更年期障害とは

背中合わせの中高年の男女

更年期は女性が閉経する前後5年、合計10年間と言われています。

そのとき、女性ホルモンであるエストロゲン分泌量の低下により、日常生活に支障をきたす症状を更年期障害というのです。

閉経の前後になると女性の体内ではエストロゲンが急激に減るため、さまざまな症状が起こりやすいといえます。

従来は女性特有の症状と考えられていましたが、最近では中年男性にも同じような症状がみられることが分かってきました。

男性も加齢とともにテストステロン(男性ホルモン)は減少するので、女性同様に更年期障害を発症する可能性があるのです。

ただし男性の更年期は40代~60代と幅広いうえに、女性ほどホルモン分泌量の低下が急激ではないため、更年期障害であることに気付かない場合も少なくありません。

更年期障害の悪化は、骨粗鬆症や脱毛・生活習慣病のリスクが高まる原因にもなるので、症状に気付いたら早めの治療をおこないましょう。

更年期障害のしくみ

女性の場合は、閉経にともない卵巣の機能が低下してエストロゲンの分泌量が急激に減ることで、身体のさまざまな部分で従来のようにうまく機能しなくなってしまいます。

そうすると、脳はエストロゲンの低下を察知して分泌の指令を出しますが、十分ではないためホルモンバランスとともに自律神経の乱れを引き起こすのです。

このような変化によって心身の不調が起こりやすくなり、日常生活にまで影響を及ぼしてしまうようになります。

男性の場合は、LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)とも呼ばれていて、テストステロンの低下が関係しています。

そしてホルモン分泌の低下が、ホルモンバランスや自律神経の乱れにつながるしくみは女性と同じです。

ただ女性のように急激な変化はありませんが、職場や生活環境などでの過剰なストレスが加わりホルモン分泌量の低下が増すと、心身の悩みを引き起こしやすくなります。

そもそも更年期ってなに?

男性と女性それぞれのホルモン分泌の移り変わり

私たち人間は、成長とともに身体の状態も変化していきます。

このとき小児(幼少)期→思春期→成熟期→更年期→老年期という時期に分けられるのです。

なかでも小児期~思春期にかけては、男性はより男性らしくそして女性はより女性らしく成長するために体内でのホルモン分泌が増加していきます。

そして、20歳頃にピークを迎えると男性は活発な精子を多く作り出しやすくなるのです。

また女性は、成熟期となる20歳~45歳頃の時期にホルモン量が安定するため、妊娠・出産が適しているといえます。

その時期が過ぎれば更年期へとさしかかり、ホルモンの分泌量は低下するのです。

すると男性は活発で多くの精子が作りにくくなり、女性は妊娠が難しい状態へと変化して老年期を迎えます。

更年期と更年期障害は違う

更年期は成熟期から老年期への準備期間といえる時期であり、体内でさまざまな変化が起きます。

このとき身体や脳が急な変化についていけなくなると、不調を引き起こしてしまうのです。

現在では更年期の症状を総称して一般的に更年期障害と呼ぶことも増えていますが、正しくは日常生活に支障をきたすほど悪化した更年期の症状をさします。

つまり、更年期障害は早めの治療が必要といえるのです。

更年期障害になりやすい人とは?

更年期障害を発症しやすい人の特徴

男性・女性ともに更年期と呼ばれる時期はホルモンの分泌量が低下しやすいので、更年期障害を発症する確率は高くなってしまうでしょう。

しかし、全ての人が発症するわけではありません。

実は責任感が強くて真面目であったり、几帳面・神経質・負けず嫌いな人、または仕事ができる人は特に注意が必要なのです。

職場などでの立場や普段の性格からストレスを抱えやすい場合は、それが更年期障害の原因につながる可能性があります。

更年期障害を防いで心身の健康を保つ

ホルモン量の分泌低下は加齢によって起こる仕方のないことですが、急激な変化は心や身体への影響も及ぼしてしまうのです。

また、ときどき不調を感じる程度で軽い更年期の症状で済む場合もあれば、日常生活がままならない辛い更年期障害を発症する場合があります。

症状が悪化すると治療にも時間を要してしまうことになるので、なるべく早いタイミングでの対処がおすすめです。

過去にチェックした商品
CHECKED ITEM