AGA治療薬(薄毛治療薬)とは

AGA(男性型脱毛症)の治療に有効な有効成分は、フィナステリドデュタステリドミノキシジルの3つです。
フィナステリドとデュタステリドはAGAの原因となる男性ホルモンの活性を抑え、ミノキシジルは育毛環境の活性を促します

AGAは男性ホルモンの変性が大きく影響していますが、薄毛や抜け毛の原因は偏った食生活や不規則な生活習慣、ストレスなど多岐に渡ります。
AGAの改善を目指すためには、投薬治療はもちろんヘアケア方法やライフスタイルの見直しも重要。

また薄毛は男性特有のコンプレックスと捉えられがちですが、髪の減少に悩まされている女性の数は少なくありません。
男性と女性では薄毛改善に対するアプローチが異なるので、適切な治療薬や対処法を選択するためには正しい知識が必要です。

髪を守る治療薬

AGAは、男性ホルモン・テストステロンが5αリダクターゼと結びついてできるDHT(ジヒドロテストステロン)が毛母細胞を死滅させてしまうために起こります。

AGAは完治できない症状ですが、服薬によって発症を抑え続けることは可能です。
フィナステリドやデュタステリドといった有効成分を用いて、テストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害し毛母細胞を守ります。

毛母細胞が減らなければ過度な抜け毛は起こらず、髪の生えかわりサイクルにしたがって新しい髪が育っていきます。

フィナステリドを含む商品
プロペシアフィンペシアフィナクスなど

デュタステリドを含む商品
デュタスデュタボルブなど

髪を育てる治療薬

髪の生育を促す役割を担うのがミノキシジルです。
血管を拡げて血流をスムーズにする作用によって、毛母細胞への栄養運搬をサポート。髪が育ちやすい頭皮環境を整え、維持します。

ミノキシジルはもともと、高血圧の治療薬として研究されていた成分です。
治験の過程で「体毛が増える」という副作用が起こったことから、育毛剤として再開発されました。

ミノキシジルは飲み薬と塗り薬、2パターンの剤形が展開されています。

内服薬

ミノキシジルの内服薬には、ミノキシジルタブレットロニテンという商品があります。

身体の中から吸収するので細部まで有効成分が行き渡りやすいだけでなく、効果を実感しやすいのがメリットです。しかし頭皮以外への影響もあり、体毛が増えやすくなるという面も。

血流に作用するため低血圧を招きやすく、むくみや動悸といった副作用が現れることがあります。

外用薬

ミノキシジルの外用薬は大正製薬のリアップをはじめ、海外製のツゲインフォリックスFR07など、さまざまな商品が展開されています。

外用薬は、清潔な頭皮に直接塗布します。
副作用のリスクは低いものの皮膚症状を生じやすく、かゆみやかぶれが起きた場合には使用を中断しなくてはいけません。

日本国内で認可されている外用薬はミノキシジル濃度5%までですが、海外製品のなかには7~16%といった高濃度の製品もあります
2%や5%では効果が乏しいと感じる場合には、より濃度の高い外用薬を試してみましょう。

服薬以外のケア方法

明確なAGA改善効果を持っているのはフィナステリドやデュタステリドを含む医薬品だけですが、治療のサポートとしてサプリメントを飲む・シャンプーを見直してみるといった方法もあります。

シャンプーの役割
・頭皮環境の正常化、頭皮トラブルの予防

サプリメントの役割
・食事では摂取できていない栄養素を補給し、丈夫で健康な髪の成長を助けます。

女性のための薄毛治療薬

女性に起こる抜け毛や薄毛は、ストレスやホルモンバランスの乱れなどによって引き起こされことが多く、男性のAGAとは治療に用いる有効成分が異なります。

女性専用の育毛剤として、世界ではじめて効果があると認可されたのがパントガール
パントテン酸カルシウムやケラチン、シスチンなど、育毛に欠かせない栄養素をふんだんに配合した内服薬です。

またミノキシジル外用薬も、濃度2%までであれば使用可能です(2%以上の高濃度製品は男性のみ使用可)。
頭皮に塗布して毛母細胞の活性を促進し、積極的な髪の成長を目指します。

AGA治療薬についてよくある質問

Q:AGA治療薬と育毛剤、発毛剤は何が違いますか?
A:日本でAGA治療薬として認められている成分は、医療用医薬品に分類されているフィナステリドとデュタステリドのほか、一般用医薬品(第1類)のミノキシジルだけです。
育毛剤や発毛剤といった言葉に明確な定義がありませんが、発毛剤=医薬品、育毛剤=医薬品以外の商品と捉えることが多いようです。
つまり、明確な効果が得られるAGA治療薬≒発毛剤。育毛剤は頭皮の血行を促す・頭皮の炎症やトラブルを抑えるといった働きから、頭皮環境の改善を目的に用いられます。

Q:AGAの治療期間はどのくらい?何ヵ月くらい続けると効果が出ますか?
A:AGAの改善にかかる期間には個人差がありますが、正常なヘアサイクル(髪の生えかわり周期)を取り戻して健康な髪を育成するまでに最短で数ヵ月かかります。
AGAの人はヘアサイクルが乱れた状態で、髪が生える・伸びる前に成長が止まってしまいます。一旦成長が止まると3~4ヵ月はそのままで、再び成長し始めるまでには時間が必要。
新しく生えた髪が伸びるまでにも時間がかかるため(平均1センチ/1ヵ月)、髪が増えたと実感できるまで早くて3ヵ月、半年~1年経って変化が感じられるようになるというケースもあります。

Q:AGA治療薬を服用している時期に、髪のカラーやパーマをしても大丈夫ですか?
A:服薬中のヘアカラーやパーマは禁止されていませんが、頻度や施術内容には十分注意してください。
カラー剤・パーマ剤はAGAを進行させる直接的な原因にはなりませんが、毛髪にダメージを与えるため細くコシのない髪を増やしてしまうリスクが高まります。
また頭皮の炎症を引き起こす可能性があり、健康な髪の育成を妨げかねません。数ヵ月~半年に1度くらいのペースで様子をみるようにしてください。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM