茎性早漏・心因性早漏・衰弱性早漏があります。
これらは早漏の原因のほとんどを占めるものとなっているため、必ずどれかの種類に当てはめることが出来ると言えます。
早漏を改善するためには自分の早漏がどの種類に当てはまるのかを知り、それに応じた対処をする必要がありますし、自分の早漏がどれなのかが分かれば原因を正しく知りそれを取り除くことも可能になります。

過敏性早漏の原因

過敏性早漏とは?

過敏性早漏と言うのは性行為をする際に生じるペニスへの刺激が原因で射精してしまう早漏であり、自分の気持ちとは関係なく体が勝手に反応してしまうため射精までの時間をコントロールすることが出来ないものとなっています。
過敏性早漏の場合性行為に慣れていない場合の仮性と呼ばれる早漏にも繋がるものであり、ペニス自体が過敏すぎることが大きな原因となっています。
本来であればペニスを女性の膣内に挿入し、その挿入を繰り返すことで男女共に快感を得ることが可能になるわけですが、過敏性早漏の場合はその挿入による刺激にペニスが耐えられないという状態にすぐなってしまうので、早い段階での射精という状況を生み出してしまいます。
一般的には数十回程度の挿入では射精まで至りませんし、自分で挿入のスピードや加減を調整することで射精までの時間を延ばすことも可能になります。
しかし過敏性の場合そういった調整をする間もなく、数回~10回程度の挿入で射精に至ってしまうため、自分ではなかなか射精までの時間などをコントロールすることが出来ません。
これはペニスが人よりも過敏であり、その過敏さが性的興奮を感じなくても射精を促してしまう原因となっています。

包茎性早漏の原因

包茎性早漏とは?

包茎性早漏と言うのはペニスに皮が被っている包茎という状態の人に多い早漏の症状です。
本来男性のペニスは幼少期は誰も包茎の状態で、外部からの刺激に対して皮がガードしているという状況になっています。
皮の中にあるペニス本体の先端部である亀頭を守っているわけですが、思春期を迎えるころから徐々にこの亀頭部分を覆っている皮がめくれてくるようになり、亀頭が露出することで少しずつ外部の刺激に対して強くなっていく仕組みになっています。亀頭が露出することで射精した際に皮の中に精子が溜まるのを防いでくれますし、雑菌などによるペニスの病気になり難く臭いなどを気にする必要もなくなります。
しかし日本人男性の半数は包茎もしくは仮性包茎だと言われており、本来であれば露出して刺激に強くなっているはずの亀頭が幼少期と同じように弱いままの状態を維持しているため、いざ性行為を行った際に挿入時の刺激に亀頭部分が耐えられず、短時間で射精してしまうことになります。
包茎ではない状態であれば日頃から亀頭が鍛えられているので射精までの時間を自分でコントロールできますが、性行為の時だけ亀頭がむき出しになる場合には、刺激に弱い状態なので射精までの時間をコントロールできないことが多くなります。
そのため挿入した際の擦れと締め付けですぐに射精してしまうわけです。
包茎の人はこの包茎性早漏の可能性が極めて高いので自分が包茎で射精までの時間が非常に短いのであれば包茎性早漏の可能性を疑った方が良いでしょう。

心因性早漏の原因

心因性早漏とは?

心因性早漏と言うのは精神的な問題から生じるタイプの早漏であり、刺激性や包茎性とは根本的な問題が異なっている早漏と言えます。
刺激性や包茎性の場合は外部の刺激に対して過敏に反応してしまう早漏ですが、心因性の場合は包茎ではなく過敏でない場合でも早漏の症状を発症する可能性があり、誰もが心因性早漏になる可能性を持っていると言えます。
性行為をする際には女性を満足させることが出来るかどうかといった不安も付きまとうことになりますし、自分は性行為が上手なのかといった精神的なストレスを感じる場合も有ります
。射精のメカニズムには交感神経が大きく関わっており精神的なストレスを抱えている状態や不安を抱えたまま性行為を行った場合、その不安やストレスが交感神経の働きを狂わせることになりそれが早漏の原因となる場合があります。
特に性行為をしたことが少ない人や、自分に自信が持てない人、ペニスの大きさなどに自分でネガティブな意識を持っている人等は精神的ストレスを抱えやすいので、心因性早漏を発症しやすいと言えるでしょう。

衰弱性早漏の原因

衰弱性早漏とは?

衰弱性早漏と言うのは年齢を重ねるとともに起きやすくなる早漏であり、射精をコントロールしている射精管閉鎖筋という筋肉の衰えが原因の早漏です。
性行為を行う際に射精までの時間が長くなるのはこの射精管閉鎖筋が射精しないように精子の通り道である精子管を閉めているためです。
それにより射精までの時間をコントロールすることが可能になっています。
しかし筋肉と言うのは年齢と共に衰えていきますし、射精管閉鎖筋その衰えには逆らえないと言えます。
そのため年齢を経ていくとともに衰弱性早漏になる可能性が高くなっていきます。
それと若い男性の場合でもデスクワーク中心でほとんど動かない仕事などをしている場合には、下半身の筋肉が衰えている場合が多く衰弱性早漏になる場合があります。
年齢だけでなく下半身の筋力の衰えは誰にでも起きる可能性がありますので、自分の仕事が下半身を使わない仕事の場合にも注意が必要です。