ペニス増大は体の中から大きくする

ペニス増大方法

ペニスの大きさに悩みを抱えている場合、ペニス増大を考えその方法を模索している人もいるでしょう。
しかしどうすればペニス増大を行うことが出来、なおかつ効果が目に見えて分かるのか、どういった方法がリスクが少なくペニス増大ができるのかはなかなか分かりづらく実行するのも難しいと言えます。
ペニス増大を考えた場合には外からではなく体の中から改善し大きくしていくことが重要であり、そのために効果があるのが食生活の改善・手術や注射・筋力トレーニングとなります。
これらの方法はそれぞれに行うべき事が違いますので、その違いを正しく理解してからチャレンジしてみると良いでしょう。

食生活の改善

食生活の改善でペニス増大

ペニス増大にとても深くかかわっているのが毎日の食生活です。
一見食生活はペニス増大と無関係のように見えますが、ペニスが大きくなる仕組みを考えてみると何故食生活が重要になるのかが分かってきます。
ペニスを大きくするためには血液の流れとペニス内の海綿体の働きが重要なのは知っていると思いますが、この血液の流れや海綿体の活動や成長を支えているのが食生活となります。
血液は体内を常に巡っており動脈からでて静脈から心臓に返ってくるサイクルを繰り返しているわけですが、その血液に異常があればペニスが勃起する際の血流の流れにも影響が及ぶことになります。
血液と言うのは赤血球や白血球だけでなく、細胞に必要な栄養素も運んでおり、その栄養素がきちんと送り届けられないと細胞の活動にも支障が出てくることになるわけです。
そのため血液がサラサラの状態で問題なく流れることができるかどうかが重要となり、血液をサラサラにするのもドロドロの状態にするのも食生活如何だと考えたほうが良いでしょう。
例えば食生活が乱れておりコレステロールが高めの食事や不規則な食事を繰り返していた場合、血中コレステロールも多くなり血液がドロドロの状態になります。
この場合血管が詰まるといったリスクも高まりますし、ペニス増大のために必要となる血液の流れ込みにも支障が出ることになるため、いくらペニスに血液を流し込みたくてもそれが出来ない状態になってしまいます。
そうならないためには毎日の食事を見直し血液をサラサラにする食材を取り入れたり、サラサラになった血液でペニス増大に必要となる栄養素を運ぶために効果のある食材を進んで摂取すると良いでしょう。
血液をサラサラにする効果があるのは主に野菜であり、その中でも玉ねぎやネギは効果が高い食材となります。
精力増大効果があるのは牡蠣や大豆といった食材で、牡蠣にはペニスを勃起させるのに必要不可欠な亜鉛が豊富に含まれていますし、大豆にはアルギニンという成分が入っています。
アルギニンは血行促進効果や海綿体を成長させる効果の成長ホルモン分泌を促してくれますので、毎日の食事に取り入れることでペニス増大に効果を発揮してくれます。
きゅうりなど瓜科の植物もシトルリンという血行促進と代謝アップ効果のある成分が非常に多く含まれていますので、そういった食材を上手く組み合わせて食生活を見直すことで徐々にペニス増大の効果を得られます。

手術や注射で確実に大きくする方法

注射や手術でペニス増大

食生活を見直すことでペニス増大の効果を得ることが出来ますが、食生活をも治した場合でも全ての人に効果があるとは言い切れませんし、食生活を改善する場合には長い期間かけてじっくりと効果を待つ必要があります。
そのためすぐにペニス増大効果を得たいという人には不向きですし、実際に効果が出るまでにどれくらいかかるのかも人それぞれなのでそれが待てないという人もいるでしょう。その場合注射や手術を行うことで確実にペニスを大きくする方法もあります。
この注射や手術でのペニス増大方法は増大整形と呼ばれる方法となっており、ペニスに直接注射をしたりペニス自体の状態を手術で変えることにより、半永久的にペニス増大効果を得ることができる方法となります。
注射の場合ヒアルロン酸を直接注入することでペニスの太さを現状よりも太くすることが出来、時間的にも費用的にもそれほど負担が強いられない方法となります。
注射の場合ヒアルロン酸を注入するわけですが、ヒアルロン酸は体に害は無く注射してもトラブルが起き難い方法となりますのですぐに太さを太くしたい場合には効果的です。
ただしヒアルロン酸注射は体にヒアルロン酸が吸収されていくためどうしても再注入が必要となります。
ヒアルロン酸以外にはパーフォームという液体を注入する方法もあり、この場合は5年程度の期間ペニス増大効果を維持することが出来ます。
自分の脂肪を注入する方法もあり、これも一般的なペニス増大注射となります。
手術の場合は太さよりも長さを伸ばすことが出来る方法で、ペニスを支えている靭帯を切りそれにより長さを伸ばす方法や、糸を使って内部に埋もれているペニスを引っ張り出す方法があります。
どちらもペニスを長くすることができる方法ですので、太さを変化できる注射と組み合わせることで長く太いペニスを手に入れることが出来ます。

筋力トレーニング

筋トレでペニス増大

筋力トレーニングはペニス増大効果を高めるために効果的な方法です。何故なら筋トレをすることで勃起に関係する男性ホルモンの分泌を高めることが出来、さらに下半身の筋肉を鍛えることにより勃起力もアップすることが出来ます。
さらに筋肉を鍛えると血流もよくなりますので、その効果によりペニスに流れ込む血流量を増やす働きも期待できます。
筋トレを行う場合はただ闇雲に行うのではなく、食生活の改善とセットで行うことが重要です。
何故なら筋肉を鍛え筋力アップするためには栄養が必要不可欠であり、その栄養は食生活を見直さなくては摂取することが出来ないためです。
毎日地道に筋力アップのトレーニングに勤しめば、自然とペニス増大にも繋がっていきます。
ただしこの場合も筋トレを始めたからといってすぐに成果が現れるわけではないので、長い目で筋トレを続けていく必要があります。
筋トレを行うことで男らしい体つきも手に入れることが出来ますので、ペニス増大効果だけでなく見た目の改善効果も得られるでしょう。