不眠症のタイプ

不眠症のタイプと要因

眠れないことで一中の活動に支障をきたすのが不眠症。
ひとくちに不眠症といっても症状には個人差があり、睡眠障害によって4つのタイプに分けられます。
「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟睡障害」、どのケースも睡眠自体に問題があるもので、それが続くことにより睡眠以外の問題も出てくる可能性がある症状となります。
場合によっては他の病気が不眠症を引き起こしている可能性もありますし、自分ではなかなか睡眠障害に気づけないこともあるので少しの変化でも見逃さないようにすることが重要だといえるでしょう。

入眠障害

入眠障害

不眠症の中でも入眠障害は最も患者数が多い症状といえます。
通常の状態であれば人は眠ろうと布団に入れば数分程度で睡眠状態へと体が移行していき眠りに落ちることになります。
しかし入眠障害の場合は眠るまでの時間が非常に長くかかる症状で、30~1時間といった長い時間眠れない状態が続くことになります。
人により数時間経っても寝付けないということもありますので、それが続くことにより睡眠時間も削られますし睡眠の質も悪くなってしまいます。
入眠障害の原因となるのは主にストレスなど精神的な問題であることが多く、ストレスによる緊張が自律神経の状態を狂わせてしまいなかなか寝付けないという状態を引き起こしてしまうことになります。
子供の頃遠足や運動会がある前日はわくわくしてなかなか寝付けないという経験をしたことがある人も多いと思いますが、これも精神的に緊張していることが睡眠を妨げていると言えます。
これと同じような状態が入眠障害では毎日のように起こることになり、それが継続的に続くことで精神的な苦痛を感じることになります。
ストレスを受けやすく溜めこみやすい現代においてこの入眠障害になる人は非常に多いと言えますし、自分では不眠症だと認識していないけれど実は入眠障害で寝付けなくなっている人も相当数いると考えてよいでしょう。
寝付けなくなることでさらにストレスを溜めこむことになりますし、それによって入眠障害の状態も改善できないままになっている場合も多いと言えます。

中途覚醒

中途覚醒

不眠症の症状の中で中途覚醒という症状に悩んでいる人も少なくありません。
調査結果ではかなりの人が中途覚醒で悩んでいるということも明確になっています。
この中途覚醒という症状は入眠に関しては問題ないのだけれど、睡眠中に途中で目が覚めてしまいその後なかなか眠れなくなるという症状となります。
人の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠という2つの睡眠が関係しており、ノンレム睡眠は深い眠りに落ちているため熟睡している状態、レム睡眠は逆に眠りが浅く目が覚めるのに近い状態となります。
この2つは約90分周期で繰り返されており、中途覚醒では睡眠から3~4時間程度で目が覚めるケースが非常に多くなっています。
これはレム睡眠とノンレム睡眠の時間に関係しており、一定の周期で訪れるレム睡眠の時に目が覚めるとそのまま脳や体が睡眠状態から覚醒してしまいます。
一度覚醒してしまうと再度眠ろうとしても眠ることが出来なくなるため、睡眠時間が今までよりも大幅に短くなってしまい疲れなども抜けなくなるといった問題が出てきます。
中途覚醒の原因は加齢や生活習慣が問題となっていることが多く、とくに年齢を重ねるにつれて睡眠が浅くなっていく傾向にあり、40代を越えたあたりからそれが顕著になってきます。
その眠りの浅い状態が増加することで途中で目が覚めることが多くなるため、頻度が増えればそれだけこの症状に辛さを感じる人もふえていくことになります。
加齢やストレス以外にも原因があり、寝る前にお酒を呑むといった生活習慣がある人も、それが原因で中途覚醒の症状になる場合もありますので、寝る前のお酒は注意が必要となります。
お酒が原因となる訳は、お酒を体内で分解する際に交感神経を刺激してしまうためで、それにより体が覚醒状態に近づくことになります。
それと同時にお酒の影響でトイレに行くため目が覚めることも増え、十分な睡眠が確保できなくなることもあります。

早朝覚醒

早朝覚醒

早朝覚醒は朝早く目が覚めてしまう睡眠障害で、不眠症の人の中の約10%程度が早朝覚醒で悩んでいるといわれています。
早朝覚醒の場合、本来であれば朝7時まで寝ていたいのにその気持ちとは裏腹に、朝の3時や4時といった早朝に目が覚めてしまう症状となります。
この早朝覚醒の要因となるのは加齢による生理的な問題によるところだけでなく、精神的な問題によっても引き起こされやすいことが分かっています。
早く目が覚めてしまうことによる睡眠不足を引き起こすとともに、それが毎日のように続くことによる体への負担や精神的な苦痛も大きな問題となる症状だと言えます。
特にうつ病との繋がりがあるといわれており、早朝覚醒で悩んでる場合気が付かない間にうつ病を発症していることも考えられる不眠症の症状です。
そのため最近通常の時間よりも目が覚める事が多いと感じている場合、精神的な問題が影響している可能性があると考えたほうが良いと言えますし、その状態を軽視しないことも重要となります。
加齢による問題の場合も誰もが発症する可能性があり、放置しておくと実際にはうつ病が進行している可能性もあるので注意が必要です。

熟睡障害

熟睡障害

熟眠障害はいつもどおりの時間に寝ていつもどおり起きているのにもかかわらず、ぐっすりと眠った感じがしないという症状です。
本来睡眠をとることはその時間内に体の疲れや脳の疲れを解消し回復させる意味があるため、深い眠りにより体も脳もリラックスさせる必要があります。
しかしこの熟眠障害になるといくら寝ても睡眠が浅く寝足りない状態になり、疲れなどが抜けきっていない為起きている間常に眠く気だるいといった状態が続くことになります。1日~2日程度であればそれほど体への影響もないですが、それが長期間続くと体にも脳にも異常をきたすことになります。
そのため熟睡障害が原因で仕事や生活にも支障が出ることが多く、何をやるにしてもやる気が出ないといった状態になってしまいます。
熟眠障害が起こる要因としては寝ている間に問題が生じていることが多く、睡眠中の呼吸に問題が生じる睡眠時無呼吸症候群が熟睡できない状態を作り出している場合もあります。
それ以外にもストレスを溜めていることによりそれが邪魔をして熟睡出来ない場合もありますし、飲酒などが原因で眠りが浅いままの状態が続くこともあります。
どれが原因であっても熟睡できないと言う状態は体にとって悪影響であることには変わりありませんので、自分の生活習慣などを見直すことが必要となってきます。