◆あがり症

あがり症でお悩みの方へ、あがり症についてご説明をさせて頂きます。
日々生活していく中では他の人と触れ合う機会も少なくありません。学校や会社といった集団生活を送る場所においては、特に人前に出ることも多くなると言えます。人によっては人前で話しをしたり行動することがまったく苦にならない人もいますが、中には人前に出ると緊張して話が出来ない、体が震えてしまう、大量の汗をかき何も出来なくなるといった人もいます。
これは単なる緊張ではなくあがり症である可能性が高いと言えます。

あがり症について
あがり症とは?

あがり症とは?

生活していく上では人前で話をする機会も避けられませんし、学校や会社といった大勢が集まる前で...
あがり症のメカニズム

あがり症のメカニズム

あがり症という症状は非常に多くの人が悩んでいる症状だといっても過言ではないでしょう。 特に...
あがり症の原因と対処法

あがり症の原因とその対処法

あがり症で悩んでいる場合や生活に支障が出るほどの悪影響がある場合、その原因を突き止めるとと...
あがり症が酷い場合には人前に出るのも怖いといった重い症状になる場合もあります。あがり症の症状を発症する人は決して少なくありませんので、あがり症とはいったいどのようなものなのかを理解しておくことも重要な事だと言えます。あがり症が酷い場合には社会生活に支障が出るばかりではなく、仕事にも悪影響を与える可能性がありそれが原因で会社に居づらくなるということも考えられます。そのためあがり症のメカニズムを知り、どういった時にあがり症の症状が発症するのか、どんな人があがり症になりやすいのかを知っておくことで自分があがり症なのかどうかも分かるでしょう。

あがり症の原因は様々ありますので人により原因が全く違う場合もありますし、症状に関しても軽度のものや重度のもの、見た目に異常が表れるものや精神面での異常が大きいものなど様々な症状が見て取れます。そのため症状の違いなども知っておくことがあがり症克服のためには必要となります。

対処法に関しても薬での治療やカウンセリングなど複数の方法がありますので、症状に合わせた対処を行う必要があります。あがり症は精神疾患との結びつきもありますし、あがり症自体が精神疾患の一つとして考えられるケースもあります。

そのため軽度であってもあがり症を放置しておくことは得策ではありませんし、対処をすることで精神的な不安や負担を解消することもできるので、あがり症のことを正しく理解し、自分が該当するかどうかを知るようにしましょう。

あがり症治療薬の種類

商品画像 商品名 主成分 商品詳細
あがり症治療薬のインデラル・ジェネリック インデラル・ジェネリック¥1,410 プロプラノロール10mg・40mg あがり症・高血圧症・狭心症・不整脈予防に使用される治療薬で、片頭痛にも使用出来る万能薬となります。
あがり症治療薬のフルニル フルニル(プロザック)¥2,240 フルオキセチン10mg・20mg 精神安定剤プロザックのジェネリック医療品で、主にあがり症、摂食障害(拒食・過食)強迫観念、精神的不安性障害に用いられております。
上がり症治療薬のエビリファイ・ジェネリック エビリファイ・ジェネリック¥8,090 アリピプラゾール5mg あがり症、うつ病や総合失調症に効果のある治療薬になります。ジェネリック医療品となりますので、新薬よりも低価格で購入でき、効果も副作用も変わらない医療品です。
あがり症治療薬のインデラル・ジェネリック インデラル・ジェネリック¥2,690 プロプラノロール塩酸塩10mg・40mg あがり症や高血圧、狭心症、神経症、偏頭痛治療に使用されている治療薬で、人前でプレゼンをする際に服用をされる会社員も多いようです。