育毛を助けるシャンプー

育毛シャンプーについて

「髪のボリュームが減ってきた」「髪にコシやツヤを与えたい」など、髪に対する悩みが出てきたら、使っているシャンプーの見直しを検討してみましょう。

シャンプーには直接的な育毛・発毛効果があるわけではありませんが、健康な髪が育ちやすい頭皮環境整えて髪の成長をサポートし、頭皮のトラブルを予防する役割があります。

シャンプー選びのポイント

シャンプーは界面活性剤の種類によって、大きく3つのタイプに分けられます。

メリット デメリット
石油系 洗浄力が強い
比較的安価で購入できる
頭皮や髪にダメージを与えやすい
石けん系 洗浄力が強い 髪がきしみやすい
アミノ酸系 低刺激で頭皮や髪へのダメージが少ない
保湿成分がある
価格が高い
カビが生えやすい

健康で丈夫な髪を目指すためには、頭皮にいい影響を与えてくれるシャンプーが必要です。
洗浄力が強過ぎると皮脂を過剰に洗い流してしまって頭皮を保護できず、乾燥によってフケやかゆみ、湿疹などの肌トラブルが起こりやすくなります。

育毛を目的とする場合は、低刺激なアミノ酸系のシャンプーがおススメです。
またアミノ酸系と並んで、ベタイン系・グルコシド系と呼ばれる成分も低刺激シャンプーの代表格。
シャンプーを構成している洗浄成分は配合量が多い順に記載されているので、購入前に確認してみましょう。

【界面活性剤の種類】

アミノ酸系 ココイルグルタミン酸Na、ココイルタウリンNa、
ラウロイルメチルアラニン酸Na、ラウロイルアスパラギン酸Naなど
ベタイン系 コカイドプロビルベタイン
ココアン赤酢酸Na など
グルコシド系 デシルグルコシド
ラウリルグルコシド など

 

【添加物の量】
添加物が悪いわけではありませんが、敏感肌やアレルギー体質の人には大きな刺激となってしまうため注意が必要です。
なるべくなら添加物が少ない、もしくは無添加のシャンプーを選ぶと安心です。

防腐剤 パラベン、メチルパラベン
合成ポリマー ジメチコン、メチコン、トリシロキサン
鉱物油 パラフィン
香料 安息香酸Na

多くのシャンプーにはこれらの添加物が使用されており、無添加のシャンプーに変えると慣れないうちは使い心地が悪く感じるかもしれません。
しかし使い続けることで頭皮がもつ本来の力を働かせることができ、健康な髪を目指すことができます。

正しい洗髪方法

シャンプー選びとともに重要なのが、頭や髪の洗い方です。
頭皮や髪を傷つけることなく汚れを落とし、シャンプーやリンスのすすぎ残しがないよう十分にすすぐことが大切です。

正しい髪の洗い方

洗ったあとは、しっかりと乾かすことも忘れてはいけません。
水分が残っていると髪がダメージを受けやすくなるだけでなく、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなりターンオーバーを阻害してしまいます。

・タオルドライの際は、髪をゴシゴシぬぐうのではなく頭皮をふき取るように
・ドライヤーの温度は低めに
・ドライヤーは、頭から20センチ以上離して動かしながら使う

 

育毛を助けるサプリメント

育毛をサポートするサプリメント

髪や頭皮に対する直接的なケアだけではなく、サプリメントを摂取することで身体の中から髪の育成をサポートすることができます。

食事だけでは不足しがちな栄養素を積極的に補給することで、髪の成長促進が期待できます。

【サプリメントのメリット】
食事から必要な栄養をバランスよく摂取することは難しく、カロリーが気になることもありますが、サプリメントなら手軽に効率よく必要な成分を補給することができます。
また副作用の心配がほとんどないので、継続服用も安心です。

【サプリメントのデメリット】
サプリメントは健康食品に分類されていて、AGA治療薬のような即効性や確実性を求めることはできません。
あくまでも不足している栄養素の補助と考え、バランスのよい食事や十分な睡眠といった規則正しい生活を送ることが大切です。

血行促進

頭皮の血流を促すことで毛母細胞に栄養が運ばれやすくし、細胞分裂を活性化させて髪の育成をサポートします。

イソフラボン
カプサイシン
ジンセノサイド(ニンジンエキス) など

髪の生成

髪の80%はケラチンというたんぱく質でできています。
ケラチンの生成を促すことで、健康な髪の育成を目指します。

シスチン(アミノ酸)
Lリジン
ミレットエキス
亜鉛 など

ホルモンバランスを整える

抜け毛の原因のひとつとして、男性ホルモンの過剰分泌が挙げられます。
女性ホルモンのバランスを整える、男性ホルモンを抑えるといった作用が期待できる成分を摂ることで、抜け毛の予防を助けます。

イソフラボン
ノコギリヤシ

育毛関連商品についてよくある質問

Q:育毛シャンプーと薬用シャンプーは違いますか?薄毛対策にはどちらが効果的でしょうか。

A:一般的なシャンプーは化粧品と同じ分類ですが、薬用シャンプーは医薬部外品(化粧品よりは効果が期待できるが、医薬品ほど強い作用はない)に区分されています。
殺菌・抗菌・抗真菌や皮脂分泌抑制作用をもつ成分を配合していて、フケやかゆみ、湿疹といった頭皮トラブルの予防・改善に効果が期待できます。
また育毛シャンプーを使用したから髪が生えるということではなく、健康な髪を育てるための頭皮環境を目指すシャンプーと捉えた方がいいでしょう。

Q:頭を洗うと髪がどんどん抜ける気がしますが・・・シャンプーは毎日した方がいいですか?

A:個人差や季節にもよりますが、一般的な抜け毛の量は1日数十本~250本ほどだと言われています。
もっとも抜けるのは洗髪時なので髪を洗うと不安に感じるかもしれませんが、1日1度は洗髪することをおすすめします。
汚れが残っていると頭皮環境が悪くなり、健康な髪の育成を阻害してしまいます。日中に分泌された皮脂や外からのホコリ、整髪料による汚れを落として就寝するよう心がけましょう。

Q:少しでも早く髪を増やしたい!育毛サプリメントとAGA治療薬は併用できますか?

A:フィナステリドやミノキシジルといったAGA治療薬は育毛・発毛効果が認められている医薬品です。サプリメントで栄養を補うことで、育毛環境を整えるサポートができるでしょう。
しかし医薬品には副作用や併用禁忌薬も指定されているので、どのような栄養素を補うべきなのか、避けたほうがよい成分はあるのかを事前に確認してください。
併用禁忌ではありませんが、ミノキシジルと血行促進作用が期待できる成分は併用を避けておくのがベター。血圧低下を招くおそれがあります。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM