ペニス増大とは?

ペニス増大とは?

男性にとってシンボルであるペニスはその大きさが一種のステータスになると言っても過言ではありません。
ペニスの大きさは男性の自信にも繋がりますし、女性と付き合って性行為に至った際にも大きさが小さければそれが災いして性行為自体に自信が持てないということもありますし、自分のペニスの小ささが恥ずかしくて性行為まで持っていくことが出来ないという事態も引き起こしてしまう恐れがあります。
やはり男性にとってペニスが大きいか小さいかは非常に重要な問題となりますし、女性を性行為で喜ばせたいと考えた場合にも大きいほうがより快感を与えられると考えて良いでしょう。
では今のペニスを後天的に増大させ大きくすることは可能なのでしょうか?

ペニス増大は医学的に可能か?

ペニス増大は医学的に効果あり

男性のペニスと言うのは個人個人で差がありますし、日本人と海外の人のペニスを比べた場合には、人種によってもその大きさが異なると言えます。
この人種によって大きさが異なるのは医学的にはどうにもすることが出来ませんので持って生まれた大きさと言うのは変えることが出来ません。
しかしペニス増大を考えた場合ペニスが大きくなる仕組みを考えれば後天的に大きさを変化させることが可能となります。
基本的な仕組みとして男性のペニスは通常は小さく縮こまった状態になっており、性的興奮を感じた場合に勃起して通常のサイズよりも大きくなるという状態変化を起こします。この勃起と言うのはペニスの内部にある海綿体が膨張することで大きくなるわけですが、海外の人、特に白人や黒人の場合この膨張時の大きさと通常時の大きさにそれほど差が無く、常に一定の大きさのまま勃起をします。
要するに人種によっては海綿体の膨張率と通常の海綿体の状態にそれほど違いが出ないため、通常でも勃起時でも大きさの変化が顕著に現れにくいわけです。
では日本人の場合どうなのかといえば、通常時と勃起時の大きさの差が海外の人に比べて大きく、海綿体の膨張率に関しては世界ナンバーワンとも言われています。
そのため海綿体の膨張率をさらにアップさせることが出来ればペニス増大は医学的にも可能となると考えて良いでしょう。
もちろん全ての日本人男性ペニス増大は可能ですので、大きさに自信が持てない人は医学的には大きくすることができるということを知っておくとよいでしょう。

ペニスの平均サイズは?

世界の平均的ペニスサイズ

ペニス増大を考える場合には、まずペニスの平均サイズが果たしてどれくらいのものなのかを知っておく必要もあります。
平均サイズを知っておけば自分のペニスが平均値を超えているのか、それとも平均に満たない大きさなのかも分かりますし、それによってペニス増大が必要かどうかも知ることが出来ます。
日本人のペニスの平均サイズとしては通常時で約9センチ、勃起時で約13センチとなっており、海外の男性と比較した場合には少々小さめという印象があります。
海外の男性の場合アフリカなどでは勃起時のサイズが約18センチとなっており最大で、ヨーロッパやアメリカなどの平均サイズは約14~15センチ程度となっています。
これを考えた場合日本人の平均サイズである13センチと言うのはやはり小さいという印象になりますし、アフリカの男性と比べると実に5センチもの差があるので自分のペニスの大きさに自信が持てなくなるのも致し方ないといえるかもしれません。
しかし膨張率では日本人は海外の男性に勝ることができるわけですので、ペニスの大きさに悲観する必要は無くペニス増大を考えてそれを実践していけば今よりもペニスのサイズを大きくしていくことも可能となります。
通常時が小さい状態でも重要となるのは性行為時にアピールすることになる勃起時のペニスサイズですので、それを実現できるペニス増大方法を模索していくことが重要なポイントとなりますし、平均サイズを知れば自分のペニスの大きさが悲観するほど小さいものではないということを知ることも出来、現状に悩むこともなくなるでしょう。
平均よりも小さい場合でもそれを知ればペニス増大を考えるきっかけになりますので、まずは自分のペニスサイズを正しく知り、それによってどうして行けばいいのかを考えていけば良いでしょう。

ペニス増大の仕組み・メカニズム

ペニス増大のメカニズム

ペニス増大のことを考える場合、どういった仕組みでペニス増大ができるのかというメカニズムを知っておく必要があります。
一般的に勃起と呼ばれる状態になるのは性的刺激による興奮や物理的な刺激を与えた際にペニスに流れ込む血液の量が変化することでペニス内の海綿体と呼ばれる部分が膨張して勃起状態になります。
この勃起状態はこの2つによって成り立っているといっても過言ではなく、血液がスムーズに流れ込み尚且つそれが安定的に継続されるかどうかがペニス増大のカギとなります。血液の流れがスムーズでない場合にはペニスに流れ込む血液量が不足することになるので勃起時の大きさも硬さも満足できるものではなくなってしまいますし、血流が滞っているといくら海綿体の膨張が凄い日本人でもペニス増大にはつながりません。
それと同時に海綿体の膨張率も人によって異なりますので、血液の流れがスムーズで大量にペニスに血液を流せるだけでも意味が無いことになります。
何故なら海綿体の膨張率とは血液をどれくらいその中に留めておくことができるのかと言うことであり、膨張率が低ければどんなに血液を流し込んでもそれはそこに留めることができまsん。
留めることができないということはそれ以上のサイズアップにはつながらないので、ペニス増大を考えた場合には海綿体の膨張率と血液の流れ込む量の両方が揃っていることが必須条件となります。
このためには海綿体の成長を促す成長ホルモンの分泌も大きな役割を果たすことになり、成長ホルモンがしっかりと分泌されることで海綿体を今よりもさらに成長させることが出来、それにより中に留めておく血液量も増やすことが出来ます。
そうすることでペニスの長さだけでなく太さも今までよりもさらに太く屈強な状態にすることが出来、長さ・太さともに満足できるペニス増大となるでしょう。