美白ケア・しわ改善の薬とは

肌のターンオーバーによって健康な肌への再生を促進させたり、ニキビ跡などにも作用する美白ケアやしわ改善の薬は数多くあります。

シミやそばかすの原因となるメラニンに対する作用を持つ薬や、ビタミンAの一種の成分が配合されていて皮膚の再生を促す作用を持つ薬、血行を促進させることでニキビ跡に効果を発揮して健康な肌に導いてくれる薬などさまざまです。

美白ケア・しわ改善の薬の効果や副作用、使い方をきちんと理解したうえで、活用しましょう。

美白ケアの薬

紫外線対策も大切ですが、シミやそばかすの原因となるメラニンが過剰に生成されないための対策のひとつとして、美白ケアの薬があります。

悩みの種であるシミを薄くしたい、ニキビ跡を治したい、といった方や日焼けした肌を少しでも元の白い肌にしたいという方におすすめです。

また肌のバリア機能低下にもつながる乾燥を防ぐことで、紫外線による肌へのダメージが軽減でき、くすみを感じない透明感のある肌を目指せます。

しわ改善の薬

乾燥などで肌がダメージを受けている場合にシワができてしまいやすいので、保湿も大切です。

そしてただ保湿するだけではなく肌の再生を促す作用がある、しわ改善の薬があることを知っておきましょう。

目元の小さいシワ(ちりめんじわ)が気になる、口元のほうれい線をどうにかしたいといった方におすすめの薬です。
皮膚の再生や血行促進、高い保湿効果によって、健康的な肌を目指せます。

美白やシワのケアに役立つサプリもある

美白というと「ビタミンC」、シワのケアというと保湿成分である「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」のように、代表的な成分をサプリによって摂取する方法もあります。

しかし、せっかく美白やシワのケアに役立つ成分を摂取しても、血行など新陳代謝が良くなければ効果を十分に得ることができません。

これらの効果を得るためには通常、生活習慣や栄養バランスの良い食事に気をつけなければいけませんが、血行促進や新陳代謝アップに作用することで肌のケアに役立つサプリもあるのです。

美白ケア・しわ改善の薬の効果

肌のターンオーバーを促す効果がある美白ケア・しわ改善の薬

美白ケアの薬は、シミやそばかす・ニキビ跡などを薄くする効果とともに予防につながることが期待できます。
そして、しわ改善の薬に含まれる保湿成分によって肌のハリや弾力がアップすることで、シワが目立たなくなる効果が期待できるのです。

さらに、肌のターンオーバーを促す効果が多くの美白ケア・しわ改善の薬に共通しています。

美白ケア・しわ改善の薬が持つ、それぞれの働きについて紹介します。

美白ケアの薬の働き

シミやそばかすの原因となるメラニン色素に対して、美白成分が高い効果を発揮します。
それは、メラニン色素が過剰に合成されるのを抑える効果です。

紫外線を浴びると、通常ならメラニン色素が過剰に増えてしまいますが、美白ケアの薬(代表的な美白成分:ハイドロキノンやトラネキサム酸など)の働きによって防ぐことができます。

ハイドロキノン

メラニン色素合成時に必要な酵素の活性化を防ぎ、メラニンの産生細胞自体を減らす作用をすることでシミを薄くする働きを持っている。

ハイドロキノンが配合されている美白ケアの薬は、皮膚表面にある茶色いシミに対して高い効果が期待できる。

トラネキサム酸

メラニン色素を作り出すメラノサイト(色素細胞)、その指令を出すメラノサイト活性化因子のひとつがプラスミンと考えられていて、トラネキサム酸は抗プラスミン作用があるアミノ酸の一種。

つまり、過剰にメラニン色素を作る指令自体を出さないようにトラネキサム酸が働きかけることで、シミはもちろん治りにくい肝斑に対しても高い効果が期待できる。

同様に美白成分が配合されていても、有効成分によっては薄いシミもしくは肝斑など、特定の症状に対して高い効果を発揮する薬もあるので、きちんと薬の効果を理解した上で使用することがおすすめです。

しわ改善の薬の働き

保湿成分や肌のターンオーバーを促す作用を持っていることで、しわ改善に対して高い効果を発揮します。

しわ改善の効果があるとして現在、ヘパリン類似物質やヒトプラセンタという成分が配合されている薬も存在するのです。

ヘパリン類似物質

高い保湿効果を持つほか、血行を良くする作用をもっていて皮膚の再生に役立つ。

正しい有効成分名は「ムコ多糖体多硫酸エステル」といって、シワだけでなくニキビ跡や傷跡の治りを促進させる効果が期待できる。

ヒトプラセンタ

私たちにとって必要な成分を豊富に含んでいて、胎内にいる赤ちゃんに栄養を送る「胎盤」のことを「プラセンタ」という。

昔から美容や健康に良いと言われていて、新陳代謝を正常化することで血行促進はもちろん健康的な肌に導く
プラセンタは、アンチエイジングや美肌に効果があることでも知られている。

美白・シワケアのサプリの働き

保湿成分といわれている、コラーゲンやヒアルロン酸といった成分を直接摂取できるサプリがあります。
しかし、これらの成分は体内で消化されるときに分解されてしまうことが分かり、体内でコラーゲンやヒアルロン酸の産生に役立つプラセンタエキス配合のサプリが注目されているのです。

またシワで悩む女性のなかには女性ホルモンの減少による体調の変化が、心と身体のバランスを乱すことで肌にあらわれている場合もあります。

そのため、女性ホルモンと同様の作用をするイソフラボンなどのサプリを摂取することもオススメです。

このように、しわ改善に対する作用が直接的ではなく、相乗効果や効率アップにつながるサプリも必要であるといえます。

美白ケア・しわ改善の薬の副作用

効果がある以上、身体に何らかの作用が起きているので、美白ケア・しわ改善の薬であっても副作用は起こる可能性があります。

正しい使い方をすることで、酷い副作用が起こる確率は低くなりますが、個人差がある点は理解した上で使用する必要があるのです。

美白ケア・しわ改善の薬の副作用を使用すると一体どんな副作用が起こる可能性があるのか、知っておきましょう。

美白ケアの薬の副作用

飲むタイプの美白ケアの薬は、吐き気や食欲不振などの胃腸障害が起こりやすい副作用です。

用法用量を守ることと、初めて飲む場合には半分など少なめの用量から服用を始めると比較的副作用を抑えられます。

そして皮膚に直接塗布するタイプの美白ケアの薬は、かゆみやホテリ・ひりひり感・発疹などの皮膚障害が起こりやすい副作用です。

副作用が起きた場合は、一旦使用をやめて症状が落ち着くことを待ちましょう。
直接皮膚に塗布するタイプの薬を使用後副作用が起きたら、すぐに洗い流すことをお勧めします。

それでも症状が悪化したり長時間に及んで症状が続く場合には、医師に相談してください。

しわ改善の薬の副作用

肌が敏感になると副作用が起こりやすい

しわ改善には、注射やレーザーでの治療はもちろん外用薬が用いられる場合もあります。

病院やクリニックでしかおこなうことができない注射やレーザーとは違って、外用薬は自宅でも簡単に利用できますが、使用するうえで副作用に注意することは大切です。

高い保湿成分とともに肌のターンオーバー(皮膚再生)を促進させる作用があることで、新たな肌が形成されたばかりのときは肌が敏感になる可能性は高いといえます。

このとき、赤みやかゆみ・ヒリヒリ感などの副作用が起こりやすいので、異変を感じたら一旦使用を中止し様子をみましょう。

しばらくして症状が落ち着けば問題はありませんが、使用を止めても症状が悪化したり副作用が続く場合は病院を受診することがおすすめです。

美白・シワケアのサプリに副作用はない

美白やシワケアに役立つサプリは比較的、私たち人間の身体にもともと存在していて不足しがちなビタミン類や必須アミノ酸などが配合されているので、服用後に引きこされやすい副作用は特にありません。

ただし必要以上に摂取すると、体内での栄養バランスが急激に変化することで副作用が起こる可能性もあるので、用法・用量を守りましょう。

美白ケア・しわ改善の薬の使い方

飲むタイプであっても塗るタイプであっても、一度の使用量や服用量、そして1日の使用上限量も定められている薬も数多くあります。

飲むタイプの美白ケア・しわ改善の薬は特に食前や食後といったタイミングはお好みで問題ありません。

ただ直接気になる箇所に塗るタイプの薬は、肌を清潔にした状態つまり洗顔後の使用がおすすめです。

種類によっては、紫外線に弱い成分を含む薬もあるので夜の就寝前の使用が最も適している場合もあります。
使い方についても事前にしっかりと確認しておくことで、安全かつ高い効果を得られるでしょう。

