育毛剤(ミノキシジル)とは

健康な髪の発育に必要な栄養分は、血液によって毛母細胞へと運ばれていきます。
栄養が十分に行き渡った毛母細胞は細胞分裂を繰り返し、どんどん髪を成長させることができます。

頭皮へのスムーズな血流を促すために役立つのがミノキシジル

血管拡張作用を持っていることから1960年代には高血圧の治療薬として用いられていましたが、体毛が増えるという副作用が現れることから発毛剤としての研究が行われました。
そして1980年代にはじめて、ミノキシジル2%の外用薬が販売されたのです。

日本で厚生労働省が認めているのはミノキシジルの外用薬のみですが、海外では外用薬・ロゲインのほか内服薬・ロニテンも流通しています。

 

内服薬

ミノキシジルの内服薬

 

血液を通して成分を吸収するため、効果を得やすいというメリットがあります。
外用薬では成分が行き届かない部分がありますが、内服薬は身体のすみずみまで有効成分を届けることが可能です。

ミノキシジルの有効性は認められているものの、処方できる内服薬としては未承認。
自由診療のクリニックで処方してもらうほか、個人輸入で購入することができます。

継続服用によって効果が発揮されるので、毎日同じタイミングで服用する習慣をつけましょう。
半年~2年ほど経って髪が生え揃ったあとは、服用を終えることができます。

【服用方法】

一日1~2回、2.5~5mg(1回)を服用。
降圧剤として服用する場合は症状に応じて100mgまで増量可能ですが、育毛剤としては10mgが上限です。

ミノキシジルの血中濃度を一定に保つために、毎日同じ時刻の服用がおすすめ。
睡眠中は血圧が下がるので、朝に服用することで低血圧のリスクを避けられます。

 

外用薬

ミノキシジルの外用薬

 

大正製薬による「リアップ」という商品名を耳にしたことがある人は多いでしょう。

1999年にミノキシジル1%の販売が始まってから、2009年には5%配合の「リアップX5」へと進化しています。
OTC医薬品なのでドラッグストアでの購入が可能。クリニックで処方してもらうこともでき、症状や部位によってフォームタイプやリキッドタイプ、塗り薬などを使い分ける医師もいます。

またミノキシジル外用薬は濃度が高ければ高いほど効果的とされており、AGAの進行状況に合わせて違う濃度の外用薬を使い分けるという方法があります。

外用薬は低濃度から使用することができるので、男性だけでなく女性にも使用が認められています。

【使用方法】

一日2回(朝・晩)、清潔な頭皮に塗布します。
医師の指示や使用上の注意に記載された分量を必ず守ってください。

 

ミノキシジルの副作用・併用禁忌薬

ミノキシジルの副作用と併用禁忌薬

 

ミノキシジルは外用薬・内服薬ともに副作用が報告されています。

異変を感じた場合には服用を中断し、医療機関を受診するようにしましょう。

 

副作用

【初期脱毛】
髪の成長を促す過程で、古い毛髪が抜け落ちていきます。
一時的に抜け毛の進行が早まって以前よりも薄くなってしまいますが、健康な髪が育とうとしている証なのでご安心を。
発症時期や継続期間には個人差がありますが、使用開始後2~4週間で抜けはじめ、1カ月ほどで治まります。

【低血圧】
血行促進作用によって血圧が下がることがあります。
もとから低血圧の人は倦怠感や頭痛、不整脈などを起こすおそれがあるため注意が必要。

【むくみ】
血液の循環がよくなると血液の濃度は薄くなります。
濃度を戻すために余分な水分が血管の外へ排出され、細胞のすきまに水分が溜まることでむくみを発症します。

【動悸】
血流促進=心臓の動きが速まるため、動悸やめまいが現れやすくなります。
服用をはじめた頃に起こりやすく、身体が慣れてくると症状もおさまります。長引く場合は服用を中断し、医療機関を受診しましょう。

【頭皮のかゆみ・湿疹】
おもに外用薬の使用で起こる症状で、刺激やアレルギー反応によって頭皮が荒れることがあります。
すぐに洗い流す、濃度の低いものに変えるといった対応をしても症状が改善しない場合は、皮膚科を受診してください。

 

併用禁忌薬

【ED治療薬】
ED治療薬に含まれるシルデナフィルやタダラフィルなどには、ミノキシジルと同じ血管拡張作用があります。
併用すると急激な血圧の低下を起こす可能性があり大変危険です。

【片頭痛薬】
スマトリプタンやリザトリプタンといった片頭痛薬は、血管収縮作用によって頭痛を抑えます。
ミノキシジルとは反対の作用なので、それぞれの効果を減少させてしまう恐れがあります。

【鎮痛剤】
イブプロフェンや非ステロイド性抗炎症薬などは血圧に作用します。
ミノキシジルと併用すると血圧のコントロールが困難になり、身体に悪影響をおよぼす恐れがあります。

【アルコール】
ミノキシジルの服用タイミングと飲酒の間隔を5時間以上空ければ問題ありませんが、同時摂取は禁止。
血圧の急下降や動悸、めまいを引き起こすおそれがあり、非常に危険です。

ミノキシジルを含む商品

ミノキシジル系商品

ミノキシジルタブレット

フィリピン・ロイドラボラトリーズ社製(内服薬)
2.5mg/100錠で3,390円というお手頃価格で人気を集めています。
10mgを購入し、半錠ずつ服用することで、さらにコストパフォーマンスを上げるという方法も。

ミノクソール

インド・スマート社(内服薬)
日本語のパッケージで安心して服用できます。
30錠(1ヵ月分)1,040円というリーズナブルな価格で、継続しやすいのが大きなメリット。

ツゲイン

インド・シプラ社(外用薬)
Rogain(ロゲイン)のジェネリック医薬品でコスパ◎。
ミノキシジルの濃度2~10%まで展開されているので、症状に合わせてチョイスできます。
日本で認可されているのは5%までなので、リアップを使って効果に物足りなさを感じていた人におススメ。

フォリクスFRシリーズ

アメリカ・サファイアヘルスケア社(外用薬)
ミノキシジルの濃度によって、FR02、05、07、12、15、16と6種類を展開。
リポスフィアテクノロジーという最新技術によって、有効成分が肌のより深くに浸透していきます。

ミノキシジルについてよくある質問

Q:内服薬と外用薬ならどちらが効きますか?
A:厚生労働省が認めているのは外用薬のみですが、体内で吸収される内服薬の方が効果を得やすいです。

頭皮に塗布するタイプは皮膚のバリア機能によって吸収を阻害されることがあり、すべての有効成分が内部まで浸透することは困難。
確実かつ、少しでも早く効果を感じたいのなら内服薬がおススメです。

Q:女性の抜け毛にもミノキシジルは有効ですか?
A:女性型脱毛症(FAGA)の場合は、ミノキシジル濃度1%の外用薬の使用が推奨されています。
日本皮膚科学会

ミノキシジルは血流促進作用があるため、男性と比べて血圧が低い女性が使用する際には低濃度に留めておくことが大切。
効果を得たいからといって男性用と同じ濃度の外用薬や内服薬を使用すると、重度の副作用を発症するおそれがあるので絶対にやめましょう。

Q:ミノキシジルタブレットを飲んだら髪が抜けるというのは本当?生やしたいのにこれ以上減ったら困るんだけど…。
A:服用をはじめてから2~4週間後に見られる抜け毛を初期脱毛といいます。

この時期に抜けるのは成長しきっていない毛髪で、新しく健康な髪を育てるためには不要。 髪の生えかわり周期がリセットされて丈夫な髪が生えはじめる合図と捉え、諦めずに服用を続けましょう。
初期脱毛は数週間~1ヶ月ほどで落ち着いてきます。

Q:外用薬のミノキシジルを塗布したあと、ジェルやワックスなどの整髪料を使っても構いませんか?
A:ミノキシジルが完全に乾いたのを確認してからであれば問題ありません。
気温や湿度にもよりますが、乾くまでに15~20分ほどかかります。

Q:一度服用するのを忘れてしまったので、翌日にまとめて飲んでも大丈夫ですか?
A:ミノキシジルは継続して服用することで効果を発揮しますが、一日服用を忘れたからといって2回分をまとめて飲むのはNG。

血中濃度が急激に高まることで、むくみや動悸といった副作用が現れやすくなる恐れがあります。
コンスタントに服用できるよう、起床したら飲む・昼食後に飲むなど、習慣化しやすいタイミングを見つけてくださいね。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM