男性更年期障害の治療法

腕を組んでいる男性の後ろ姿と更年期障害治療法の文字

加齢によって引き起こされる症状に似ていることから、発症に気付きにくい男性更年期障害(LOH症候群)

症状の悪化がすすめば、活力や精力の低下・EDのほか脱毛や生活習慣病の発症リスクが高まる可能性もあるため、なるべく早い段階での治療がおすすめです。

どのような治療法があり、症状改善のためにできることも紹介していきます。

薬物療法での治療が基本

LOH症候群を発症した場合、男性ホルモン療法(筋肉注射や軟膏)や漢方・抗うつ剤や抗不安薬の服用など、さまざまな薬物での治療をおこなうことが一般的です。

男性ホルモン療法は、テストステロンを直接体内に摂り入れることで、ホルモンバランスを整えて諸症状を改善します。

ただし辛い症状があらわれている場合は、症状自体を緩和させるために漢方薬などの併用も可能です。

特に不安感やうつといった精神神経症状は、日常生活に大きな支障をきたしやすいため、抗うつ剤や抗不安薬での治療が必要となる場合も少なくありません。

男性更年期症状は、ホルモン分泌量がピークとなる20歳代を過ぎると、徐々に低下し若い世代でも発症する可能性があるので、思い当たる症状があれば男性ホルモン剤を服用するなど早めに治療をおこなうようにしましょう。

ED治療薬が用いられる場合もある

テーブルの上に転がる治療薬

症状が悪化するとEDの発症リスクが高くなるため、ED治療薬が男性更年期障害の治療に用いられることもあります。

PDE5阻害薬とも呼ばれるED治療薬(バイアグラなど)によって、男性器への血行を促進・性的刺激を受ければ勃起を助けて、維持させるのです。

この働きがうつや不安の軽減・テストステロンの増加につながる場合もあります。

ホルモン補充療法のような直接的な作用はありませんが、EDが改善されて気持ちの向上とともに活力もアップすることで、男性更年期症状の改善に対する良い循環が体内で起こりやすくなるのです。

生活習慣の改善で症状軽減を目指す

男性ホルモンの分泌量低下によって引き起こされる男性の更年期障害は、女性と同じように生活習慣が大きく関係しています。

それは睡眠や食事・運動量が影響していて特に睡眠を十分とれるようになると、ストレス解消や疲労回復にもつながるようになるのです。

そして脳への疲労も解消できれば、やる気の低下や精神的に落ち込んでしまうことも防げます。

このように睡眠は、心身の疲れを解消するためには欠かせない重要な生活習慣のひとつです。

日頃から睡眠不足を感じている場合は、早寝早起きを意識するなど睡眠時間の見直しと改善をする必要があります。

男性ホルモンの分泌を促す食事を摂る

男性ホルモン分泌を促すいろいろな食品

食事から直接テストステロンを摂取することはできませんが、体内での産生を促進させる食べ物があります。

それは、ニンニクやタマネギ・ガーリックステーキ・カツオのたたきなどです。

また補助の役割をもつ亜鉛には、牡蠣や魚介類・海藻類・レバー・ナッツ類などがあり、ビタミンCと一緒に摂るとより吸収率はアップします。

そして肉や卵・乳製品などのタンパク質のほか、脂質も適度に摂ることがおすすめです。

それぞれ摂りすぎはよくありませんが、バランスの良い食事を意識したうえでテストステロンの生成を高める作用をもつ食事や食品を摂り入れるといいでしょう。

運動量を増やす

男性ホルモンであるテストステロンは、運動をすることで体内での生成量増加につながります。

このとき、脳や身体への刺激・血行促進の働きが起こっているのです。

また運動後に感じる疲れは、眠りにつきやすくする働きもあります。

さらには汗をかくことやスポーツをすること、同じように運動好きな人と集まる、などの行動からストレスの解消にもなるのです。

運動量を増やすことは、テストステロンの分泌量低下を防ぐとともに良い影響を身体に与えて結果的にはテストステロンの分泌量を増やすことに大きく役立ってくれます。

ストレスを溜めないことが一番の治療

両手を広げている男性の後ろ姿

男性更年期障害の治療において、薬物治療をおこないながら生活習慣の見直しや改善をおこなう必要がありますが、なかでも一番の治療はストレスを軽減・解消して溜めすぎないことです。

男性の場合は、女性とは違いホルモン分泌量が急激に減ることは少ないといえます。

しかし多大なストレスによって、ホルモン量が一気に減ると男性更年期障害を発症しやすくなるため、心身のストレスを抱え過ぎないようケアすることが大切なのです。

そのためにも、バランスの良い食事とともにホルモン分泌を促す食品を摂り入れ、十分な睡眠・適度な運動をおこなう生活習慣を送りましょう。

過去にチェックした商品
CHECKED ITEM