美白・シワケアのサプリの飲み方

サプリは、食後など関係なく自分自身のタイミングで問題ありません。

そして日々繰り返し服用することで、継続的に美白やシワケアに対して効果が高い成分を摂取できます。

そのため飲み忘れをしてしまうと、せっかくサプリの服用で補えていた成分が、また不足する可能性もあるのです。

肌はもちろん身体の不調に陥ってしまわないためにも、服用するタイミングを決めておいて、飲み忘れなく毎日摂取することも大切といえます。

美白ケア・しわ改善の薬の種類

美白ケア・しわ改善のいろいろな薬

セルフケアとして使える美白やしわ改善の薬は多くあり、そのなかから自分自身に合う種類を選ぶ必要があります。

また飲むタイプや塗るタイプのように、形状が異なるものも少なくありません。どのような特徴があるのか紹介します。

トランサミン

飲むタイプの美白ケアの薬であり、身体の中からシミやそばかすを薄くするように作用してくれます。

外用薬では治療が難しかった肝斑にも効果を発揮する高い効果を持っているので、女性に人気の薬といえます。

メラライトフォートクリーム

シミやそばかす以外にも、肌表面の一部分が色素沈着してしまうニキビ跡やヤケドの跡を改善する作用を持っている塗るタイプの薬です。

色素沈着の原因となるメラノサイトの働きとメラニンを作り出すチロシナーゼという酵素を抑える働きがあり、シミやそばかすの改善と予防そしてニキビ跡やヤケドの跡の症状改善に効果が期待できます。

BIHAKUENハイドロキノンソープ

毎日の洗顔で使用することができる固形石鹸です。
低刺激で肌に優しく、保湿成分に加え美白効果も高いので、シミとともにくすみのケアが毎日の洗顔でおこなうことができます。

洗顔料として炭成分が汚れをしっかり落とすので、肌のターンオーバーを促す作用も持ち合わせているのです。

ヒルドイドクリーム

皮膚の再生を促すことで知られる、塗るタイプの薬です。

高い保湿効果と血行促進によって皮膚の乾燥を抑えてシワを目立ちにくくするうえに、肌の生まれ変わりによってニキビ跡やヤケドの跡にも効果的です。

このような作用から、普段の保湿や美容液としても問題なく使用できます。

カタツムリクリーム

カタツムリからの抽出エキスが配合された美容クリームです。

配合されている、アラントインやコラーゲン・エラスチン・グリコール酸・プロテイン・ミネラル・天然抗生物質などの成分によっていろいろな肌トラブルの改善に役立ちます。

シミやそばかす・くすみ・毛穴の開き・ニキビ跡や傷跡・妊娠線などを目立たなくする効果が期待できるのです。

プラセントレックス

有効成分にヒトプラセンタが用いられた、美容ジェルです。

プラセンタとは胎内で赤ちゃんを育てる胎盤のことで、細胞を作り出したり活性化させる働きがあります。

保湿はもちろん、皮膚の再生化などアンチエイジングに高い効果が期待でき、シワ・シミ・くすみ・ニキビ跡の改善、そして美肌へ導いてくれるのです。

美白やシワのケアをより効率よくしてくれるサプリ

スキンケアに気をつけたり薬を使ってしっかりケアしたりと、美白やシワのケアをすることはキレイな肌を保つために大切なことです。

そして、そうしたケアを効率よくしてくれる「L-リジン」と「南極クリルビタミン」というサプリがあります。

L-リジン

育毛サプリメントとして開発されたものですが、有効成分であるリジンは必須アミノ酸のひとつでもあります。

通常体内では生成できないため、普段は食事などから摂取されているのです。

しかしリジンは身体の成長には欠かせない成分で、肌を構成するケラチンを作り出す働きをします。
ただ摂りすぎも良くないので、服用の際には注意しましょう。

美白・しわ改善のためのスキンケアをおこなっていたり、薬を利用している場合にL-リジンも服用することで、効率よくケアができます。

南極クリルビタミン

オメガ3脂肪酸が豊富に配合されているダイエットサプリであり、血液をサラサラにしてくれるので偏った食生活や乱れた生活習慣の影響による血行不良の改善に役立ちます。

血行が良くなることで、肌に必要な栄養素をスムーズに運ぶことができるのです。

南極クリルビタミンによって、血行が促進されれば美白やしわ改善に効果的な成分もしっかりと吸収し体内に行き届きやすくなります。

必要な栄養素が皮膚まで十分に行き届くことで、肌ケアの効率アップにつながるでしょう。

美白ケア・しわ改善の薬のよくある質問

Q:美白ケアの薬は、どれくらいの期間使い続ければ効果があらわれますか?

A:効果があらわれ始めるまでの期間は人それぞれですが、パッチテストで問題がなければ1~3ヵ月程度は継続して使用してください。
一般的に表皮にできるシミは肌のターンオーバー(20代で約28日※)の周期で、垢となって剥がれ落ちますが、真皮にシミを作り出すメラノサイトができてしまったら垢となるまでに2年~5年程度かかるともいわれています。

※年齢によって周期の間隔は長くなり、60代では約90日かかると言われています。

Q:半年以上使って美白ケアの効果が感じられなければ、それは効果が弱いということでしょうか?

A:日頃から紫外線対策をしたうえで、美白ケア製品を使用していれば効果が弱い可能性があります。
もしくは用法・用量が誤っている可能性もゼロではありません。

詳しくは「美白ケア・しわ改善の薬の使い方」をご覧ください。

Q:肝斑や老人色素斑でも、美白ケアの薬で目立たなくすることはできますか?

A:全てが該当するわけではありませんが、肝斑や老人色素斑の改善効果を持つ美白ケアの薬もあります。
クリニックなどで実際に肝斑や老人色素斑の改善・治療に用いられるトラネキサム酸やハイドロキノンという成分が配合されている美白ケアの薬があるので、高い効果が期待できます。

Q:美白ケアで白斑ができるって聞いたことがあるんですが本当ですか?

A:強力な美白成分が配合されているものに関しては、白斑の症状が起こる可能性があるといえます。
なかには先天的な原因から白斑を発症する場合もあるため、全ての原因が美白ケアにあるとはいえません。

Q:ホクロもシミと同じ美白ケアの薬で治りますか?

A:一般的に、美白ケアの薬でホクロにも効果があると報告されているものはありません。
同じメラニン色素などが関係していますが、ホクロはメラニンを産生するメラノサイトが一部分に集まってできた母斑細胞によって作られています。

一方、シミに対してはメラノサイトによるメラニン色素の過剰生成を抑制することで、シミの改善効果が得られますが、ホクロは切除するか母斑細胞に対してレーザー治療をおこなうことが推奨されています。

Q:スキンケアでの化粧水やクリームでの保湿と、しわ改善の薬がもつ保湿効果って何が違いますか?

A:スキンケアでは肌表面の表皮に潤いを与えることで乾燥を防ぎ、目元のちりめんじわなどの浅いシワを改善・予防できます。
しかし、より深くできてしまう表情ジワなどの真皮の保湿には、コラーゲンやエラスチンといった細胞内の潤いと肌の弾力につながる、しわ改善の薬の成分によって高い効果を発揮してくれます。

Q:目の周りなど肌が薄い箇所には、あまり使用しない方がいいですか?

A:塗りすぎは良くないので、少量を伸ばして使用することがオススメです。
早く治したい気持ちから多量に塗る方もいますが、肌への負担を増やすなど肌荒れの原因になるので、用法・用量は守るようにしましょう。

Q:アトピー肌や敏感肌でも使用して大丈夫ですか?

A:成分や用量によって、個人差があります。心配な場合は「美白ケア・しわ改善の薬の副作用」を確認したうえで、鎖骨付近や二の腕の内側など皮膚の薄い箇所に少量つけて1日様子をみるなどの、パッチテストをおこなってください。

Q:しわ改善と美白ケアの薬は併用しても問題はありませんか?

A:併用する場合には顔全体に塗るのではなく、それぞれをポイント(集中)ケアとして使う、もしくはどちらの作用も持っている薬を1つ使用することがおすすめです。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM