女性用育毛剤とは

女性の薄毛や抜け毛のなかで多くみられるのが、びまん性脱毛症です。

びまん=一面に広がるという意味で、生えていた毛がなくなっていく症状が頭部全体に広がってしまうのが特徴。

□ 髪のボリュームが減っている気がする
□ 分け目が目立つようになってきた
□ 全体的に薄くなって老けた印象に・・・

このような症状が気になりだしたら、びまん性脱毛症のサイン。

症状が現れてしまっても早いタイミングでケアをはじめることで、改善・完治は見込めます。

また女性の薄毛はびまん性脱毛症だけではなく、分娩後脱毛症や男性ホルモン優位によって起こるFAGA(女性の男性型脱毛症)などさまざま。
ホルモンバランスの乱れや不規則な生活、ストレスや睡眠不足、ヘアカラーやパーマといった多くの要因が合わさって引き起こされます。

女性ならではの薄毛・抜け毛の改善には、男性の薄毛治療薬とは異なる成分が必要です。

飲む育毛剤

飲む育毛剤について

女性用育毛剤(薄毛治療薬)として世界ではじめて効果が認められた商品は「パントガール」。

健康な髪を育てるために必要な栄養素がたっぷりと配合されていて、薄毛や抜け毛の改善に役立つことから美容医療機関で処方されています。

【パントテン酸カルシウム】
ビタミンの一種で毛髪を形成するケラチンの代謝を促進するほか、健康な髪に必要なコラーゲンの生成をサポートする役割もあります。
皮脂分泌をコントロールして頭皮環境を整えたり、血流を改善して頭皮へ栄養を送る働きも担います。
カフェインやアルコールによって消費されるので、コーヒーやお酒が好きな人は不足しがち。

【ケラチン】
髪の80%を占めるたんぱく質です。
髪を育成するためには、常に補給し続ける必要があります。

【L-シスチン】
L-システイン同士を結合した物質で、髪のたんぱく質(ケラチン)を構成するアミノ酸のひとつ。
ツヤやコシのある髪の育成を促します。

パントガールを製造しているドイツの製薬会社Merz Pharmaceuticalsによる臨床試験では、3ヵ月間の服用で70%の抜け毛改善を確認。
そのうち20%は抜け毛がほとんどない状態まで回復する結果が得られたそうです。

副作用がなく高い安全性が謳われており、長期の服用でも安心して続けることができます。

【服用方法】
朝、昼、夜に1錠ずつ(1日3錠)、水で服用します。

※パントガールのカプセルは熱に弱いため、白湯での服用は避けてください。
 効果が低下するおそれがあります。

【注意点】
有効成分に対して、アレルギーのおそれや既往歴がある人や妊娠中・授乳中の人、12歳未満の子どもには推奨されていません。
当てはまる人は服用を控えるか、医師に相談したうえで服用を検討してください。

頭皮に塗る育毛剤

頭皮に塗る育毛剤とは

頭皮に直接塗布するリキッドやローションで、ミノキシジルという成分の働きによって頭皮の血流をアップして毛母細胞への栄養供給を促します。

ミノキシジルは男性用育毛剤にも含まれている成分で、もとは高血圧の治療薬。
副作用として現れた増毛作用に着目し、育毛・発毛剤としての研究が進められました。

数ヵ月~6ヶ月の継続使用によって頭皮環境を改善し、健康な髪の発育を促します。

【使用方法】
一日2回(朝・晩)、清潔な頭皮に塗布します。
軽くマッサージをするようにもみ込んでください。

【注意点】
血行促進作用によって血圧を下げる作用があるため、男性と比べて血圧が低い女性が使用できるミノキシジルの濃度は2%までです。
また男性はミノキシジルタブレットの服用が可能ですが、女性は内服薬による治療ができません。 未成年や妊娠中の人は使用を控えてください。

下記に当てはまる人は、使用前に医師や薬剤師に相談してください。

・薬や化粧品の使用でアレルギー症状が現れたことがある
・高血圧、または低血圧
・むくみやすい
・甲状腺機能障害の診断を受けている

【副作用】
頭皮のかぶれ、発疹、かゆみ、フケなどの皮膚症状のほか、頭痛やむくみ、動悸、血圧の低下などが報告されています。

異変が起きた場合には使用を中断し、医師に相談してください。

女性用育毛剤についてよくある質問

Q:女性は男性用育毛剤を使わない方がいいのでしょうか。かならず女性専用の育毛剤を使わないといけませんか?
A:男性用育毛剤のなかには女性にも使える商品があります。
しかしプロペシア系の内服薬や2%以上のミノキシジルを配合した塗布剤など、女性の身体に悪影響をおよぼすものもあるため、使用の際は十分にご注意ください。不安な場合は、女性専用の育毛剤を選ぶことをおすすめします。

Q:育毛剤って本当に効果がありますか?変化が現れるまでに何ヵ月もかかるのはなぜでしょうか。
A: 髪は、成長期、退行期、休止期を繰り返して生えかわります。このサイクルは髪の1本1本異なるうえ、髪が生えても伸びるまでに数ヵ月かかるため、見た目の変化として実感できるまでに時間がかかります。
多くの育毛剤において使用・服用してから効果が現れはじめるまでに3~6ヶ月かかると言われるのはこのためです。

Q:育毛剤を使ってみたいのですが、肌が弱くて発疹やかぶれが心配です。敏感肌でも使える商品はありますか?
A:頭皮への影響が心配な場合は、内服タイプの育毛剤をおすすめします。
肌に負担がかからないだけでなく、髪の成育に必要な栄養が身体の中から浸透していくので塗布タイプよりもより高い効果が期待できます。

Q:育毛剤を使ったら、髪以外の体毛が濃くなることはありますか?
A:女性用の育毛剤によって腕や脚などの体毛が濃くなることはありません。
ミノキシジルの内服薬では男性の体毛が濃くなるという副作用が報告されていますが、女性には服用できない薬です。塗布タイプのミノキシジルは塗布した部分=頭皮で効果を発揮するので、髪以外の毛が増えることはありません。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM