ED治療薬バイアグラの副作用

ED治療薬のバイアグラの副作用とは?

ED治療薬として知名度も高く、非常に高い効果が期待できるバイアグラですが、主成分として使用されている成分が医薬品に準ずるものである以上気になるのが副作用と言う問題です。
天然成分であれば副作用なども少ないですし体への負担も少ないわけですが、バイアグラの場合はシルデナフィルを主成分とする医薬品のためどうしても体への負担は避けられないものだといえるでしょう。
基本的にバイアグラを使用することでEDの症状である勃起不全を解消することが出来ますが、その際にはシルデナフィルの効果により体の血液の流れを大幅に流れやすい状態にしてしまいます。
これはペニスだけでなく体全体の血流が改善することになるため、勃起不全解消と言う大きなメリットを得る代わりに、急激な血流の変化に伴う副作用というデメリットも生じることを意味しています。
特にバイアグラは即効性がある非常に強い薬のため、使用した場合には9割以上の人が何らかの副作用を発症するというデータもあります。
要するにバイアグラを使用する以上副作用が起きるのは避けることが出来ないわけで、それを理解した上で使用することが重要なポイントとなります。
副作用のない医薬品というものは存在していないわけですから、バイアグラも例に漏れることなく必ず大なり小なりの副作用があります。

バイアグラの副作用で多いのは頭痛とほてり

Eバイアグラの副作用はほてりと頭痛

バイアグラを使用することでEDでの勃起不全はかなりの確率で解消することが出来ます。その場合には副作用が起きることを知った上で使用することが重要ですが、一体どのような副作用が起きるのでしょうか。

ED治療薬のバイアグラを使用することで起きる副作用としては、その多くがシルデナフィルの効果による血流の改善によるものがほとんどです。
副作用として起きやすい症状としては頭痛や顔のほてり、目の充血や鼻づまり、消化不良や胃の痛みといった症状が代表的なものとなります。
これらの症状は血液の流れが大きく関係しており、目の充血に関しては血流が急激に良くなることで目の血管に異常が生じるため起きますし、鼻づまりは鼻の粘膜が血流により充血を起こし通常よりも腫れてしまうことで鼻づまりを起こしやすくなります。
消化不良や胃の痛みに関しても血流の改善による消化管の充血が症状を引き起こしていることが分かっていますので、EDによる勃起不全や勃起障害を解消する対価として、体全体に様々な異常が起きてしまうことになります。

これ以外にも血流の急激な改善は心臓に負担をかけてしまうことになるので、人によっては動悸や頻脈が起きてしまうことも考えられます。
そのため心臓病などの場合はバイアグラの使用が出来ないというケースもあるため、ED治療薬としては非常に有能なこの薬ですが万人が使用できるわけではありません。

最も代表的な症状となるのが頭痛と顔のほてりですが、これに関しても血流の変化が関与しています。
頭痛が起きるのはバイアグラを使用することで急激に血液の流れが変わり、それにより血圧が低下してしまいます。
頭部の血管に関しても血管拡張作用により血液の流れが大幅に変化することになり、その血液の流れに神経が刺激されてしまい頭痛という症状を引き起こすことになります。
この頭痛はバイアグラの効果が薄れるとともに徐々に治まっていきますが、人によっては頭痛の症状が重くなる場合もありかなりの痛みをともなうこともあります。
顔のほてりに関してもバイアグラを使用した際の典型的な症状と言え、血液の流れが良くなることで顔がほてって熱いといった状態になります。
分かり易く言えばお風呂に長時間浸かることで顔がほてるのと同じ状態になるわけで、血液の流れが良くなる以上このほてりも避けることが出来ない副作用となります。
とはいえ、ほてりに関しても効き目が薄れれば徐々に治まりますし、頭痛に比べれば辛い症状ではないのでそれほど深刻なものではありません。

バイアグラの副作用を和らげる方法

バイアグラの副作用を和らげ使用する

バイアグラを使用することで引き起こされる副作用は、EDの症状を緩和するためにはどうしても避けられないものであり、副作用があることを理解した上で使用しないといけません。
もし副作用の症状が現れた場合にはその症状がどれくらいのものかを自分で把握する必要がありますし、あまりにも副作用の症状が酷い場合には医療機関に相談するなどの対策を講じることも必要となります。

基本的にはED治療薬のバイアグラで引き起こされる副作用は飲んだ場合に薬の効果が持続している間だけ現れるものなので、飲まなければ副作用が現れることはありません。
そのため普段の生活に関してはバイアグラの副作用で悩まされるということはなく、その点に関しては安心して生活が出来ると言えます。
EDの症状を改善すると引き換えに重い副作用が起きるのが嫌だという場合には、バイアグラの量を調整して服用するということも副作用を和らげる効果があります。
バイアグラは基本的には医療機関を通して処方されるものであり、処方されるバイアグラの量は25mg、50mg、100mgのどれかになります。日本国内で認可されているのは50mgまでのバイアグラですので、基本的にはそれ以上の服用は出来ないと考えたほうが良いでしょう。

人によりバイアグラの効き目に違いがあるので服用する容量も異なっているわけですが、副作用の症状もこの容量に比例する部分が大きくなります。
多く飲めばそれだけ効き目も強くなりますが副作用の症状も重くなることが考えられえるので、100mgで副作用が酷い場合には50mgに減らしてみる、それでも副作用が辛いのであれば25mgに量をさらに減らしてみるとよいでしょう。
少なくなればそれだけ副作用の症状も緩和されますので自分に合った容量を見つけることも重要です。
それと体調によっても効き目や副作用が大きく変わるので、体調があまり優れない場合は容量を減らすなどの対処をすることで出来るだけ副作用の症状が出にくい状態にすることが出来ます。
ただしどれだけ容量を減らしても副作用が全く無くなるということはありませんので、容量を減らしても副作用が酷い場合にはバイアグラとの相性が悪いことも考えられるので医療機関に相談して違うED治療薬に変えてもらうなども措置も必要となる場合があります。