ジェネリックの効果効能は!?安心なの!?

ジェネリックの疑問解決!

ジェネリック医療品は医療費負担を大幅に軽減することが出来るため、現在多くの医療機関で選択が可能になってきています。
これは高齢化社会を迎えつつある日本社会のことを考えた場合、1人当たりの負担額も変ってきますし、年金だけで生活しているため高額な医療費の負担が辛いと感じている高齢者にとっては、安価な金額で薬を処方してもらえるためメリットしか無いように思えます。
しかし医療費や薬代の負担が軽減できるジェネリック医療品にはメリットだけではなくデメリットも存在しており、それを正しく理解しておかないとジェネリックに変えたことにより思わぬトラブルが起きてしまったということも考えられます。
現在ジェネリック医療品を取り巻く環境は大きく変化してきていますし、扱う医療機関が増えればそれだけジェネリック医療品と出会うことも多くなってきますので、メリットとデメリットの両方を知り正しい選択をすることが利用者側にも求められるわけです。
医療機関で取り扱っているのだから大丈夫という過信は禁物ですし、新薬とジェネリックにどのような違いがあるのかを知り、安全性なども確認してから切り替えを行うことも重要となります。

ジェネリック医療品は良い事だけとは限らない

ジェネリックのメリット・デメリット

ジェネリック医療品を使用する場合には、良いことだけとは限らないという問題があります。
基本的にはジェネリック医療品は新薬と同じ成分で出来ていますし、きちんと効果を確かめるための効果試験も行っておりそれを踏まえて国に認可されていますので、成分による効果に関しては問題が無いと言えるでしょう。
しかしこれはあくまでも成分の効果だけの話であり、薬を製造する際に必要となる他の素材な成分などは別問題となります。
新薬を製造する場合、成分の特許となる「成分特許」だけでなく薬を製造するための「製造特許」や薬を構成しているカプセルなどの「製剤特許」なども深く関わってきます。
仮に成分特許など全ての特許が切れていれば新薬と全く同じものが製造できますが、製造特許や製剤特許がまだ切れていない場合には、同じ薬を製造することが出来ないため形状やカプセルなどに使用する素材を違うものに変えてジェネリック医療品を作る必要が出てきます。
この場合違う素材を使用することで本来の新薬とは薬の効き目が異なってくるという問題も生じる可能性があり、薬が効きすぎる、逆に薬がなかなか効かないといった機器目が出るまでの時間などにも大きな影響を与えてしまいます。
特にカプセルなどが違う場合や、薬の大きさや形状が異なる場合、服用した際に新薬と全く同じ効果にはなりませんので、人によってはジェネリックが体に合わないという問題も起きてしまいます。
中には新薬なら問題なかったのにジェネリックにした途端アレルギーを発症すると言うケースもあり、これは新薬とは異なる素材を使用したことにより添加物で薬に対してアレルギー反応を起こしてしまう可能性も出てきます。
特にアレルギー体質の人の場合は添加物に対して体が過敏に反応してしまうことも少なくないので、同じ成分で作られていたとしても添加物の違いにより全く異なる体への影響がある可能性も考えておかなければいけません。
次にジェネリック品は1つではなく複数の製薬会社が同じような薬を製造していると言うことも問題となります。
何故これが問題となるのかと言えば、ジェネリック品を製造する製薬会社の技術などが全く同じ水準であり、同じ素材などを使用して入れば問題が起き難いのですが、製薬会社はそれぞれ製造する技術も違えば会社自体の規模も異なります。
そのため同じ成分を使用しているジェネリック品でもその信頼性や安全性、品質にばらつき気があると言われています。
これは使用する側からしてみれば成分的な効果は同じだけれど玉石混合の中から安全に仕様出来て新薬に近いものを探し出す必要があるわけですし、医療機関によって取り扱うジェネリック医療品の種類が異なることにもなるので、病院を変わったなどの際に安定してジェネリック品を使用することが出来ないことも起きる可能性があります。なによりどのジェネリック品が良いのかということは利用者側にはなかなかわかりませんので、新薬のように高品質でどこでも確実に処方してもらえると言う安心感もジェネリック品には無いケースが多いと言えるでしょう。
それと安価なジェネリック品ばかりが人気となると、本来使用していた新薬が売れなくなるため新薬を製造できなくなるというリスクも高まります。
これは最も信頼性の高い薬が廃れていきジェネリックだけが生き残る可能性も出てくるため非常に大きな問題になる可能性もあります。

ジェネリック医療品を勧める理由は?

ジェネリックを勧める理由

新薬とジェネリック医療品を比べた場合、100%全く同じものではないと言うことが分かりますし、ジェネリック品ならではの問題があることも分かってきます。
では何故今ジェネリックを頻繁に宣伝し勧めているのかといえば、国の医療費に対する財源が関わっていると言えます。
日本はこれから先さらに高齢化社会が進んでいき、医療費が今まで以上に増えるという試算が出ています。
このことは国の医療に関する財源を圧迫するだけでなく、そのことにより医療業界全体の予算不足に陥ることが予想されるわけです。
そのため価格の安価なジェネリックを宣伝し、それに切り替えてもらうことで財源の確保を考えているということがここ数年でジェネリックが飛躍的に増えたことの理由となっています。
もちろんジェネリック品を使用することは利用者にとってはメリットが大きいと言うのは事実ですし、ジェネリックに切り替えても問題が起きない人も相当数います。
そのためジェネリックを使用するのは利用者側の判断に委ねられていますので、しっかりと新薬との違いを知り、自分が私用しても問題ないと感じた場合に切り替えを行うと良いでしょう。
国が勧めているのだから問題ないと判断をせずに、薬のことは素人なので分からない場合には医師や薬剤師などに相談してみて、デメリットが無いと分かったうえで使用するのが望ましいと言えます。
そうすることでジェネリック医療品を安全・安心に使用することが出来るでしょう。
それと切り替えてみて効果が新薬ほど得られない、副作用が起きた際には使用を中止して、新薬に再度戻すことも必要となります。
ジェネリック一辺倒になるのではなく、病気や怪我などに合わせて上手にジェネリック品を利用することが最も安全な使い方だと言えます。