ダイエット治療薬とは

ダイエットは現代の私たちが常に抱えている課題です。
本格的にダイエットをしようと思ったときに、運動や食事制限は欠かせません。
しかし、ライフスタイルやモチベーションなどによってそれらを継続できないこともあるでしょう。

そのようなダイエットに失敗する要因があっても、効率良いダイエット効果をもたらしてくれるのがダイエット治療薬なのです。

ダイエット治療薬とは、主に脂肪の吸収を阻害する成分や食欲を抑制する成分が含まれる医薬品を指します。
ダイエット治療薬は別名「肥満治療薬」とも呼ばれています。

ダイエット治療薬には実にさまざまな種類がありますが、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

ダイエット治療薬の種類

ダイエット治療薬(肥満治療薬)の種類は大きくわけて3種類存在します。

ダイエット治療薬(肥満治療薬)の種類

脂肪の吸収を抑える薬(脂肪吸収抑制剤)

脂肪吸収抑制剤とは、食事を通して摂取した脂肪分が腸に吸収されることを防ぐお薬です。
アメリカなどの欧米諸国では、肥満治療の一環で脂肪吸収抑制剤を用いることが多いようです。

人間の身体は食事をすると、消化酵素のひとつである「リパーゼ」という酵素が働きます。
リパーゼは脂肪を消化する酵素で、「脂肪分解酵素」とも言われています。
食事で摂取した脂肪分はそのままでは体内で吸収されにくいため、リパーゼで分解されるのです。

ステーキなど脂肪分が多い食品を摂ると、リパーゼが大量に分泌されてその分多くの脂肪が吸収されてしまいます。

脂肪吸収抑制剤では、食事と一緒に服用することでリパーゼの働きを抑制します。
つまり、同じ食事をしても摂取カロリーが減少するため、より効率よく減量することができるのです。

脂肪吸収抑制剤

吸収されなかった脂肪は便とともに排出されます。
そのため、脂肪吸収抑制剤を服用すると便に油分が混ざっていたり排便の回数が多くなったりします。

【代表的な脂肪吸収抑制剤:ゼニカル(成分名:オルリスタット)】

食欲を抑える薬(食欲抑制剤)

食欲抑制剤は、名前の通り食欲を抑えるためのお薬です。

食欲は生きていく上で欠かせない欲求ですが、ストレスや生理、睡眠不足、運動不足などさまざまな原因で増加します。
食欲が増加したままだと空腹でないのについつい食べ過ぎてしまい、肥満の原因になってしまいます。

食欲は脳の満腹神経の働きが弱まることで増進するのですが、食欲抑制剤は脳の中枢神経に働きかけて空腹感を満たすことによって食欲を減少させ、食事の摂取量を減らすお薬です。

神経伝達物質のノルアドレナリンなどの物質(モノアミン)は摂食調節などに関わるとされており、食欲抑制剤はモノアミンへ働きかけることにより、摂食抑制作用、消化吸収抑制作用、消費エネルギー促進作用をもたらします。

【代表的な脂肪吸収抑制剤:サノレックス】

糖質の吸収を抑える薬(糖質吸収抑制剤)

糖質吸収抑制剤とは、インスリンの働きを抑えることで食事によって摂取された糖分が体内に吸収されるのを防ぐお薬です。
血糖値の上昇を抑えて体脂肪が増えるのを抑制する効果もあります。

糖質吸収抑制剤はごはんやパスタ、甘いものなどをついつい食べ過ぎてしまうという方に適しています。

最近、炭水化物や糖質の摂取量を制限してダイエット(糖質制限)をするのが流行っていますが、炭水化物や糖質は本来私たちの身体のエネルギーとなり、活動していく上で欠かせない栄養素です。

しかし、これらを摂取しすぎると血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が急激に上昇し、血糖値を下げようとしてインスリンという物質が大量に分泌されてしまいます
そうなると、ブドウ糖が中性脂肪に変化し、脂肪細胞へと蓄積されて脂肪がつきやすくなってしまうのです。

糖質から脂肪に変わる流れ

脂肪に繋がる過剰な炭水化物・糖質の摂取を抑える目的で使用されるのが、糖質吸収抑制剤です。

糖質は主に5種類に分類され、砂糖やでんぷんは二糖類や多糖類と呼ばれています。
二糖類や多糖類が小腸に吸収されるには唾液や小腸の表面に存在する消化酵素によって分解される必要があります。
糖質吸収抑制剤では、この消化酵素の働きを阻害することで分解を防いで糖の吸収を抑えるのです。

【代表的な糖質吸収抑制剤:アカルボース】

ダイエットサプリメントとは

ダイエット治療薬は医薬品に分類されますが、サプリメントは「栄養補助食品」とも呼ばれ、ビタミンやミネラルなどの栄養を摂取する目的で服用したり、ハーブなどの成分で薬効を得ることを目的としたりしたものです。

ダイエットサプリメントは海外製のものから日本製の店頭で販売されているものまで幅広いのですが、どのようにダイエットしたいのかによって最適なサプリメントが異なります。

ダイエットサプリメントの種類

ダイエットサプリメントには実にさまざまな種類がありますが、作用別で大きく分けると下記の種類に分類できます:

ダイエットサプリメントの種類

脂肪燃焼タイプのダイエットサプリメント

脂肪燃焼サプリメント

脂肪燃焼タイプのサプリメントは、体脂肪を減らしたい方に適しています。
脂肪燃焼効果のある栄養素を豊富に含んでおり、ある過程を経て脂肪が燃焼するのを促すというものです。

燃焼系サプリメントと一口で言っても複数の種類があります。

脂肪動員ホルモンの分泌を促進する燃焼系サプリメント

ひとつは脂肪動員ホルモンの分泌を促進する燃焼系サプリメントです。
身体は活動エネルギーが必要な状態になると、ノルアドレナリンやアドレナリンなどのホルモン(脂肪動員ホルモン)の作用により、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」が活性化します。

リパーゼは体内の脂肪を分解してエネルギーに変える働きを持つのですが、脂肪動員ホルモンの分泌を促すことでリパーゼを活性化させて脂肪を燃焼させようというのが、カプサイシン、カフェイン、オルニチン、アルギニン、チロシンなどが含まれたサプリメントです。

【代表的なサプリメント:リポドリンスタッカー2など】

褐色脂肪細胞の働きを活性化させる燃焼系サプリメント

脂肪細胞は大きくわけて2種類存在します:
・白色脂肪細胞・・・体内の余分なエネルギーを皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積する
・褐色脂肪細胞・・・脂肪を燃焼し熱を産生する

外の気温が下がると、体温を保持するために褐色脂肪細胞が白色脂肪細胞をエネルギーとして燃焼しようと働きます。

EPAやDHA、共役リノール酸(トナリンCLA)といった成分は、この褐色脂肪細胞の働きを活性化させる作用を持っており、その結果脂肪が燃焼されやすくなるというわけです。

【代表的なサプリメント:南極クリルビタミンクリルオイル

ミトコンドリアの働きを活性化させる燃焼系サプリメント

ミトコンドリアは細胞の中に存在する粒子のことで、ひとつひとつのミトコンドリアが脂肪を燃焼する働きを持っています。
しかし、ミトコンドリアの活動が鈍っていると脂肪が効率よく燃焼されずに脂肪が蓄積してしまうのです。

燃焼系のサプリメントの中には、このミトコンドリアの働きを活性化させることで脂肪の燃焼を促すものがあります。

【代表的なサプリメント:LカルニチンBBXダイエットサプリメントなど】

食欲抑制タイプのダイエットサプリメント

食欲抑制サプリメント

食欲抑制タイプのダイエットサプリメントは、食べすぎないように満腹感を出してくれるサプリメントです。

食欲を抑えるサプリメントは大きくわけて「脳神経に働きかけるもの」と「実際に満腹感を得るもの」に分類されます。

脳神経に働きかける食欲抑制サプリメント

脳神経に働きかけるタイプの食欲抑制サプリメントでは、食欲を作用する「レプチン」と「グレリン」というホルモンをコントロールします。

レプチンは食欲を抑える作用を持つホルモンで、食後に血糖値が上がって脂肪細胞が刺激されるとこのホルモンが分泌されます。

一方で胃が刺激されたときに分泌されるのがグレリンです。
グレリンが分泌されると、食欲中枢が刺激されて食欲が増します

【代表的なサプリメント: アフリカンマンゴー】

実際に満腹感を得る食欲抑制サプリメント

人間の身体はグリコーゲンという成分の量が少なくなると空腹を感じるようになっています。

グリコーゲンは血液中の一部のブドウ糖が肝臓で合成された後、肝臓と筋肉に蓄積され、血糖値が低下したときに分解されます。

食事を通して摂取したブドウ糖のうち、グリコーゲンに合成される量が増えると血糖値が上昇しにくくなります

グリコーゲンの蓄積量が増えると血糖値の上昇が抑制されるのですが、血液中のブドウ糖は安定します。
すると血糖値の低下が抑えられて満腹感を感じることができるのです。

グリコーゲンの合成量を増やしてくれるのが「ガルシニア」と呼ばれる果実です。
ガルシニアの果皮にはヒドロキシクエン酸という成分が含まれていますが、ヒドロキシクエン酸には食欲と脂肪の組成を抑える働きがあるのです。

【代表的なサプリメント: ガルシニアカンボジア

腸内環境改善タイプのサプリメント

腸内環境改善サプリメント

腸内環境改善タイプのダイエットサプリメントは、便秘を解消することにより体重を減らす目的で飲むものです。

便がスムーズに排泄されないと腸内に便がたまってしまい、ポッコリお腹の原因になってしまいます。
さらに便秘で腸内環境が悪化すると、老廃物がたまって代謝が落ちることで脂肪が蓄積しやすい身体になってしまうのです。

便秘を解消し便の排出を促すことでダイエット効果が期待できるのが、下記の成分を含むサプリメントです。

乳酸菌

腸内に生息する菌は、善玉菌と悪玉菌という2種類の菌に分けられます。
善玉菌とは主に乳酸かん菌やビフィズス菌といった「乳酸菌」を指します。

悪玉菌が増えると腸内環境が悪化し、便秘や下痢、おならに繋がります。
腸内環境を改善するには善玉菌である乳酸菌を増やす必要があるのです。

乳酸菌は整腸作用を持ち、糖の分解を促したり腸の動きを活発化させたりすることで便秘を解消してくれます。

食物繊維

食物繊維とは人の消化酵素によって消化されない、食物に含まれている難消化性成分の総称です。

便をやわらかくしてスムーズに排便される状態にしてくれ、また便の量を増やしたり腸を動かしたりする作用もあります。

日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、食物繊維の目標量は18~69歳で1日あたり男性20g以上、女性18g以上とされていますが、現代人の食生活では不足しがちです。

腸内環境改善サプリメントの中には食物繊維を豊富に含んでいるものがあります。

【代表的なサプリメント: ヤンヒーベジファイバーダイエット

オリゴ糖

オリゴ糖とはブドウ糖や果糖類が2~10個程度結合したものを指します。

オリゴ糖には20種類くらいあるのですが、その中には消化酵素で分解されないものがあり、腸まで届いて腸を刺激して排便を促してくれるのです。

さらに、オリゴ糖は砂糖の代わりに使用すれば低カロリーの甘味料として減量効果も期待できます。

【代表的なサプリメント: トックスアウト

ラクトフェリン

ラクトフェリンは母乳に含まれているたんぱく質の一種で、悪玉菌から鉄分を奪い、これ以上悪玉菌が増えないようにする働きを持っています。

さらに善玉菌であるビフィズス菌を増やす働きもあるので、頑固な便秘やしつこい下痢にも有効です。

糖質・脂質カットタイプのサプリメント

糖質・脂質カットタイプのサプリメント

糖質・脂質は現代人が無意識のうちに過剰摂取しがちな栄養です。
日頃からカロリーの摂りすぎが気になるという方は、このタイプのダイエットサプリメントを摂るのがよいでしょう。

糖質をカットする成分

糖質は身体が活動するうえでエネルギー源となる欠かせない栄養で、もっとも利用されるものです。

米や麺、パンなどの炭水化物は体内で糖質に変化し、エネルギー生産に使用されます。
しかし、糖質過多になると使われなかった糖質は脂肪として体内に蓄積して肥満の原因になってしまいます

糖質はパスタやうどん、ラーメン、甘いお菓子などが好きな方は摂りすぎているかもしれません。

糖質をカットするサプリメントには下記のような成分が含まれています:

・ガルシニア
・ギムネマ
・白インゲン(ファビノール)
・桑の葉エキス

ガルシニアは食欲を抑制する効果を持っていますが、ガルシニアに多く含まれるヒドロキシクエン酸は、余分な糖質が脂肪に変えるATPクエン酸リアーゼという酵素の働きを阻害するため、同時に糖質の吸収を抑えることもできるのです。

ギムネマは炭水化物を分解するαグルコシターゼの働きを阻害することで、炭水化物が小腸に吸収されるのを抑制して脂肪に変換される機会を減少させてくれます。

白インゲンにはファビノールという成分が含まれていますが、すべての炭水化物に効くのではなく、デンプンのみに対して働きます。
αアミラーゼがデンプンの分解を邪魔するのです。

