ニキビの原因

ニキビの原因

ニキビが出来てしまうメカニズムは基本的にどこに出来た場合でもほぼ同じですが、出きる場所によってその原因は違うことになります。
ニキビの多くは顔に集中して出来てしまいますが背中にもニキビはできます。
背中にできるニキビと顔のニキビに関する原因は根本的に違うと知らなければいけません。
顔でも額や口周り、顎やTゾーンでニキビの原因が異なるのでニキビが何処にできているのかで、何が問題となっているのかを突き止めないと正しく治療することが出来ないと理解しておくことが重要となります。

おでこ(額)ニキビの原因

おでこニキビの原因

おでこ(額)にできるニキビは思春期ニキビとも呼ばれる思春期に特に多く発生することになるニキビといえます。
この額にできてしまうニキビの原因となる最大の要因がホルモンの乱れで、特に思春期は体が子供から大人へと成長する段階に当たるため、ホルモンが崩れやすくそれが額のニキビを作る原因となります。
ホルモンのバランスが崩れてしまうと通常よりも多くの皮脂を分泌するようになり、その皮脂が毛穴を塞いでしまいニキビの原因となります。
思春期では男性も女性もホルモンが乱れやすくなるので、どちらの場合でも皮脂の分泌が増えることになります。
思春期だけでなくホルモンのバランスは大人でも崩れることがあり、ストレスや疲れなどによりホルモンのバランスが崩れてしまえば、額に増えてしまうでしょう。
ホルモンバランス以外の原因としては、額に刺激を受けることでニキビが増えてしまうことも考えられます。
例えば髪の毛が額に当たるような状態が続けばその刺激で皮脂の分泌が増える場合がありますし、整髪料などを使用していた場合にもそれが刺激となりニキビが出来てしまうことも原因となります。

Tゾーンニキビ

Tゾーンニキビの原因

Tゾーンニキビに関しては、思春期と大人では原因が異なります。
思春期の場合は額に出来るニキビと同様にホルモンバランスの乱れによる皮脂の分泌が増加することが大きな要因となります。
Tゾーンは皮脂の分泌が顔の中でも多い場所ですからもともとニキビが出来やすい部位だと言えます。
そのため特に思春期という時期では額からTゾーンにかけてニキビが増えやすくなる傾向にあります。
特に鼻は皮脂が多くでる場所ですから、鼻にニキビが増えることが考えられます。
大人になってからもTゾーンはテカリが気になる部分であり、テカるということは皮脂が分泌されやすい場所である証拠だと言えます。
通常大人になれば思春期よりも皮脂の分泌は少なくなるのですが、仕事などのストレスを溜めていた場合には自律神経の乱れなどが皮脂の分泌を増やす原因となりますし、生活習慣が乱れている場合にも気が付かない間に自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れが生じていることがあり、それがTゾーンにニキビと言う形で現れることになります。
食生活が乱れている場合もTゾーンにニキビが発生しやすくなるので、大人になってTゾーンにニキビが出来る場合は生活そのものを見直すことも必要となります。

口の周りや顎ニキビの原因

口周りや顎ニキビの原因

口の周りや顎にできるニキビは、特に大人になってから出来る確率が高くなるニキビです。これらのニキビは大人ニキビと呼ばれるニキビの典型的なもので、思春期よりも大人になるほど増えるニキビだと言えます。
もともと口の周りや顎と言う部分は脂が多い部位なのでニキビが発生しやすい部位であり、その部分の皮脂の量がさらに増えることで急に口周りや顎にニキビが増えるということがあります。
原因となるのは肌のターンオーバーの乱れが考えられ、その要因となるのがホルモンのバランスの乱れや胃腸の働きが悪くなっていることが挙げられます。
ホルモンのバランスの乱れはどのニキビにも共通する原因となっていますので、日頃からストレスを溜めている人は色々な場所にニキビが出来てしまうことにもなりかねません。胃腸の調子が悪い場合にも顎や口の周りにニキビが出来る可能性が高くなるので、食生活が乱れている人や暴飲暴食を繰り返している人、アルコールの摂取量が多い人も顎や口の周りにニキビが増えてしまうことになります。
それと男性の場合は髭剃りの刺激が顎や口の周りのニキビを増やすことになりますし、女性の場合はメイクなどの刺激がニキビを増やす原因となることもあります。
髭剃りの場合は肌を傷つけそこに雑菌が入り込みやすくなりますし、メイクの場合は化粧品の油分が毛穴を塞ぎニキビの原因になることもあります。
そのため規則正しい生活をしている場合でも顎などにニキビができることもあります。
顎の周りは目立ちますし、複数のニキビが出来たのであれば生活に注意するなど対策を講じる必要があります。

背中ニキビの原因

背中ニキビの原因

顔のニキビの場合は鏡などを見ればすぐに出来ているかどうかがわかりますが、なかなか気づきにくく炎症が悪化してしまうのが背中にできるニキビです。
背中ニキビは10代の頃はまったくなかったのに20代や30代になってから急に増えたという人が多いニキビで、その原因となるのはホルモンの乱調、肌の乾燥、刺激や摩擦などが主な原因となります。
ホルモンの乱れに関しては顔のニキビと同じでバランスが崩れるため皮脂の分泌が増えてしまうため毛穴が詰まりやすくなります。
肌の乾燥が酷い場合には、乾燥肌特有の問題が生じることになり、肌が乾燥することで体は乾燥しないようにと皮脂の分泌を増やします。
それが毛穴を詰まらせる原因となり背中ニキビは増えることになります。
刺激や摩擦に関しても刺激を受けることで肌は皮脂の分泌を増やしますので、背中にニキビが発生しやすい状態になります。乾燥肌の場合肌バリア機能が低下しているので刺激も受けやすくなり、乾燥と刺激の2つが背中ニキビを増やすことになるわけです。
背中と言う部分は日頃は見ることが少ないためニキビが出来ていても気づきにくいですし、放置しておくことでその状態がどんどん悪くなることもありますし。気が付けば数多くのニキビが出来ていたということも考えられます。
そのため日頃から背中のチェックを行うことと、ホルモンバランスなどを乱さないような生活をする必要があるでしょう。