むくみを取り除くお薬

むくみ(浮腫)は腎臓や心臓の病気の症状としてあらわれることがありますが、そのような病気を発症していなくても何らかの原因で体内に水分が蓄積するとむくみが引き起こされます。

むくみが酷い場合には、体内の水分を排除してむくみを取り除くお薬を使用するとむくみを改善することができます。

むくみを取り除くお薬には「利尿作用」があり、尿を通して体内の水分を体外に排出させる働きを持つのです。

むくみ取りのお薬の作用・効果

むくみ取りお薬の作用

むくみ取りに使用されるお薬には数種類存在し、それぞれ異なる作用があるものの、最終的には利尿作用をもたらすことによって尿の出をよくする働きを持っています。

私たち人間は食べ物や飲み物を通して水分を摂取していますが、毎日一定量の水分を摂っているわけではありませんし、塩分やカリウムなど尿の量に影響する成分の摂取量も異なります。

ですが、体液の濃度と量は常に一定に保たれています。
人間の身体の約6割は体液といわれていますが、これを常に適度な量に保たれるように腎臓が尿の量を調整しているのです。

しかし、次のような原因で体内の水分がスムーズ排出されず、むくみになりやすいのです:

・水分の摂りすぎ
・塩分の摂りすぎ
・血めぐり不良(血行不良) など

とくにむくみの原因としてよくあげられるのが、塩分(ナトリウム)の摂りすぎです。

ナトリウムは大人の人の体内に100gほど含まれている元素で、体内のミネラルバランスを保つのに欠かせません。
それだけでなく、血液のpH保持や神経の刺激伝達にも役立っています。

ナトリウムは食塩によく含まれているのですが、塩分の摂取量が多い日本人は気づかないうちにナトリウムを過剰摂取しています。
長期的に過剰摂取状態が続くと、血液中のナトリウムが増え、浸透圧が高くなります。
するとこれを薄めようとして細胞から水が血管内に浸透し、その結果むくみが生じるのです。

むくみ取りに使用される利尿剤は、水を体外に排出するためにナトリウムの再吸収を抑制し、身体にたまった水分や塩分を早く尿にする働きがあります。

利尿薬の作用・効果

身体がむくむということは水分が体内に停滞することなので、体重もその分増えてしまいます。
むくみによって太る(水太り)では、体重が2~3kg程度増加するといわれています。

むくみ取りのお薬は、むくみによる体重増加を解消するダイエット(減量)目的で使用されることもあるようです。

むくみを取り除くお薬の種類

むくみ取りのお薬の種類

むくみ(浮腫)を排除する利尿作用を持つお薬には下記のようなものがあります:

・ループ利尿薬
・サイアザイド系利尿薬
・カリウム保持性利尿薬

ループ利尿薬

ループ利尿薬とは、尿による水分排泄を増やし体の過剰な水分や塩分を排泄し、むくみなどを改善する薬です。

ヘンレループ(腎臓の近位尿細管の終端部分から遠位尿細管の始まりの部分まで)という水分吸収に関係する箇所で、水分が血管へ移動するのを阻害して、水分を尿として排出されるのを促進する作用があります。

【代表的なお薬:ラシックス(フロセミド)

サイアザイド系利尿薬

腎臓の尿細管では尿から血管へナトリウムイオンや水分の吸収が行われるのですが、サイアザイド系利尿薬はナトリウムイオンや水分の血管への吸収を抑え、尿として体外へ排泄します。

【代表的なお薬:フルイトラン(トリクロルメチアジド)】

カリウム保持性利尿薬

尿として体内の過剰な水分などを排出し、むくみや血圧などを改善する薬です。

尿から血管への水分吸収などを阻害し、尿量を増やして体内のむくみを減らし血圧などを改善する作用をあらわします。

【代表的なお薬:アルダクトン(スピロノラクトン)

むくみ取りのお薬で起こりやすい主な副作用

むくみ取りお薬の副作用

電解質のバランスが崩れる(電解質異常)

むくみ取り効果のある利尿薬では、余分な水分を外に出すためにナトリウムなどの再吸収を抑制します。

その作用によって、体内の電解質バランスが崩れてしまうことがあります。
ナトリウムの再吸収を抑制するループ利尿薬の場合、カリウムの吸収も抑制されるので低カリウム血症になる恐れがあるのです。

脱水症

利尿剤では尿の量が多くなることで、脱水症を起こしやすいのです。
脱水症の症状としては下記のようなものがあります:

喉の渇き、だるさ、吐き気、めまい、けいれん、ふらつき など

お薬の種類ごとの副作用

・ループ系利尿薬
強力な利尿作用による急性の脱水
ミネラルバランス異常…低カリウム血症・低ナトリウム血症など
聴覚障害

・チアジド系利尿薬
ミネラルバランス異常…低カリウム血症・高カルシウム血症
光過敏性薬疹
高血糖…このお薬は糖尿病患者には使えません。(禁忌)
高尿酸血症…尿酸の排泄が滞るため痛風の症状がより悪くなります。

・カリウム保持性利尿薬
電解質異常
消化器症状
急性腎障害
精神神経系症状(めまい、頭痛など)

副作用が出たら服用を中止しましょう

むくみを取るお薬をはじめて使用する方は、副作用のリスクを最小限に抑えるためにも少量からスタートするようにしましょう。

使用を開始してから何か異常を感じた場合には、すぐに服用中止してかかりつけの医師に相談することをお勧めします。

万が一低カリウム血症などの重篤な副作用が発生した場合、命にかかわる恐れがあります。
副作用が出ても自己判断で使用を継続することはやめましょう。

よくある質問

Q:低血圧なのですが、むくみ取りのお薬を飲んでも大丈夫ですか?

Aむくみ取り効果のある利尿剤には一般的に降圧(血圧を下げる)効果があります。血圧の低い方がむくみ取りのお薬を飲んではいけないということではありませんが、副作用が出るリスクがあることを意識しておきましょう。異常が起こった際にはただちに服用をやめて医師に相談してください。

Q:むくみ取りのお薬を飲んでも尿意がありません。

A:むくみ取りのお薬を飲んでいるのに尿意が出ない場合は、お薬が偽物(偽薬)、腎臓に異常がある、水分の摂取量が足りないなどの原因が考えられます。いずれにせよ自己判断は危険なので、医療機関を受診することをお勧めします。なお、個人輸入では偽薬を販売している業者が存在するので、必ず信頼できるサイトで購入しましょう。

Q:生理中にむくみやすくなるのですが、生理中にラシックスなどのむくみ取り効果のあるお薬を飲んでも大丈夫ですか?

A:生理中はもちろん、女性の身体はホルモンの変化によって変化しやすく、むくみもその症状のひとつです。生理周期によってむくみやすい時期があればそれにあわせてお薬を服用することができますが、用法用量を守り飲みすぎや薬の飲み合わせなどには十分注意しましょう。

バストアップサプリメント・クリーム

バストが小さいと悩んでいる女性は多くいます。
ワコールと宝島社が5,664名を対象に行った調査によると、バストに関する悩みで一番多いのが「バストが小さい」という悩みで、約4割もの女性たちがバストが小さいと悩んでいるそうです。

多くの女性たちがバストのサイズが小さいと悩むなか、世の中には豊胸手術やヒアルロン酸注入バストアップ効果が期待できるサプリメントやクリームが存在するのです。

バストアップサプリメントの効果とメリット

バストアップサプリメントは、配合されている成分にもよりますが女性ホルモンに似た成分が含まれており、それが乳腺に作用してバストを大きくします。

ただ単にバストアップ効果が期待できるだけでなく、美肌効果やアンチエイジング効果も期待できるのです。

バストアップ効果のある栄養は、食事だけでは摂取することが難しいので、毎日の食事に合わせてサプリで栄養を補給すれば効率よくバストアップを図ることができるでしょう。

ただし、サプリメントばかりに頼って食事内容や運動などに手を抜いていると、サプリの効果も半減してしまいますので、生活習慣が乱れているという方は、まずは生活習慣を改善することが先です。

バストアップサプリメントの成分

バストアップサプリを紹介する女性

バストアップサプリメントは、バストに働きかけてサイズを大きくさせる効果をもたらすサプリメントです。

いくつか種類があり、含まれている成分によってバストにどう作用するのかが異なります。

プエラリア・ミリフィカ

プエラリア・ミリフィカはバストアップサプリメントの中でも特に効果が高いと評されているものによく含まれている成分です。

プエラリアはタイやミャンマーなどに生息するマメ科クズ属の植物で、女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲンとプエラリンが含まれています。

植物性エストロゲンは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似ている作用をもたらすことで知られています。
プエラリンには女性ホルモンを促すイソフラボンが大豆の40倍も含まれているのです。

1960年12月に発行されたNATURE誌に記載されているP.M.F.Bishop博士の研究論文によると、プエラリアを投与した成人女性に、バストアップや柔らかくなったという効果が見られたそうです。

タイではもともと伝統医療の一環として、更年期障害を患う女性に使用されていたそうで、その後バストアップ効果や美肌効果が発見されて以降、さまざまなバストアップサプリメントで使用されています。

【プエラリア・ミリフィカを含むバストアップサプリメント:ガウクルアバイオカプセル

ワイルドヤム

ワイルドヤムは北米の中西部から東部、ラテンアメリカやアジアに自生する蔓性の植物で、ヤムイモの一種に該当します。

ワイルドヤムには、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンのもととなるジオスゲニンという成分がたっぷり含まれており、バストのボリュームアップに適していると言われています。

【ワイルドヤムを含むバストアップサプリメント:トータルカーブカプセル

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは主に大豆の胚芽に含まれているフラボノイドの一種で、体内で女性ホルモンと似た働きをします。
美肌を作ることはもちろん、バストアップにも効果があるとして、バストアップサプリメントにもよく含まれている成分なのです。

大豆イソフラボンの摂取目安量の上限は1日に75mg、そのうちサプリメントなどの健康食品からの摂取は30mgが上限とされています。

【大豆イソフラボンを含むバストアップサプリメント:ガウクルアバイオカプセルブレストサクセス

ザクロ

真っ赤な果物といえばザクロです。
ザクロはインドの北西部からペルシャにかけて自生しており、日本ではほとんど生息していません。

ザクロの種子には植物性エストロゲンであるクメストールが含まれており、エストロゲン(卵胞ホルモン)とよく似た働きをするのでバストアップ効果が期待できるのです。

バストアップサプリメントの注意点

ショックを受ける女性

サプリメントは医療薬とは違い、副作用などのリスクがかなり低いので安全性は高いといえます。
しかし、ホルモンを調整する働きがあるものは注意しなければいけません。

たとえばプエラリア・ミリフィカはバストアップサプリメントの中でも特に注目されている成分ですが、日本医師会によると2012年から2017年4月までの間に、消化器障害や皮膚障害、月経不順などの危害情報が209件も報告されたそうです。

プエラリア・ミリフィカは大豆と比較して1000~10,000倍強いエストロゲン活性がみられるといわれており、エストロゲン活性物質の過剰摂取により健康被害が及ぶ恐れがあります。

サプリメントとはいえ、ホルモンを活性化させる作用があることを意識し、成分をしっかりとチェックし、説明書に記載されている用量を超えないようにしましょう。

なお、バストアップサプリメントを飲んで何か異常が発生した際には、ただちに使用を中止して医師に相談することをお勧めします。

バストアップクリームの効果やメリット

バストアップクリームでは、サプリメントとは逆で外側からバストアップを図ります。

バストはマッサージを通して刺激を与えることで、乳腺が発達すると考えられていまが、マッサージで肌が摩擦を起こして肌を傷める恐れがあります。
クリームを使用して滑りをよくすることで、肌を傷めずに安全にマッサージを行うことができるのです。

さらに、バストアップクリームにはバストアップに効果があるとされる成分が多く含まれています。
外側から栄養を与えることが可能なだけでなく、サプリメントとは異なりバストの脂肪にピンポイントで働きかけることができるのです。

バストアップクリームはただ単にバストを大きくさせるだけでなく、肌にハリを与えたり老廃物が溜まりやすいデコルテの血行を促進したりするというメリットもあります。

バストアップクリームの成分

バストアップクリーム

プエラリア

サプリメントと同様に、バストアップクリームにもプエラリアという成分が含まれているものが多くあります。

サプリメントとは違い身体の外から使用するのですが、プエラリアが乳腺を刺激する作用を持っているため、乳腺が大きくなる可能性があります。

ボルフィリン

バストアップに効果のある成分といえばプエラリアが定番ですが、最近ではボルフィリンという成分がバストアップ効果を持つということで注目を集めています。

化粧品工業のための有効成分の開発の世界的リーダーと言われているフランスのセダーマ社が、ユリ科のハナスゲの根に含まれるサルササポゲニンと呼ばれる成分に、脂肪組織を分化・増殖させる効果があることを発見したのです。

プラセンタ

プラセンタは胎盤という意味を持ち、プラセンタが含まれているサプリやクリームには馬や豚などの動物から採取されたものを配合しています。

プラセンタを摂取すると数多くの栄養が得られ、女性ホルモンに働きかけるので若返り効果はもちろんバストの乳腺発達にも効果があるといわれているのです。

バストが小さい人は、何らかの原因で女性ホルモンの分泌が不足している可能性があります。
また、身体を若々しく保ってくれる女性ホルモンは加齢とともに減少していくのです。

プラセンタを摂取することで、女性ホルモンの量が調節されてバストアップを図ることができるでしょう。

スクワラン

スクワランは、ヒトやサメなどの動物やオリーブオイルなどの植物が持っているスクワレンと呼ばれる成分を水素添加させたもので、一般的にオイルとして販売・使用されています。

スクワランオイルの酸化に強い良質の皮脂成分は、皮膚を柔らかくして水分の蒸発を防いでくれる効果を持っているのです。

スクワランが配合されているバストアップクリームは、なめらかな滑りで肌の保湿力を高めてくれるので、マッサージ後はしっとりとした肌触りになるでしょう。

バストアップクリームの注意点

バストアップクリームを手に取る女性

バストアップクリームはバストに対してピンポイントで働きかけて脂肪を増やすことがメリットです。

しかし、バストアップ成分が配合されているクリームが他の部位についてしまうと、そこに脂肪がついてしまう可能性が考えられます。

また、クリームによってはご自身の肌に合わない成分が入っていることもあるかもしれません。
肌に合わないクリームを使用することで、本来は肌を守るべきはずが逆に肌にダメージを与えてしまう恐れがあります。

バストアップクリームは使用前に必ず成分表をチェックし、お肌が敏感な方はパッチテストを行うことをお勧めします。

よくある質問

Q:バストアップサプリメントで生理に変化があったのですが、服用を続けても大丈夫ですか?

A:バストアップサプリメントの中には女性ホルモンに影響を与える成分を含むものがあります。サプリメントを飲んで生理の出血量が増えたり生理が来なくなったりした場合は、服用を中止して医師に相談することをお勧めします。

Q:バストアップサプリメントを長期間飲んでいるのに、胸が大きくなりません。

A:サプリメントとは英語で「補うもの」という意味を持ち、名前のとおり栄養を補うために補助的に服用するものです。薬とは違い強い作用を持つわけではないので、バストアップ目的でサプリメントを服用しても目立った効果が現れないことがあります。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM