まつ毛育毛とは?

まつ毛育毛とは?

見た目の印象と言うものはまず顔の印象が強く残るものであり、特に目の印象は相手に対して良い印象も悪い印象も与えてしまうことがあります。
目の印象は目の大きさだけというわけではなくまつ毛というのも目の印象を大きく左右する要因であり、まつ毛が短いよりも長いほうが優しく柔らかい印象、女性らしい印象を与えることが出来ます。
男性の場合もまつ毛が長いほうが好印象になるケースが多く、まつ毛が短い場合は目の印象がキツく感じられることも少なくないと言えます。
そのためまつ毛を長く見せるための付けまつ毛やまつ毛を長くすることが出来るマスカラ、まつ毛を人工的に増やすことが出来るまつ毛エクステなども登場しており、如何にまつ毛が重要であるかが分かる状況になってきています。
その中でもまつ毛の育毛に取り組む人も増えており、まつ毛育毛を行うことにより自分のまつ毛を太く長くすることが可能になります。

そもそもまつ毛育毛とは?

そもそものまつ毛育毛とは?

まつ毛を長く見せることで相手に対する印象も大きく変えることが出来ますが、そのまつ毛を自分で育毛していくのがまつ毛育毛と呼ばれる方法となります。
通常まつ毛は一定の期間で生え変わりをしており、サイクルが髪の毛に比べて短いためなかなかそのままの状態でまつ毛が長くなると言うことはありません。
しかしまつ毛が伸びている成長期に育毛効果のある育毛剤などを使用して成長を促進させることで通常よりも長く太いまつ毛を人為的に作り出すことが可能になります。
このまつ毛育毛は、まつ毛エクステのように人工的に作られた毛を接着剤で取り付けるのとは異なり自分のまつ毛を育てる為近年増加しているまつ毛エクステでのトラブルもありませんし、付けまつ毛のような不自然さもなく自然な状態でまつ毛を増やし伸ばすことが出来ます。
そのため元々のまつ毛を育毛し育てていくことで、見た目にも自然でありながら付けまつ毛やエクステのような問題もなく綺麗なまつ毛を手に入れることが出来る方法となっています。
基本的には髪の毛の育毛と同じような方法でまつ毛を育てていくことが出来るので、まつ毛の長さや量に不満がある場合や、出来るだけ付けまつ毛やエクステなど人工的な方法でまつ毛を飾りたくない人にはおススメの方法となります。
何より自分自信のまつ毛が増えることにより何もしなくてもボリュームのあるまつ毛になるので、化粧の際のマスカラなども必要以上に付けることも無くなります。

まつ毛が伸びるメカニズム

まつ毛が伸びるメカニズム

まつ毛が伸びるメカニズムは髪の毛と同じように成長期~退行期、そして生えてくるの間での間の休止期の3つに分かれています。
このサイクルを繰り返すことによりまつ毛は古いまつ毛から新しいまつ毛へと生え代わりを行っていることになります。
髪の毛の場合休止期の状態から一旦生え始めると長い場合は5年程度の間成長を続けることになります。
そのため髪の毛の場合女性のロングヘアーといったヘアスタイルも可能となるわけであり、成長期が終わることで退行期と呼ばれる毛が伸びるのが止まる時期に入り、それを過ぎることで髪の毛が抜け次の髪が生えるまでの期間となる休止期に入ります。
まつ毛もこれと同様のメカニズムで生え変わりを行っていますが、髪の毛のように長期間伸びることになってしまうとまつ毛が目に入ると言った問題や、まつ毛を頻繁にカットしなくてはいけないという状態になります。
そうならないのはまつ毛の生え変わりが髪の毛に比べて非常に短く、2週間~3ヶ月程度となっているためです。
目に入るほど伸びてしまう前にまつ毛は新しいものへと生え代わりを行うため、髪の毛ほど長くはならない仕組みとなっています。
まつ毛の育毛はこの成長期に伸びるまつ毛の成長速度を早くすることで通常よりも長く強い毛を生み出す方法となります。

まつげ美容液とまつげ育毛剤どっちが効果的?

まつ毛秒駅とまつ毛育毛剤はどっちが効果的?

まつ毛の育毛を考えた場合、まつ毛を成長させるための薬などを使用することになります。
その場合市販されている商品にはまつ毛美容液と呼ばれる商品とまつ毛育毛剤と呼ばれる商品の2種類が存在しています。
どちらもまつ毛をケアするための商品には変わりありませんが、美容液と育毛剤を比べた場合には育毛という側面においては育毛剤のほうが効果が高いと言えます。
育毛剤は名前が指し示すようにまつ毛を育てて育毛するための商品であり、まつ毛が成長するために必要となる成分を豊富に含んでいます。
そのため育毛剤を使うことで通常よりもまつ毛を太く長くすることが可能になりますし、育毛剤という名前を使用しているように、実際に育毛効果のある成分を含んでいる商品として販売されています。
まつ毛美容液に関してはまつ毛を保護しケアする役割の商品のため、まつ毛の状態を現状に留めておく効果はありますが、育毛と言う側面で考えた場合には育毛効果はほぼない商品となります。

まつげ美容液とまつげ育毛剤の違いは?

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤の違い

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤の違いは育毛効果があるかどうかだけではなく、根本的に商品としての扱い自体が異なります。
まつ毛美容液の場合販売する場合のカテゴリは化粧品という厚愛になるのに対し、育毛剤の場合は医薬部外品という扱いになります。
この違いは医薬部外品には育毛の効果がある成分が含まれており実際に使用することで育毛効果を得ることが出来るのに対し、化粧品扱いの商品は育毛効果がある成分を含んでいないものとなります。
もし育毛効果のある成分を含んでいればそれは医薬部外品扱いになるため美容液ではなく育毛剤として販売する必要がありますし、逆に育毛成分を含んでいない場合は育毛剤として販売することは出来ず美容液として販売することになります。
要するに育毛成分が配合されているかどうかで育毛剤と美容液に分かれることになるわけです。
そのためまつ毛の育毛を考えるのであればまつ毛育毛剤を使用し、育毛して伸びたまつ毛を維持し外部からのダメージなどから保護したい場合はまつ毛美容液を使用すると良いでしょう。
そうすることで育毛と保護の両方を行うことが出来ますので、まつ毛育毛剤とまつ毛美容液の違いを理解して上手く使い分けすることがまつ毛育毛を成功させるためのポイントとなります。