むくみを引き起こす原因

むくみの原因

むくみという状態には必ずそれが引き起こされる原因と言うものがあります。
しかしむくみの場合原因となるのは一つではなく、姿勢の悪さや日常生活の問題、知らない間に体の中で病気が進行している場合などが考えられます。
そのためむくみが起きた場合にはその原因を考え取り除くことがむくみを起きさせないためのポイントとなります。

長時間の起立状態

E784A1E9A18C1-thumbnail2

むくみの中でも脚に起きる症状の原因となるのが長時間の起立状態です。
この長時間の起立状態は仕事柄どうしても立ったままの時間が長い場合などに起こりやすいむくみの症状であり、それに関係しているのが重力となります。
座ったり寝そべったりしている場合には心臓と脚の距離がある程度近づきますが立ったままの姿勢の場合はポンプの役割を果たすことになる心臓と脚との距離が離れてしまうことになります。
通常血液と言うのは体中を動脈によってめぐり静脈から心臓へと返っていく事になりますが、脚のように心臓から遠い場所に関しては血液を心臓まで返す際の力がどうしても弱くなってしまいます。
さらに立ったままの状態だと底に重力の影響も受ける事になり、脚から心臓へ血液を戻すのが困難な状態となります。
それが続くことで脚の脹脛辺りに血液が滞りやすくなり、水分がその場所に集中的に増えることになるため脚のむくみと言う状態が起こりやすくなるわけです。
長時間の起立状態が続けば続くほどむくみが酷くなるのは、水分がいつまでも留まり続けてしまうためです。

運動不足による冷え性や血行不良

運動不足からのむくみや冷え性

むくみの原因となるのは運動不足によるところも大きいといえます。
運動をするということは体の代謝をアップするとともに血液の流れもスムーズにし汗によって水分を体外に排出する効果も得られます。
そのため激しい運動は必要ありませんが適度な運動を継続的に続けることは体の状態を健康に保つのに必要不可欠だといえます。
しかし運動をほとんどしていない運動不足が続いてしまうと血流の流れにも影響を及ぼすことになり、それが血行不良や冷え性という状態を作り出してしまうことになります。
冷え性と言うのは血液が末端まで流れていない状態であり、その原因となるのが血行不良です。
血行不良の状態になると血液がスムーズに流れなくなりますのでどうしても上手く栄養素や熱を伝えにくくなります。
通常運動をすることで筋肉は熱を発することになり、その熱によって血液が温められ全身を巡ります。
その際に血液の流れがスムーズであれば熱を末端にも届けることができるので手足の先が冷たくなるということがありませんが、熱をスムーズに送ることが出来ないようなどろどろの血液の場合は末端に行くまでに熱が冷めてしまいそれが冷え性を引き起こしていることになります。
冷え性の場合血液がスムーズに流れていないため水分も滞りやすくなりますので、冷え性のうえむくみまで発生してしまうという状態を引き起こしやすくなります。

水分・塩分の取り過ぎ

水分や塩分の取りすぎからくるむくみ

毎日の生活の中で水分や塩分を取り過ぎるのもむくみを引き起こす原因となります。
水分を摂取するのは決して悪いことではありませんし、体内の老廃物などを排出するためには1日2ℓの水を飲むのが良いとも言われています。
しかしそれは血液の流れがスムーズであることが前提であり、もし血液がドロドロで流れ難い場合や水分の排出できる量を上回る水を摂取してしまうと、排出できない水分が体内に留まることになりそれがむくみを引き起こす原因となります。
塩分の取り過ぎに関しても同様で、塩分を摂り過ぎてしまうと血液中の塩分濃度も高くなります。
そうすると体は塩分濃度を薄めるために水分を溜め込みやすくなり、通常よりも増えた水分によりむくみを発生させやすくなります。
毎日塩辛い食事ばかり続けている場合にはむくみが顕著に起きやすくなるので塩分の取り過ぎにも注意が必要です。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは体の下半身の静脈に異常をきたしてしまう病気です。
通常血管と言うのは血液の逆流を防ぐために弁がついており、それにより血液の逆流を食い止めており正しい方向へのみ流れを維持しています。
下肢静脈瘤はその弁が壊れてしまうことで血液の逆流が起き、逆流した血液が下半身に滞りやすくなってむくみとなって現れます。
下肢静脈瘤の場合血管がぼこぼこしているような見た目の異常も確認できますし、血液が滞りやすくなるため肌の色にも変化が起きます。
もし下肢静脈瘤を放置しておくと血栓も出来やすくなりそれが原因で命を落とす危険性もあるため、むくみが起きている場合は下肢静脈瘤でないかを確認することも必要です。

肝臓の病気

肝臓の病気からのむくみ

肝臓は体の中を浄化する作用がある非常に重要な臓器であり、肝臓が正常に機能していることで健康な体を維持できているといえます。
しかし肝臓の病気になってしまった場合、その機能も上手く働かなくなり体内に水分が増えてしまいむくみを発症しやすい状態になります。
肝臓では体内の水分を体外に排出するためのアルブミンというたんぱく質の生成を行っており、このアルブミンが水分を引き寄せ集めることで不必要な水分を除去し適正な水分量を保っていると言えます。
しかし肝臓の機能が低下してしまうことでこのアルブミンの生成量が減ってしまうことになり、水分を十分に引き寄せ集め、体外へ排出することが出来なくなります。
そうなると必然的に体内の水分量は増えることになり、それがむくみを引き起こす原因となります。
△腎臓の病気
腎臓は体内の老廃物を尿として排出したり、取り過ぎた水分も尿として体外に出すといった体の水分量を調整する臓器となります。
肝臓とタッグを組むことで体内の状態を正常に保っているとても重要な臓器ですが、腎臓が病気になってしまうと本来尿として排出できていた水分や体内のナトリウム量を調整できなくなり、それが原因で水分量が増加してしまいむくみの原因となってしまいます。
腎臓の病気はなかなか気づくことが出来ませんし、体内にある臓器なので自分で確認することも難しいと言えます。
もし腎臓の病気が進行していけばむくみもどんどん悪化していきますので、むくみがあまりにも続く場合には腎臓の異常を考えたほうが良いかもしれません。