レビトラとは

レビトラとは世界で2番目に開発・販売されたED治療薬になります。

世界で初めて開発・販売されたバイアグラの衝撃が強すぎるあまり、ED治療薬を知らない人でも知っているような高い認知度は無いものの、その認知度と効果の善し悪しは比例関係にありません。

つまり、レビトラの効果が悪いあまり認知度が低い訳ではないということです。

実際、バイアグラの次に開発されたことにより、食事の影響にも耐性がつき影響を受けづらくなっていますし、何より効果が発症するまでが早く、「レビトラは服用してすぐに効果を実感することができる」と言われるほど、即効性の高いED治療薬としての地位を確立しています。

効果に関してもバイアグラに引けを取らないほど強く、副作用も同等といったところでしょう。

ED治療薬で唯一PE(早漏)にも、多少の効果が見込めるといった報告もあります。

レビトラの歴史

レビトラの特徴

レビトラは、2003年にドイツの製薬会社であるバイエル社により製造販売が始まりました。

世界で2番目に販売されてこともあって、「食事の影響を受ける」バイアグラの欠点を補強し食事の影響を受けにくい」ED治療薬になっています。

また、製造・販売はバイエル社一社になりますが、研究は3社共同(バイエル、グラクソ・スミスクライン、シェリング・プラウ)で開発が進められていました。

また、レビトラには名称やそのイラストにもちゃんとした意味があります。

商品の名称は「LEVITRA」となります。

フランス語で「Le」は男性名詞に使う定冠詞であり、「Vitra」はラテン語で生命という意味を持っています。

これらの2つの言葉を掛け合わせた「LeVitra」は男性の生命と訳することできます。

【男性の生命=男性しか持っていないもの=男性器】

フランス語で男性器の事をle ziziy・le pénisと言います。

また、レビトラにデザインされているイラストはマッチの炎になるようです。

「マッチをこすればすぐに炎をつけることができる。」とは、「レビトラを服用してペニスをこすればすぐに勃起できる。」という意味を比喩しており、レビトラの即効性と効果の強さを示すイラストでもあるようです。

レビトラの効果

レビトラもED治療薬の中の1つであることから、勃起に不安を持っているED患者の勃起を補助する効果を持っています。

基本的のEDになってしまう原因は沢山あるのですが、勃起に必要な過程は根本的に同じになります。

つまり大量の血液が必要であり、そのために血管を拡張しなければならなく、陰茎に送られてきた大量の血液を海綿体に溜めこむという過程を経て勃起するということです。

と言うことは、この過程は勃起する為には必ず必要であり、EDになってしまうすべての原因は、この過程に支障があるか、この過程に辿り着けていないかと言うことになるのです。

レビトラもこの血管周辺に影響を与える効果があるのです。

また、レビトラには射精をコントロールできない早漏にも効果があるとされていますが、その報告は一部の方だけであり、明確な理由も解明されていません。

バルデナフィルとは

一般名はバルデナフィル塩酸塩水和物、欧名はVardenafil Hydrochloride Hydrate, Vardenafil。

バルデナフィルとはレビトラに含まれるED治療に効果のある有効成分になります。

レビトラはバイアグラと全く異なるバルデナフィルを主成分としているため、バイアグラが使用出来ない人でも使用可能というケースも少なくありません。

有効成分のバルデナフィルはシルデナフィルと非常に似通った形状の成分ですが、大きく違うのは吸収率が高く素早く体内に吸収されると言う点です。

これはバルデナフィルが水やエタノールにやや溶けやすい性質が関係しています。

この性質はバルデナフィル独自のものであり、他のED治療薬の有効成分は溶けにくい作りになっています。

他のED治療薬の有効成分と同様に、ホスホジエステラーゼ5阻害薬という別名をもち、血流を良くする作用を持っています。

処方箋医薬品であり、医師の処方せんがなければ使用することができません。

レビトラの効果や副作用、その発症確率や併用禁忌ジェネリック薬など、すべてバルデナフィルにより作用されます。

効果の発症時間と持続時間

レビトラの有効成分の血中濃度の移り変わり

レビトラの効果が発症するまでに時間は、他のED治療薬比べても早く約15~30分で実感できると言われており、持続時間はバルデナフィルの配分量に差が出るものの10mgで約5~6時間、20mgで約8~10時間となっています。

レビトラに含まれるバルデナフィルは、水やエタノールのやや溶けやすい性質を持っており、その性質がレビトラの即効性に繋がっているようです。

持続時間とは身体に成分が残っている状態になりますが、その成分は徐々に代謝や排泄により体内から少なくなっていきます。

また、薬には半減期という体内に成分が残っていても効果は一気に弱っていく特徴があります。

そのため持続時間は成分が体内に残っている時間であり、強い効果を実感できる時間ではありません

つまり、持続時間が長くても、その半減期が早く来てしまうと成分は体内に残っていても、効果を実感することが難しくなってしまいます。

バイアグラ10㎎の場合、服用してから3時間程度、20mgの場合は5時間程度で、効果は一気に半減し、実感しにくくなります。

レビトラの副作用

レビトラの主な副作用

    ・ほてり
    ・頭痛
    ・鼻づまり
    ・消化不良
    ・めまい
    ・腹痛
    ・不眠症
    ・下痢
    ・動悸
    ・視覚障害
    ・目の充血
    Etc.

上記がレビトラの主な副作用になります。

レビトラに含まれるバルデナフィルとバイアグラに含まれるシルデナフィルは、成分自体が似通っているため副作用の症状も同じようなものが発症します。

副作用の症状は一つだけ起きるわけでは無く、人によっては複数の副作用が同時多発的に発症することも少なくありませんし、めまいが酷くて立てない、動悸がして息苦しいと言った重い症状になる場合もあります。

    ・顔面浮腫
    ・低血圧
    ・失神
    ・射精障害
    ・心筋梗塞
    ・狭心症
    ・緑内障
    Etc.

レビトラを服用するすべての方に、上記のような重度の副作用を発症する可能性は十分にありますが、重度な副作用の報告は稀になります。

副作用は効果と同様に発症し収まります。

レビトラはバイアグラ同様に副作用が発症しやすいことからも、服用する際にはしっかりと副作用の確認をする必要があるでしょう。

レビトラの服用方法

レビトラの服用方法

日本国内ではバルデナフィルの含有量5・10・20㎎と3つのタイプが処方されていますが、レビトラの最大推奨量は1日1錠(最大20mg)までになります。

基本10mg1錠を推奨しており、状況に合わせて5㎎に減少したり、20mgに増量してもよい。

65歳以上の高齢者の男性は5㎎を基準として服用し、最大10㎎を推奨します。

服用間隔は最低でも24時間空けてください。

主な服用方法はバイアグラと変わらず、コップ一杯の水又はぬるま湯で服用ください。

お茶や清涼飲料水(ジュース)・コーヒーなど服用しても問題はありません。

また、バイアグラは食事の影響を受けにくい作りになっているため、脂肪分を含む牛乳と服用してもほとんど問題は無いが、絶対は無い為できる限り控えるべきでしょう。

もちろん、グレープフルーツジュースとの相性は良くありません。

    ○水
    ○ぬるま湯
    ○お茶
    ○清涼飲料水(ジュース)
    ○コーヒー
    △お酒(アルコール)
    △牛乳
    ×グレープフルーツジュース

もっとも効果的な服用タイミングは?

性行為の約30分~1時間前の服用が、レビトラの効果を最大限得ることができる服用タイミングになります。

レビトラの効果が最大限発揮するのは、有効成分であるシルデナフィルの血中濃度が最大値であるときであり、その時間は服用してから約30分~1時間前後となるからです。

効果発症時間や効果の強さには個人差があります。

レビトラの注意点

ED治療薬として分類されるレビトラも同様にグレープフルーツとの相性は良くありません。

グレープフルーツの果実本体だけでなくグレープフルーツ類の飲み物や食べ物(ゼリーなど)、その他の柑橘類にも注意しましょう。

また、レビトラは食事の影響を受けにくい(食事の有無に関わらず服用することができる)のですが、できる限り食後(空腹時以外)の服用はさけるようにしましょう。

食事の影響を受けにくいとはいえ、受けない訳ではありませんので注意が必要です。

また、アルコールとの服用にも注意が必要です。

アルコールの取り過ぎはEDを助長させてしまいますので、取り過ぎには注意しましょう。

レビトラを服用してはいけない方

    ・レビトラに対してアレルギー反応があった方
    ・併用禁忌薬を投薬中の方
    ・重度の肝機能障害がある方
    ・心血管系障害があり、性行為が不適当と考えられる方
    ・最近6カ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴のある方
    ・血液透析が必要な腎障害の方

レビトラの併用禁忌

こちらではレビトラの併用禁忌薬(一緒に使ってはいけない薬)の紹介します。

レビトラはED治療薬の中でも多くの併用禁忌薬がありますので、レビトラの服用を考えているが、常時服用している薬が併用禁忌薬に属していないか気になる方は自己判断をせず、医師に相談することをオススメします。

    併用禁忌

    ・硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン・亜硝酸アミル・硝酸イソソルビド・ニコランジルなど)
    ・リオシグアト
    ・アデムパス
    ・CYP3A4を阻害する薬剤
    ・リトナピル
    ・ノービア
    ・インジナビル
    ・クリキシバン
    ・アタザナビル
    ・レイアタッツ
    ・サキナビルメシル酸塩
    ・プリジスタ
    ・ダルナビル
    ・ヴィキラックス
    ・カレトラ
    ・オムビタスビル-パリタプレビル-リトナビル
    ・ロピナビル-リトナビル
    ・レクシヴァ
    ・ホスアンプレナビル
    ・インビラーゼ
    ・テラプレビル
    ・テラビック
    ・ケトコナゾール「外用薬は除く」
    ・イトラコナゾール
    ・イトリゾール
    ・コビシスタットを含有する製剤
    ・スタリビルド
    ・クラスIA抗不整脈薬(キニジン・プロカインアミド等)
    ・クラスIII抗不整脈薬(アミオダロン・ソタロール等)

    併用注意

    ・CYP3A4を阻害する薬剤
    ・マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン等)
    ・ビカルタミド
    ・CYP3A4を誘導する薬剤(リファンピシン等)
    ・カルペリチド
    ・α遮断薬(テラゾシン・タムソロシン等)

併用禁忌薬や併用注意薬のほとんどがCYP3A4阻害によるクリアランスが減少する為になります。

クリアランスとは腎臓等による排泄能力を表すものになります。

排泄能力が減少することで、体内の有効成分が通常よりも長く残るため、血中濃度が上がり副作用の発症リスクが上昇する恐れがあります。

レビトラのジェネリック薬

さまざまなレビトラのジェネリック医薬品

有効成分である「バルデナフィル」を配合したレビトラと同等の効果があると認められたED治療薬であり、レビトラよりも安価に購入することができます。

日本国内ではレビトラの特許が継続中のため、厚生労働省から認可をえた国内生産のレビトラジェネリックは存在しません。

しかし、インド特有の特許制度によりインド国内であれば合法でレビトラジェネリックを販売・製造することができます

そのため、現在レビトラジェネリックは海外の医療薬となるため、当方お悩み宅急便のような個人輸入代行サイトからでないと手に入れることができません。

  • レビスマ
  • バルデナフィル20mg配合×4錠・20錠・40錠
    レビトラと同じ錠剤タイプのED治療薬になります。
    インドの大手製薬会社スマート社が製造・販売しているED治療薬ジェネリックになります。
    製品の開発初期から現地の日本人が関わっていたり、商品名が日本語表記されていたりと、日本人向けに作られている薬になりなります。

  • ジュビトラ
  • バルデナフィル20mg・40㎎・60㎎配合×10錠・30錠
    レビトラと同じ錠剤タイプであるが、1セット4錠ではなく10錠1セットとお得に購入できるレビトラジェネリック薬になります。
    製造・販売はサンライズレメディ社であり、こちらもインド大手の製薬会社であり多くのジェネリック薬を手掛けています。

  • バリフゼリー
  • バルデナフィル20mg配合×7包・21包・35包
    こちらのバリフゼリーは名称にもあるようにゼリータイプのED治療薬になります。
    ゼリータイプの治療薬は、水などを必要とせず単体で服用することができる上、液体状に近いことから、身体に吸収されるのが早くより即効性に期待できる薬になります。
    また、錠剤が苦手という方にも愛用されています。
    製造・販売はインドの製薬会社アジャンタファーマ社であり、世界40カ国以上に多くの医療薬を届けている会社になります。

  • シルビトラ
  • シルデナフィル100㎎+バルデナフィル20mg配合×10錠・30錠・50錠
    シルビトラは多くのレビトラジェネリック薬と違い、レビトラの有効成分だけでなくバイアグラの有効成分の2つの有効成分を含んだジェネリック薬になります。
    2つの有効成分を含むため、比較的効果が強くなっていますが、その分副作用も懸念されます。

    せっかちな人にこそレビトラタイプ!

    レビトラはバイアグラと違い食事の影響を受けにくくなっているため、少しの食事であれば効果を発揮できる確率は非常に高いです。

    即効性が優れているレビトラは、他のED治療薬のように服用してから何時間も待たないといけないということも少なく、早い人では服用後15分で効果を実感する人もいるようです。(空腹時)

    また、多少なり早漏へ予防の効果も期待できる薬でもあり利点は多いです。

    ED治療薬を服用した後の待ち時間のつぶし方が苦手な方、又は嫌な方、服用後できる限り早く効果を実感したい方などはレビトラの服用をオススメします。

    ※レビトラを服用することで必ずしもED改善効果があるわけではありません。

    薬には個人差がありますので、人により効果の効きが悪かったり、副作用が強く出たりします。

    物理的に血管を損傷したという場合にはレビトラを使用してもEDを解消することが出来ない場合もあります。

    過去にチェックした商品

    CHECKED ITEM