うつ病の治療法

うつ病治療の克服ガイド

うつ病を発症してしまった場合、速やかな治療を行うことが症状を緩和し正常な状態に戻していくためには重要となります。
治療しないで放置していれば症状が悪化し重篤な常態に陥る可能性が極めて高くなりますし、これくらいは大丈夫と勝手な判断をしてしまうとそれもうつ病悪化の要因となります。
うつ病を治療するための治療法は1つだけではなく様々な治療法がありますしそれを組み合わせて複合的に治療を行うこともあります。
そのためどんな治療法がありどのような効果があるのかを知ってことで、正しいうつ病の治療とうつ病と向き合い症状を治していくことに繋がるでしょう。

多彩な治療法

症状にあった治療法でうつ病治療

うつ病を治すための治療法は多彩な治療法が用意されています。
これがうつ病の症状が人によって異なるということや、症状が軽い場合と重い場合とでは治療するために段階を踏んでいかなくてはいけないためです。

しっかりとした休養をとる

しっかりとした休養

基本的な治療法としては休養をしっかり取るといった体と心を休ませる方法、精神的な面からアプローチして心を整えていく精神療法、そして薬を使用してうつ病の症状を緩和する薬による治療法という、大きく分けて3つの治療法に分けられます。
まず十分な休養を取るという治療法は、最も重要な治療法でありうつ病という状態を緩和するためには欠かせない治療法となります。
うつ病を発症する人の多くが精神的にも肉体的にも休養が十分に取れておらず、それがストレスになり心を蝕まれてしまうと言うケースが非常に多いと言えます。
自分では休養は取れていると思っていても、実際には休養が全く足りておらず少しずつうつ病の症状が進行してしまうケースが多いため、うつ病と診断された場合は症状の重い軽いに関わらず必ず十分な休養を取ることが必要不可欠となります。
休養を取ることにより心と体をリラックスさせ精神的に不安定な状態を改善することが出来ます。
この休養を取るという治療法の場合、自宅で休養を取ると言うのはなかなか難しい場合が多いので、病院へ入院をして休養のみを取れる環境に身を置くことも治療をしっかりと行うためには必要となってきます。

精神療法での治療

精神療法で治療する

精神療法はうつ病を発症し難くするための治療法であり、うつ病が再度再発するのを防ぐためにも効果的な治療法となります。
基本的には認知行動療法と呼ばれる方法を用いることになり、うつ病患者の多くが陥りがちなネガティブな思考を行わないようにする方法となります。うつ病を発症した場合考え方が非常にマイナス方面に向いてしまうため、最悪の場合死を考えてしまうと言うケースもあります。
精神療法ではこういったネガティブ思考にならないような思考パターンへと導き、ポジティブな思考が出来るように改善していく治療法となります。

薬での治療法

抗うつ剤でうつ病治療

うつ病を治療する最も多く利用されるのが薬での治療法です。
この薬での治療法は抗うつ剤と呼ばれるうつ病の症状を緩和することが出来る専用の治療薬を用いて行うことになります。
うつ病に効き目のある治療薬は、成分の中にセロトニンを含んでいるものがほとんどであり、そのセロトニンの効果によりうつ状態を一時的に改善することが出来ます。
セロトニンは体内で分泌されるものですが、うつ病になっている場合にはこのセロトニンの分泌量が著しく低下してしまいます。
セロトニンには精神を安定させリラックスさせる効果があり、通常はその効果により精神的な安定を保っていると言えます。
セロトニンが不足すると気分の落ち込みなどが増えることになり、それが継続されることでうつ病を発症しやすくなるわけです。
うつ病の治療薬は外部からセロトニンなど精神的な安定を与える成分を与えることで、通常の精神状態へと導くことが出来ます。使用する治療薬の中でも特に有名なのが「ジェイゾロフト」と「プロザック」と言う治療薬となり、それぞれに特徴があるのでどの様な効き目があるのかを正しく知っておくと良いでしょう。

ジェイゾロフト

抗うつ剤ジェフロイド

ジェイゾロフト」は2006年から日本国内でも販売が開始された非常に有名なうつ病治療薬です。
海外では1991年からすでに販売・利用が行われており、約30年近くの歴史を誇る得る病治療薬としてはメジャーな薬と言えます。
ジェイゾロフトはSSRIと呼ばれる選択的セロトニン再取込阻害薬に属する治療薬であり、体内にセロトニンを入れることでうつ状態を緩和することが出来る薬となっています。
ジェイゾロフトの特徴としては効き目がきつ過ぎず副作用も穏やかであるという特徴があり、非常に使いやすい治療薬となっています。
うつ病の治療薬は使用することで症状を緩和することが出来る代わりに喉や口の渇き、ふらつきや吐き気、眠気や性機能障害といった様々な副作用が生じる恐れがあります。
しかしジェイゾロフトはこういった副作用が出にくい治療薬となっており、比較的安心して使用できる薬だと言えるでしょう。
効目が緩やかで体感的には少々効き目が弱いのではないかと感じる場合も有りますが、副作用が無くある程度の効目もある治療薬ですので最も使い勝手の良い薬だと言っても過言ではないでしょう。

プロザック

抗うつ剤のプロザック

プロザック」はジェイゾロフトと同じくSSRIに属している選択的セロトニン再取込阻害薬です。
基本的な効能に関してはジェイゾロフトと同様に体内のセロトニンを増やすことで落ち込みなどを改善する効果がある治療薬となっています。
副作用も軽く使いやすい薬ではありますが、現在のところ日本では認可されていない治療薬のため使用する場合には海外から輸入して使用する必要がありますし、使用に関しても自己責任での使用となります。
そのため何かあった場合には自分で全ての責任を負う必要があり、その点を考えた場合には安心して使用するのは少々問題があるともいえます。
効き目に関しては海外では使用されておりしっかりとした効き目が実証されていますので、自己責任で使用出来ると判断した場合のみ使うと良いでしょう。

薬の服用方法

抗うつ剤の服用方法

うつ病の治療薬の服用方法としては、基本的には1日1回の服用で効果が持続することになります。
ジェイゾロフトを例に挙げてみると、初めて使用する場合には成人で1日25mgを上限として使用するのが決まりとなっており、継続利用する場合には最大でも100mgが使用する上限になっています。
これを越えての使用は基本的に禁止されていますので、気分が優れないからと大量の摂取は厳禁となります。
既定の容量や用法を無視しての服用は、重篤な副作用を引き起こすだけでなく心臓などにも負担をかけることになりますので、必ず決まりを守りそれに沿って服用をしましょう。それと気分が良い場合でも薬の服用を自分の判断でストップせず、必ず医師の指示の元服用を続けることが重要です。
服用を止めることで症状が再発する危険性もあるのでそういったことにならないように注意しましょう。

治療の不安や疑問は医師に相談しましょう

不安や疑問は医師に相談

うつ病と言うのは自分一人で症状を改善するのが非常に難しい病気ですし、自分では気づかないうちにうつ病になっているケースも少なくありません。
そのため異変を感じた場合は速やかに医師の診察を受けて早期のうつ病発見に繋げることがとても大事になってきます。
もし治療する上での不安などがあれば医師の指示を仰ぎながら、疑問なども率直に効くようにすることが重要です。
治療していく上では医師との信頼関係も必要となりますので、自分の中に抑え込むのではなく、必ず相談するようにしましょう。
相談することで疑問や不安なども解消しますし、不安によるストレスなども無くなりスムーズな治療が可能になるでしょう。