シアリスとは

ED治療薬の中でもシアリスは、ダントツで効果の持続時間が長く、身体にゆっくり吸収される為、緩やかに効果を得ることができ、副作用の発症率も低く効果も弱いのが特徴です。

この特徴がある為、ED治療薬を初めて使う初心者でも使いやすく、また若者層にも人気となっています。

先に開発されたレビトラがバイアグラの欠点を補う為に開発された為、同様にシアリスも先に開発された2つのED治療薬の欠点を補う為に開発された薬と思っている方は多いでしょう。

しかし、結果的にその特徴が欠点を補う形になっただけであり、実際は薬のコンセプトを変えた新しいED治療薬になるのです。

シアリスは今までの2つのED治療薬のように、「効果が強ければいい」という薬単体の力にこだわらず、「自然な勃起を得られる」「最大36時間の長時間作用により時間的プレッシャーを感じない、服用タイミングを選ばない」「副作用の発症率が今までのED治療薬の中でもダントツに低い」といった使い勝手のいい実用性の高いED治療薬になります。

それだけではなく、他のED治療薬と比べても圧倒的に食事の影響で効果が左右されにくいことも、シェア率がバイアグラを抜いて1位になるほどの人気を占める要因になります。

このように世界では知名度の高いシアリスですが、日本での知名度はまだまだ低いため、これからシアリスの認知度が高まれば、シェア率はまだまだ上がりそうです。

シアリスの歴史

シアリスの特徴

シアリスは世界で初めて販売されたバイアグラから遅れること約10年の時を経て、世界で3番目のED治療薬として販売されました。

それまでのED治療薬(先発薬に限る)と言えば、バイアグラとレビトラの2つしかなく、この2つは有効成分から比較的類似しており、効果も副作用もそれほど大差はありませんでした。

大差のない理由は明白で、レビトラの開発目的がバイアグラをより使いやすくすること(効果の安定性と副作用・食事の影響などの改善)だったからです。

一方シアリスの開発目的は、レビトラをより使いやすくすることを目指していた訳でなく、実際に薬を使用する患者目線で作られたED治療薬でした。

その結果、先に開発された2つのED治療薬とは類似しすぎない有効成分を使い、先の2つにはない長時間の持続性を手に入れる事ができました。

まだシアリスが販売されていないとき、「効果自体は実感しているが、持続時間が短いため、その短さが時間制限という形でプレッシャーとなり勃起することが難しい」と報告がある服用者が目立ってきました。

そもそもEDの原因は心因的な要素も持ち合わせており、勃起という現象は些細な気持ちの変化にも左右されます。

そのため、シアリスの開発は当初からあるED治療薬の強化や補強ではなく、ED患者にとってプレッシャーを与えていた効果の持続時間の短さ(短い時間制限)からの解放を目的として開発されました。

このような過程を経て完成したシアリスは最長36時間の持続時間を備え、多くの服用者のニーズに答え、時間からのプレッシャーを解き放つことができました。

世界シェア率1位という結果が、患者のニーズに答えているという事を物語っています。

シアリスの効果

ED治療薬にカテゴライズされるシアリスは、根本的な効果は他のED治療薬と同等になります。

「勃起することが難しい」「性交時の勃起が十分ではなく、また勃起を維持することができない」等のED患者の勃起を補助することで、性行為に十分な勃起を促す効果です。

上記にも記載しておりますが、EDの原因には心因的な要素が大きく関わっています。

現在、ED患者のほとんどの原因は、この心因性だと言われています。

他のED治療薬を使い、持続性が短い事が時間制限という名のプレッシャーとなっていたED患者にも、シアリスを使うことで感じにくくなっています。

シアリスが心因性の原因にもうまく対応してはいるものの、PDE-5という酵素の働きを阻害することが本来の効果であり、それ自体に変わりはなく、他の効果がある違う成分が含まれている訳ではありません。

タダラフィルとは

一般名はタダラフィル、欧名はTadalafil。シアリスに含まれている有効成分であり、商標はシアリス・Cialisです。

タダラフィルの分子構造は、先に開発された2つの有効成分よりも、簡素化されたものとなっており、ニトログリセリンに近い構造になっています。

効果の持続時間の延長はこのシンプルさにより成り立っています。

また、先の2つの有効成分と同様に血管拡張作用を持っておりますので、肺動脈性肺高血圧症の薬として承認を受けているだけではなく、前立腺肥大症に伴う排尿障がいの薬としても承認されています。

先の2つの有効成分よりも、食事の影響で効果が左右されにくい作りになっているタダラフィルを日本で正規購入する際には、医師の診断の元提出される処方せんが必要であり、規制区分は処方箋医薬品です。