桑の葉エキスにはDNJという成分が含まれており、これが糖質を分解する酵素の働きを阻害します。

【代表的なサプリメント: ガルシニアカンボジアカーボフェイザー1000

脂質も同様に大切なエネルギー源なので、臓器を保護したり身体を寒冷から守ったりする働きを持ちます。
しかし、脂質も摂りすぎると中性脂肪やコレステロールを増加させてしまうのです。

揚げ物やバターが使用されているパン、ケーキ、洋菓子などはもちろん、ポテトチップスやアイスクリームなどにも脂質が含まれています。
食生活が乱れている方は、無意識のうちにこのような食品から余分な脂質を摂取している可能性があります。

脂質をカットするサプリメントを選ぶ際は、下記の成分の働きを参考にしてみてください:

・レシチン
・大豆サポニン
・キトサン
・リポサンウルトラ

レシチンは肝臓で行われる脂質の代謝に欠かせない成分で、脂質が肝臓に蓄積されるのを防いでくれます。

大豆サポニンは食品から摂取した脂肪が必要以上に体内に吸収されるのを防ぐ働きを持っています。

キトサンは食物繊維の一種でエビやカニなどの甲殻類に含まれています。
キトサンは脂肪にくっついて脂肪が体内に蓄積するのを防いでくれます。
キトサンにくっついた脂肪は便として排出されていきます。

リポサンウルトラにはキトサンと同じような働きがあるのですが、その効果はキトサンの3~5倍となっており、高いダイエット効果が期待できます。

【代表的なサプリメント: ツルレイシ

デトックスタイプのダイエットサプリメント

デトックスサプリメント

デトックスタイプのサプリメントは、体内に溜まった有害物質を解毒(デトックス)することで身体本来の脂肪燃焼機能を高めてダイエット効果をもたらすものです。

デトックスタイプのサプリメントでは、αリポ酸や含硫アミノ酸、亜鉛、セレン、食物繊維といった解毒作用の高い成分が含まれています。

αリポ酸は摂取した食べ物を燃焼しやすい身体にしてくれます。
中性脂肪型の男性に対して目に見える効果が現れるようです。
さらに、血中のブドウ糖の排出をスムーズに行なわせる働きも持ち、糖尿病の予防に役立ちます。

含硫アミノ酸はニンニクやタマネギなどに含まれている成分で、水銀や鉛といった重金属を排出させる性質を持っています。
水銀はマグロやカジキなどに含まれており、日本人の身体に溜まりやすいとされています。

有害重金属は代謝酵素の働きを邪魔してしまうので、これらをデトックスすることによって代謝を高めることが大切です。

亜鉛は市販のサプリメントなどでもよく見かける栄養素で、体内の有害物質を捕まえて毒性を抑えてくれます。

セレンはミネラルの中の必須微量元素のひとつで、抗酸化作用を持っており、こちらも水銀などの有害ミネラルに対してデトックス効果が期待できます。

食物繊維は便秘解消の効果があることで知られていますが、便は老廃物の排出において非常に重要なので、食物繊維でお通じをよくすると良いでしょう。

【代表的なサプリメント: ZINC(亜鉛)

アーユルヴェーダのダイエットサプリメント

アーユルヴェーダ

インドで古くから伝承されているアーユルヴェーダという医学は、身体の内側のトラブルを解消することで心と体のバランスを整えることを目的としています。

近年よく耳にするようになったデトックス(毒だし)は、アーユルヴェーダから由来しているといわれています。

アーユルヴェーダはでは、病気や身体の不調は毒素(アーマ)が体内に蓄積されることで起こるといわれています。
体内に蓄積されたアーマは血液や内臓にこびりついて身体の機能の低下に繋がるのです。

アーユルヴェーダに基づくダイエットサプリメントはいくつも開発されており、「ヒマラヤハーバルズ」というメーカーのものが有名です。

アーユルヴェーダのダイエットサプリメントで代表的なものとして、「アーユスリム」があります。
アーユスリムはガルシニアとグッグルを成分として含んでおり、ガルシニアは先に述べたように糖質吸収効果を持っています。
グッグルは脂肪や毒素などを除去する効果を持ち、これらの成分の作用によってデトックス効果を発揮するのでダイエットにオススメです。

また、「トリファラ」と呼ばれるサプリメントは、インドで伝統的な3つのハーブから作られており、腸を洗浄する作用を持っています。

腸内の環境を整えることで、デトックス効果をもたらしてくれるのです。

お悩み別オススメ商品

ダイエットと一口で言ってもダイエットに扮する目的は人によって異なります。

食べていないのに太る

ドーナツを手に持った女性

食事量がそれほど多いというわけではないのに太ってしまうという人がいますが、その場合は基礎代謝が落ちてしまっている可能性が考えられます。

基礎代謝とは何もせずに生命活動だけで消費されるエネルギーのことです。
基礎代謝は年齢や性別などで変化しますが、生活習慣の悪化や筋肉量の低下などでも低下します。
なお、無理な食事制限によるダイエットによっても基礎代謝は下がっていく恐れがあります。

基礎代謝を上げてカロリーをより燃焼したいなら、基礎代謝を上げる効果のある下記のサプリメントが適しています:

ラズベリーケトン
ヤンヒーベジファイバーダイエット
トリカツ

ラズベリーケトンには唐辛子などに含まれているカプサイシンという成分が入っており、これがアドレナリンの分泌を促して発汗作用が強くなり、身体の中が温まることで基礎代謝が上がるというわけです。

ヤンヒーベジファイバーダイエットにはショウガが含まれており、血行促進効果によって基礎代謝がアップします。

トリカツはアーユルヴェーダに基づいたサプリメントで、ショウガ・黒コショウ・インドナガコショウという基礎代謝を上げる成分が3つも入っているのです。

痩せたいけれど、たくさん食べたい!

ピザを手に取る人

痩せて綺麗になりたいけれど、食べるのが好きで食事制限は難しいと考えている方も多いのではないでしょうか。

食べるのを無理に我慢して後にストレスから食べ過ぎてしまう恐れがあるので、なるべく食べることを我慢せずにダイエットに励みたいものです。

そのような方は、下記のような糖質や脂質をカットするサプリメントを飲むと良いでしょう:

ガルシニア
・ギムネマ
・白インゲン(ファビノール)
・桑の葉エキス
・レシチン
・大豆サポニン
・キトサン
・リポサンウルトラ

ダイエット治療薬でいうとゼニカルやそのジェネリック医薬品が脂肪の吸収を抑えてくれます。

ただし、薬の作用によって脂質が体外に排出されると本来必要なビタミンも外に出てしまい、健康・美容に悪影響が出る恐れがあります。
脂肪を阻害するダイエット治療薬を服用する際には、サプリメントでビタミンを補給するようにしましょう。

運動してもなかなか痩せない

運動している女性

ダイエットのために頑張ってジョギングやウォーキングなどの運動をしているけど、体脂肪がなかなか落ちないということがあります。

体脂肪はそう簡単に落ちるものではなく、体脂肪1kgを減らすには約7,200kcalのエネルギーを消費するか、摂取を控える必要があるのです。
1ヶ月で体脂肪を1kg減らすなら、1日で240kcalという計算になります。

運動しながら体脂肪をより効率的に落としたいなら、バランスの良い食生活を心がけながら、「ザントレックス3ファットバーナー」や「GenF20plus」といった体脂肪減少の効果を持つサプリメントを飲むと良いでしょう。

ダイエット治療薬のよくある質問

Q:ダイエット治療薬に体重制限はありますか?

A:ダイエット治療薬には特に体重制限が設けられているわけではありません。しかし、本来は肥満を改善するために作られたお薬ですので、過度に痩せている方がダイエット治療薬を使用すると危険を伴います。

Q:ダイエット治療薬は、どのくらい飲めば効果がありますか?

A:ダイエット治療薬がもたらす効果は個人差があり一概には言えません。しかし、1ヶ月以上服用してもダイエット効果があまり見られない場合は、一旦服用を中止して医師に相談することをお勧めします。

Q:高齢者がダイエット治療薬を服用しても問題ありませんか?

A:高齢者がダイエット治療薬を服用すると、副作用が強く出る恐れがあります。服用することは可能ですが、服用中に少しでも体調が悪くなったり心配なことがあれば医師に相談するようにしましょう。

Q:ダイエット治療薬で痩せた後の注意点はありますか?

A:ダイエット治療薬を服用した後の注意点は特にありませんが、体質や生活習慣などによっては服用をやめた後に太ってしまう可能性があるので、リバウンドには気をつけましょう。

Q:糖質も脂質も摂りすぎてしまうのですが、ダイエット治療薬やサプリメントを併用しても問題ありませんか?

A:複数のダイエット治療薬やサプリメントを併用してしまうと、効果が薄まったり副作用が起きたりしてしまいます。併用禁止薬にあたる可能性もあるので、併用したい場合は医師に相談するようにしましょう。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM