不眠症への対処法

不眠症の対処法

不眠症の症状を緩和し治していくためには、正しい対処法を知っておく必要があります。不眠症にも色々なケースがありますので、それに応じた対処をすることが重要ですし、全ての不眠症に対応できる基本的な対処法と言うものもあります。
対処法を知っておけば自分の状態を正しく理解し、辛い不眠症の症状を少しずつ克服していくことが出来ますので、何もしないまま放置しておくよりも対処法を知り実践していくことが治療の第一歩となります。

就寝・起床時間を一定にする

睡眠・起床時間を一定にする

不眠症改善のために重要なのは、就寝や起床の時間を一定に保つということがポイントとなります。
これは体の中の体内時計を正常な状態に保つために必要なことで、就寝や起床の時間を常に一定にしておくことで時計の狂いを抑えることが出来ますし狂っている場合にはそれを修正することが出来ます。
体内時計が狂ってしまうとそれが原因で睡眠時間が一定でなくなりますし、乱れた生活を送っている場合にはさらに体内時計が狂ってしまうことになります。
体内時計の狂いは生活に多大な影響を与えますし、睡眠障害を引き起こす可能性も高くなってしまいますので毎日の生活習慣を整え決まった時間に寝て決まった時間に起きる習慣をつけるようにしましょう。

睡眠時間にこだわらない

睡眠時間にこだわらない

不眠症の場合寝なければいけないという気持ちが強くなることにより、さらに寝られなくなることが考えられます。
そのため睡魔を感じたときに少しでも寝るといったように睡眠時間にこだわらないことも必要となります。
通常であれば昼間活動し夜に寝るというサイクルを繰り返すのですが、不眠症の場合はこのサイクルが狂ってしまうためなかなか決まった時間に寝られなくなってしまいます。
そのため昼間に睡魔を感じた場合には体の状態にしたがって少しでも仮眠を取る方が睡眠により体の疲れも抜けますし、多少でも睡眠できたことによって気分もリフレッシュできます。
睡眠時間にこだわらないことで睡眠を確保することも可能となりますので、夜だけでなく眠くなったら寝るということも考えてみると良いでしょう。
その場合午後四時までに仮眠を取る方が効果的で、時間も30~60分程度のほうが良いでしょう。

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びるということは体の体内時計を整えるためにはとても重要な意味を追っています。
人間の体と言うのは太陽の光を浴びることで目覚め、その後の体内時計の働きを正常に保つことが出来ます。
そのため部屋に篭っていて太陽の光を浴びていない場合、体内時計が正常に機能しなくなり不眠症になる確率が高くなります。
基本的には太陽光を浴びて14時間後に眠くなるため、体内時計を正常に戻し不眠症を解消したいのであれば、時間を考えて太陽光を浴びる習慣をつけることが必要となります。
早く起きて太陽の光を浴びればそれだけ夜に眠くなる時間も早くなりますので、上手く太陽光を利用することで不眠症の悩みも解消できるでしょう。

適度の運動をする

適度な運動

体を動かすということは疲れを生むことになり、その疲れが心地よい睡眠へといざなってくれることになります。
体をあまり動かさない場合運動不足にもなりますし、運動不足が体の状態を悪くしてしまいそれが不眠症に繋がることもあります。
すでに不眠症を発症している場合には激しい運動では無く軽く汗をかく程度の運動をすることにより体が回復のため睡眠を求めることになり自然と寝ることが出来るようになります。
激しすぎる運動は疲れすぎてしまい逆に眠れない状態を作り出すことがありますので、あくまでも軽い適度な運動が理想的だと言えます。
ジョギングやウォーキングなど自分にあった運動を生活に取り入れることで不眠症を解消することが出来ます。

自分流のストレス解消法

自分流のストレス解消法

不眠症になる最大の原因はストレスですので、そのストレスを如何にして解消するかがポイントとなります。
毎日の生活の中でストレスを受けている場合、自分でも気が付かない間にかなりのストレスを溜め込んでいることになります。
この溜めたストレスは解消しなければ心と体を蝕むことになり、それが原因で不眠症を発症してしまうわけです。
そのため自分流のストレス解消法を考えて定期的にストレス発散をすることが不眠症解消には効果的となります。
ストレス解消できるのであれば運動でも旅行でも好きな映画を見ることでもいいですので、自分が最もストレスを解消できる方法を見つけてストレスを溜め込まないようにすることが重要です。

就寝前のリラックスタイム

就寝前のリラックスタイム

不眠症になる人の多くが寝る前に体と心がリラックスできていないことが多いと言えます。
体と心が緊張していてはいくら眠りたくても眠れない状態になりますし、交感神経が活発に働いてしまい寝る状態に体が移行しません。
寝る前にリラックスタイムを設けることで副交感神経を優位にし睡眠するのに適切な状態へと体をシフトさせることが出来ますので、毎日寝る前にはリラックスできる時間を作るようにすると良いでしょう。

寝酒はNG

寝酒をしての睡眠はNG

お酒が好きな人は寝る前にも飲酒することがあるでしょうし、お酒を飲んだほうが寝やすいという人も少なくないでしょう。
確かにお酒を飲むことで寝やすい状態にはなりますが、睡眠中の状態を考えた場合には寝酒はNGだと考えたほうが良いでしょう。
これは寝酒をすることで飲んだアルコールを分解するために体の中が活発に働いてしまうため深い眠りに落ちることが出来ませんし、お酒の影響でトイレに行きたくなって目が覚めやすい状態になってしまうためです。
毎日これが続くと寝酒が原因で不眠症になることも考えられますので、寝る前のお酒を止めるということも必要です。

睡眠薬

睡眠薬の服用

色々な対策を講じた場合でもなかなか不眠症が解消されないこともあります。
そういった場合には睡眠薬を利用して睡眠補助をおこなうことも有効な手段です。
睡眠薬にも色々な種類がありますが、その中でもルネスタやハイプナイトは即効性があり睡眠補助効果が高い薬となります。

ルネスタ

睡眠薬のルネスタ

ルネスタ」は超短期作用型睡眠薬と呼ばれる薬であり、服用後約1時間程度で血中濃度が最大になり睡眠へをいざなってくれます。1〜3mgといった種類があるので不眠症の状態に応じて使い分けすることも出来ます。
同じ睡眠薬であるゾピクロンよりも少量で睡眠作用が働き、長期での投与でも依存性のリスクが少ないので安全性も含め優れた睡眠薬となっております。
夜中に目覚めたり中途覚醒の方にも効果があり、大変人気の睡眠薬となります。

ハイプナイト

睡眠薬のハイプナイト

ハイプナイト」はルネスタのジェネリック医薬品です。基本的な効果はルネスタとほぼ同等ですので使用する際にはルネスタと同じように使用することになります。ルネスタよりも価格が安価なので睡眠薬の費用を抑えたい場合におすすめです。
アモバンを使用していた方ならおわかりになると思いますが、口内に入れた際に強烈な苦みを感じる副作用がアモバンにはありますが、こちらのハイプナイトは、その副作用であった強烈な苦みを抑える事に成功し、アモバンよりも副作用の軽減が売りの一つとなっております。
また、アモバンの半分量で同等の効果が得られ、半減期も4時間から5時間へ延長しました。
緊張感や不安感を和らげることで、自然に近い形で睡眠に入ることが出来るようになります。
ただし睡眠薬の使用に関しては医師へ相談する事をオススメ致します。
睡眠薬に依存するのも問題があるので使いすぎには注意が必要です。