ミノキシジルとは

ミノキシジルは、AGA(男性型脱毛症)の治療に用いられる成分です。

血管拡張および血流促進作用によって、毛母細胞(髪のもと)の増殖に必要な栄養素や酸素を送り届ける働きがあります。
栄養をたっぷり受け取った毛母細胞は細胞分裂を繰り返し、太く丈夫な毛髪として成長。
またミノキシジルには髪の成長を助ける物質(グロースファクター・GF)の分泌促進作用もあるため、毛母細胞の成長を助けて抜け毛・薄毛の改善に大きく役立ちます。

ミノキシジル製剤には、頭皮に塗って使用する外用薬と経口内服薬の2種類があります。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、毛母細胞への栄養運搬をスムーズにし健康な髪の成長を促すことです。

ミノキシジルの血管拡張作用は、もともと高血圧症の治療に用いられていました。
ところが副作用として体毛の増加がみられたことから、AGAの改善に適した育毛剤として外用薬が誕生したのです。
抜け毛が起きている頭皮に直接塗布することで、ミノキシジルによる増毛作用を発揮します。 フォリクスシリーズツゲインといった商品として展開されています。

しかし外用薬は、肌のバリア機能によって有効成分の吸収が阻害されることも。ミノキシジルがすべて皮膚の内部まで浸透することは困難です。

より明確な効果が得やすいのは血液を通して成分を吸収する内服薬ですが、血管拡張の作用が全身におよぶため副作用が出やすいのがデメリット。

内服薬と外用薬、それぞれに長所と短所があります。
効果発現までのスピードや副作用のリスク、使い勝手のよさなどを比較・検討し、目的やライフスタイルに適した商品を選びましょう。

女性の薄毛改善にも役立ちます

ミノキシジルは、女性の薄毛・抜け毛改善にも有効です。(※日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」

ただし女性男性型脱毛症(FAGA)に使用できる外用薬は、ミノキシジル濃度2%が上限です(推奨1%)。
女性は男性と比べて血圧が低いため、血行促進作用をもつミノキシジル製剤の使用には十分な注意が必要です。
女性に対してミノキシジル内服薬の服用は認められていないだけでなく、外用薬を使用する際には低濃度に留めておくことが重要。

重い副作用を生じるおそれがあるため、高濃度のミノキシジルを配合した男性用商品を使用することは絶対にやめましょう。

ミノキシジルの副作用

【ミノキシジルの副作用】
頭皮のかゆみ・かぶれ・発疹(外用薬のみ)、頭痛、めまい、むくみ、頻脈など

ミノキシジルによる副作用は一過性の症状なので、過度な心配は必要ありません。
しかし血管拡張作用による影響は現れやすく、拡がった血管が脳を刺激して起こる頭痛や血圧低下によるむくみ・めまいに悩まされてしまうことも。

副作用による体調不良を生じた場合には、症状が治まるまで安静にしておく・ミノキシジルの摂取量(塗布量)を減らしてみるといった対策をとってください。

初期脱毛は効果の現れです

ミノキシジルの使用・服用をはじめると、一時的に抜け毛の量が増加する場合があります。
初期脱毛といって、新たな髪が生えて育っていくためには欠かせないプロセスです。

髪の量が減って大きな不安を感じてしまうかもしれませんが、初期脱毛は副作用ではなくミノキシジルによる育毛・発毛作用の現れ
数週間~数ヵ月ほど経過すれば抜け毛は治まり、しだいに新しい髪が育っていきます。

ミノキシジルの併用禁忌・注意点

ミノキシジルが血行促進に優れていることから、併用を禁止されている医薬品があります。

【ミノキシジルの併用禁忌薬】
ED治療薬、片頭痛薬、非ステロイド性抗炎症薬など
※医薬品同士の効果を妨げる、もしくは過度に作用して身体に悪影響をおよぼす危険性があるため、ミノキシジルとの併用は避けてください。

 

【ミノキシジルの併用注意薬】
トレチノイン、アントラリン、ベタメタゾンジプロピオン酸エステルなど
※いずれも皮膚症状の改善に用いる成分なので、ミノキシジル外用薬の使用時に注意してください。

 

【ミノキシジル使用・服用時の注意】
・心疾患や腎機能障害がある人は、症状を悪化させるおそれがあります
・高血圧、または低血圧の人が服用すると、意図しない血圧の変化を生じるおそれがあります
・女性に対して、内服薬や濃度2%以上の外用薬の使用は認められていません
・高齢者、未成年者の使用は禁止されています
・薬や化粧品でアレルギー反応(かゆみ、発疹、むくみなど)を生じたことがある人は、過敏症状が起きる可能性があります

ミノキシジルについてよくある質問

Q:ミノキシジルは、何ヵ月くらい使い続けたら効果が出ますか?塗り薬と飲み薬ではどちらの方が効きますか?
A:ミノキシジル濃度5%の外用薬を用いた臨床試験では、6ヵ月間の継続使用で90%以上に改善がみられました(日本皮膚科学科ガイドラインより)。
使用期間別の改善率は、2ヵ月で10%、3ヵ月で60%、6ヵ月で90%です。

ミノキシジルの発毛効果には、髪の生えかわり周期が大きく影響します。
さらに、産毛として生え始めた髪が太く長く伸びるまでには時間がかかるため、「抜け毛が減った」「髪の量が増えた」と実感できるまで少なくとも3ヵ月は使用を続ける必要があります。

飲み薬も同じように継続服用が推奨されていますが、塗り薬ではケアしにくい範囲にも有効成分が届くという点で内服タイプの方が効果を実感しやすいといえます。

Q:ミノキシジルの外用薬を塗布したあと、ジェルやワックスなどの整髪料は使えますか?
A:塗布後、頭皮が完全に乾いたのを確認してからであれば、スタイリング剤を使用しても構いません。
気温や湿度にもよりますが、外用薬が乾くまでに15~20分ほどかかります。

Q:内服薬の服用を忘れてしまった場合、翌日にまとめて飲めば効果は続きますか?
A:ミノキシジルは継続して服用することで効果を発揮しますが、服用を忘れたからといって2回分をまとめて飲んではいけません。

血中濃度が急激に上昇し、むくみや動悸といった副作用が現れやすくなる恐れがあります。
忘れずに服用を続けられるよう、起床したら飲む・昼食後に飲むなど、習慣化しやすいタイミングを見つけてください。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM