◆うつ病

うつ病とはなんなのかをお悩み宅急便では詳しくご説明をしております。
毎日を健康に生活していくためには体の状態だけでなく心の状態も整えておく必要があります。精神面が不安定だとそれがそのまま行動にも影響を与えてしまいますし、心の乱れが酷くなってくると体の病気と同様に心も病気になってしまう可能性が極めて高くなってくると考えておかなければいけません。

うつ病ガイドライン
うつ病を知ろう!

うつ病とは?

毎日の生活を健康に過ごすためには体の状態を適切に保ち続けることがとても重要となりますし、病...
そのサイン、うつ病かも!

うつ病のサイン・症状

うつ病を発症している場合、それは見た目にも体の状態にも何かしらのサインとして現れることにな...
うつ病治療の克服ガイド

うつ病の治療法

うつ病を発症してしまった場合、速やかな治療を行うことが症状を緩和し正常な状態に戻していくた...
精神面での不調により生活に支障が出るようになると、仕事などにも多大な影響を与えることになるだけでなく、何も出来ないような状態になることも予想されます。特に精神疾患と呼ばれる心の病の中でもうつ病は放置しておくと深刻な症状が続くことにもなりますし、場合によっては命の危険も考えられる病気です。まず知らなければいけないのがうつ病とは一体どのような病気なのか?と言うことであり、うつ病のことを正しく知ることで自分自身が病気を発病していないかどうかを知るきっかけになります。

うつ病はなかなか自分自身で気づくことが出来ない精神疾患ですし、放置しておくことでその症状はどんどん悪化の一途をたどることになります。うつ病を改善する、防止するために重要となるのがうつ病のサインを見逃さず、うつ病の症状を理解しておくことで、早期の段階で食い止めることも可能となります。

早期の段階で見つけることが出来ればそれだけ適切な処置によりうつ病を改善することが可能となるだけでなく、改善することで生活を安定させることも可能となります。うつ病の原因は様々な要因が考えられますし、ストレス耐性の低い人ほど発症するリスクが高くなります。

もし発症した場合にはうつ病の治療法を知っておくことで適した治療を開始することもでき、治療が有効であればそれだけうつ病の進行を抑制する効果も得られます。うつ病は簡単には改善することが難しい病気ですし、一度治っても再発することもありますので、うつ病に対する知識を身につけ、何が原因となるのか、発症しないためにはどうすればいいのかを理解しておくことが重要です。

抗うつ薬/精神安定薬の種類

商品画像 商品名 主成分 商品詳細
抗不安剤のバスピン バスピン(抗不安剤)¥2,690 ブスピロン5mg・10mg 非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬バスパーのジェネリック医療品で、動悸や緊張を伴う不安障害を改善してくれます。
抗うつ剤のジェイゾロフト ジェイゾロフト¥3,140 セルトラリン50mg・100mg ファイザー社が開発をしたSSRIと呼ばれる抗うつ剤で、うつ病、パニック障害、不安障害、ストレス障害などに効果があります。
抗不安薬のリスパダール リスパダール(抗不安薬)¥4,490 リスペリドン2mg・4mg むやみな興奮といった心身の不調を鎮め、激しい落ち込みといったパニック障害・不安障害を取り除いてくれる治療薬です。
抗うつ剤のレクサプロ・ジェネリック レクサプロ・ジェネリック¥3,140 エスシタロプラム5mg・10mg・20㎎ 進化版SSRIとされる抗うつ剤「レクサプロ」のジェネリックで、うつ病や、パニック障害、対人恐怖症、社会不安障害などに効果的です。
抗うつ剤のパキシル・ジェネリック(USA) パキシル・ジェネリック(USA)¥2,690 パロキセチン20mg・40mg うつ病の他にも睡眠障害や強迫性障害治療、パニック障害などにも効果があり新薬よりも低価格で購入ができ、効果も期待できるために大変人気の治療薬です。
抗うつ剤のパキシル パキシル¥4,490 パロキセチン20mg 双極性障害やパニック障害などにも使用されておりSSRIと呼ばれる抗うつ剤のカテゴリーに属している抗うつ剤です。また、不安障害や強迫性障害にも効果的です。