片頭痛とは

片頭痛は偏頭痛とも表記し、どちらも同じ意味の「へんずつう」です。
文字通り頭の片側で起こることがあれば頭全体に生じることもある慢性的な頭痛で、拍動に合わせるようなズキンズキンとした痛みが特徴です。

片頭痛は特定の原因によって引き起こされるのではなく、過度なストレスや睡眠サイクル、天候の変化、ホルモンバランスのゆらぎなど、一人ひとり原因は異なります。

男性よりも女性の有病率が高く、30代女性の5人にひとりが片頭痛を患っているといわれています。

毎週・毎月のように繰り返す痛みのせいで仕事をこなせない、横になっていることしかできないなど、片頭痛によって日常生活に支障をきたしてしまうケースは少なくありません。

痛みに振り回されないためにも片頭痛の特徴を理解し、適切な対処法を学ぶことが大切です。

頭痛の種類を知りましょう

頭痛と呼ばれる症状は片頭痛以外にもいくつかあり、原因によって一次性頭痛と二次性頭痛に分けられます。

一次性頭痛は、ハッキリとした原因を特定できないまま繰り返し起こる症状
頭痛のうち約80%を占めていて、片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の3つに分類されています。

二次性頭痛は、病気の症状として現れる頭痛を指します。
カゼや二日酔いといった比較的起こりやすい頭痛のほか、くも膜下出血や脳出血といった脳の病気で生じる頭痛も二次性頭痛に含まれます。

とくに発症率の高い一次性頭痛は、痛みが起こる原因や対処法がそれぞれ異なります。
自分がどのタイプに当てはまるのかを把握し、痛みの早期解決に役立てましょう。

片頭痛

頭の片側がズキズキ痛む

頭の片側もしくは全体、目の裏側などでズキンズキンとしたリズミカルな痛みが起こります。

1ヵ月に1回~数回繰り返し、痛みは数時間~72時間も続くことがあります。
身体を動かすと痛みが悪化する・吐き気を伴う・普段は気にならない光や音が不快に感じるといった症状が特徴です。

重症化すると市販の鎮痛剤が効きにくく、痛み止めの乱用や依存に陥るリスクがあります。

緊張型頭痛

頭が締めつけれる

デスクワークやスマホの見すぎといった身体的負荷のほか、緊張や不安などの精神的なストレスによる筋肉の硬直が原因です。

頭や首、肩の筋肉が緊張することで血流が悪化し、筋肉内に蓄積した老廃物が周囲の神経を刺激することで痛みが発生。

生活を阻害するほどの頭痛ではないものの、頭部をギューっと締めつけるような痛みが数十分~1週間ほど続きます。

群発頭痛

目の奥がえぐられる痛み

一定の期間に集中して起こる頭痛で、発症している期間を群発期と呼びます。
20~40代男性に多くみられ、アルコールや狭心症治療薬によって誘発すると考えられていますが明確な原因はわかっていません。

目の奥でえぐられるような激しい痛みが起こり、目の充血や涙、鼻づまりなども併発。
じっとしていられないくらいの激痛が、群発期にほぼ毎日起こります。

片頭痛は30~40代女性に起こりやすい頭痛です

片頭痛有病率

男女で片頭痛の有病率を比較してみると、圧倒的に女性の方が多いことがわかります。

卵胞ホルモン・エストロゲンの増減が片頭痛の原因に関わっているため、定期的にホルモンバランスが変化する女性の方が発症しやすくなるのです。
とくにエストロゲンが減少する月経2日前~3日目は、強い痛みが起こりやすく日常生活に支障をきたす場合もあります。

50代以降の女性で有病率が減少するのは、閉経によってホルモン量の変動を繰り返すことがなくなるため。
しかし更年期によって片頭痛を発症するケースもあるほか、ストレスや飲酒なども原因となるので一概には言えません。

片頭痛の悪化を防ぎ、QOLの維持・向上を目指しましょう

片頭痛には

✔ 根本的な治療法が解明されていない
✔ 周期的に痛みが起こる
✔ 痛みや吐き気で日常生活がままならなくなる

など、困った特徴があります。

発症すると横になっているしかないほどの痛みに襲われ、仕事をこなしたり遊びに出掛けたりといった普段通りの生活ができなくなります。

「あの痛みが起こったらどうしよう」といった不安を抱え続ける状態も、大きなストレスへ発展。
片頭痛は「たかが頭痛」と捉えられがちですが、QOL(生活の質)に重大な影響をおよぼす疾患なのです。

悪化すると、高血圧や糖尿病よりもQOLを下げるといわれています。(※頭痛学会ガイドラインより)
片頭痛をもとから治療することは難しく、対症療法によって痛みを和らげることしかできません。

・痛みを感じたらすぐに薬を飲む
・前兆症状に気づいたら薬を飲む
・誘発要因を排除する

といった方法で、痛みにとらわれることなく普段通りの生活を送れるよう心がけましょう。

ほかの病気と共存しやすい

片頭痛は、ほかの病気と共存しやすい面を持っています。(ほかの疾患を共存症と呼びます)

共存症はたまたま発症している場合があれば、どちらかが原因となって併発している・片頭痛と共通の原因によって発症しているケースがあります。

▶片頭痛の共存症

高血圧
心疾患
うつ病
双極性障害
不安障害
喘息
アレルギー
自己免疫不全など

片頭痛と共存症では、症状や治療法が異なります。

しかし片頭痛の治療や予防を考えるうえで、どのような共存症を持っているかは重要なポイントです。
共存症の治療が片頭痛の緩和につながることがあれば、片頭痛の予防が共存症に悪影響をおよぼすことも考えられます。

片頭痛および共存症の改善については、それぞれの症状に対する十分な理解が必要です。

過去にチェックした商品
CHECKED ITEM