効果の発症時間と持続時間

タダラフィルの血中濃度の移り変わり

シアリスは効果が発症するまでが非常に遅く、発症時間は約1時間~3時間です。

効果が発症する時間も長くなりましたが、それと同時に効果の持続時間も大幅に長くなりました。

その持続時間は約20時間~36時間です。

シアリスの効果の発症時間と持続時間は、有効成分であるタダラフィルの血中濃度と深く関わっています。

血中濃度を見ると、5㎎でも10㎎でも20㎎でもすべて服用してから約3時間で最大値を迎え、そこからは徐々に下降ぎみになっていきます。

効果を実感できる発症時間は、タダラフィルの血中濃度が最大値になるまでの時間になります。

効果の持続時間は下降し始めてからと考え、シアリスの効果が実感できる血中濃度が約70前後になっており、タダラフィルにより多少の差があるものの20時間~36時間の間がその値であり、効果を実感できる濃度です。

シアリスの副作用

    シアリスの主な副作用

    ・頭痛
    ・潮紅
    ・ほてり
    ・消化不良
    ・背部痛
    ・筋痛
    ・鼻閉
    ・四股痛
    ・めまい
    ・動悸
    ・目の充血
    ・睡眠障害
    ・体重増加
    ・倦怠感
    Etc.

上記が主な服用になります。

他のED治療薬と同様にシアリスにも頭痛・めまい・ほてり等の副作用が発症します。

副作用が発症しますが、発症確率は非常に低くなっているのがシアリスの特徴です。

今まで服用と同時に副作用も発症してしまうのがあたりまえのED治療薬でしたが、発症確率が3割程度と抑えることができています。

また、いざ副作用が発症したとしても効果自体もそれほど強くなく、他のED治療薬よりも安心して服用することが出来ます。

シアリスの発症確率が低い理由としては、身体へ吸収されるタダラフィルが非常に緩やかである為だと考えられており、身体に余分な負担をかけずに済んでいるのです。

    ・狭心症
    ・視覚障害
    ・腎機能障害
    ・排尿困難
    ・呼吸困難
    ・心筋梗塞
    ・心臓突然死
    ・脳卒中
    ・持続勃起症
    Etc.

副作用が発症しにくく、また副作用の効果が優しくなったとはいえ、上記の重度な副作用の報告もあります。

副作用が優しくなってはいますが、シアリスにもEDを治療する効果が認められ医療用医薬品ですので、重度な副作用が発症する可能性は無いとは言えません。

シアリスの服用方法

シアリスの服用方法

成人男性には1日1回(タダラフィル10mg)を服用する事。

10mgの配合量で効果が不十分である場合は、20㎎に増量も出来ます。

しかし、1日1回の服用は守り、連続服用の際には24時間以上の間隔を空けること

シアリスを服用する際には、コップ一杯の水、又はぬるま湯での服用が望ましい。

製造メーカー発表によると、他のED治療薬と違い食事の影響(800キロカロリーまで)は受けない為、食後に服用しても効果を十分得る事が出来ます。

食事の影響、つまり脂肪分や油の影響を受けにくくなったとはいえ、できる限り食後や脂肪分を含む牛乳などでの服用は避けるべきです。

シアリスも他のED治療薬と同じくグレープフルーツとの相性は良くないです。

    ○水
    ○ぬるま湯
    ○お茶
    ○清涼飲料水(ジュース)
    ○コーヒー
    △お酒(アルコール)
    △牛乳
    ×グレープフルーツジュース

もっとも効果的な服用タイミング

性行為前の約1時間~3時間の服用が、もっとも効果的なタイミングになるでしょう。

上記の血中濃度が最大値になる時間は、もっともシアリスの効果を実感できる時間と同じです。

シアリスを効果的に服用するなら、性行為前の約1時間~3時間がいいですが、気持ちのゆとりを考えての効果的な服用タイミングなら、もっと早めに服用して良いでしょう。

効果の持続感が長い為、早めの服用でも十分シアリスの効果を得る事が出来ます。

シアリスには長時間の持続時間がある為、時間に縛られないメリットもあります。

シアリスの注意点

シアリスを服用する際に、一番注意するのはやはりグレープフルーツになります。

グレープフル―や柑橘類、それらを含むジュースやお菓子等とは、一緒に服用しないようにしましょう。

また、アルコールとの併用もできるだけ避けるべきです。

アルコールの取り過ぎはEDを助長させてしまいますので、シアリスを服用する際には取らないようにしましょう。

また上記でも記載していますが、シアリスは食事の影響を受けにくい(制限800キロカロリー)作りになっているとはいえ、できるだけ空腹時の状態で服用する事が望ましいです。

シアリスを服用してはいけない方

    ・シアリスに対してアレルギー反応があった方
    ・併用禁忌薬を投薬中の方
    ・重度の肝機能障害のある方
    ・最近6カ月以内に脳梗塞・脳出血の既往歴がある方
    ・不安定狭心症のある方
    ・性交中に狭心症を発現したことのある方
    ・コントロール不良の不整脈、低血圧、高血圧のある方
    ・網膜色素変性症の方

シアリスの併用禁忌

シアリスはED治療に効果的であるがゆえに、特定の他の薬と併用して使用すると命を落としてしまうほどの危険もある薬になります。

危険もありますが、正しく使用することで安全性が認められている薬でもありますので、こちらではシアリスの併用禁忌薬と併用注意薬を確認しておきましょう。

    併用禁忌

    ・硝酸及びNO供与剤
    ・ニトログリセリン
    ・亜硝酸アミル
    ・硝酸イソソルビド
    ・sGC刺激剤
    ・リオシグアト(アデムパス)

    併用注意

    ・CYP3A4阻害薬
    ・ケトナコナゾール
    ・イトラコナゾール
    ・クラリスロマイシン
    ・テラプレビル
    ・グレープフルーツジュース等
    ・HIVプロテアーゼ阻害剤
    ・リトナビル
    ・インジナビル
    ・サキナビル
    ・ダルナビル
    ・CYP3A4誘導薬
    ・リファンピシン
    ・フェニトイン
    ・フェノバルビタール
    ・α遮断剤
    ・ドキサゾシンン
    ・テラゾシン
    ・降圧剤
    ・アムロジピン
    ・メトプロロール
    ・エナラプリル
    ・カンデサルタン
    ・カルペリチド
    Etc.

併用禁忌はもちろんのこと、併用注意にも気をつけるようにしましょう。

併用注意の成分は、シアリスの成分と相互作用を起こし過剰に効果を発揮してしまいます。

特に成分の排泄機能に問題が起こる場合や、降圧作用の増強などの恐れがあります。

上記以外でも気になる薬を服用している場合には、自己判断はせず医師の相談の元、使用するようにしましょう。

シアリスのジェネリック薬

いろいろなシアリスジェネリック薬

有効成分である「タダラフィル」を配合しており、同等の効果があるED治療薬です。

シアリスと同等でありながらも安価に購入ができるのが、ジェネリック薬のメリットです。

日本国内での特許が継続中ですので、国内生産のシアリスのジェネリック薬は存在していませんが、インドでは合法で製造・販売が可能です。

※お悩み宅急便の多くのお薬も、インドに本社を置く製薬会社によるものです。

もともとバイアグラよりも相場価格が高値である為、シアリスジェネリック薬も同様にバイアグラジェネリック薬より少し高い価格設定になっています。

  • シアスマ
  • (タダラフィル20mg配合×4錠・20錠・40錠)
    インド産の薬になりますが、商品表示も日本語が使われており、シアリスジェネリック薬の中でも一番日本人向けに作られています。
    大手製薬会社スマート製造のシアリスジェネリック薬になります。

  • タダリフト
  • (タダラフィル20mg配合×4錠・20錠・40錠)
    バイアグラを製造していることでも有名な大手製薬会社であるPfizer(ファザー社)が販売しているシアリスジェネリック薬です。
    世界的にみても大手となる製薬会社である為、タダリフトの品質に関しても信頼度は高いです。

  • メガリス
  • (タダラフィル10mg・20mg配合×4錠・20錠・40錠)
    シアリスジェネリック薬では珍しく、少ない分量の10mg配合を販売しています。
    大抵の男性は20mgを使うのですが、20㎎が強く感じが場合には、こちらの10㎎配合でも十分でしょう。

  • タダライズ
  • (タダラフィル20mg・40mg配合×10錠・50錠・100錠)
    タダライズはタダラフィル40mg配合と、シアリスジェネリック薬で最も多いタダラフィルを配合しています。

  • アプカリスSXオーラルゼリー
  • (タダラフィル20mg配合×7包・35包・70包)
    ゼリータイプのシアリスジェネリック薬になります。
    ゼリータイプは錠剤タイプよりも身体への吸収が早く、他のシアリスジェネリック薬よりも多少早めに効果を実感できる薬です。

  • シアリスODフィルム
  • (タダラフィル10mg・20㎎配合×10シート・20シート・30シート)
    シートタイプになっており、水なしで服用できるシアリスジェネリック薬になります。
    舌の上でシートを溶かすだけで効果を得られる為、錠剤が苦手な方にも人気があるだけでなく、商品自体が薄い為携帯にも便利な所が人気の秘密です。

    使い勝手で選ぶならシアリスタイプ

    他のED治療薬と比べると、シアリスは食事の影響を受けにくく、効果の持続時間も長い為、障害になる事柄が少ないです。

    間違って食事をしてしまった時でも、シアリスだから可能である時もありますし、持続時間が最長36時間も続く為、制限時間に追われるプレッシャーともおさらばできます。

    いつもより早めに服用するなど、その持続時間を大胆に利用する服用者も増えています。

    持続時間が延びたことで実用性と便利度が増し、緩やかに効果を発揮するので、身体に負担がかかりにくく副作用も発症しにくい為、ED治療初心者にも使いやすいと思います。

    時間に縛られたくない方や、もっと楽にED治療薬を使いたい方は、シアリスタイプがオススメです。

    ※シアリスを服用することで必ずしもED改善効果があるわけではありません。

    薬には個人差がありますので、人によっては効果の効きが弱かったり、副作用が強く出たりします。

    シアリスタイプをお考えの場合は、医師の指導のもと使用する事をオススメします。

    過去にチェックした商品

    CHECKED ITEM