カンジタ治療薬とは

カンジタ症の治療薬は、再発治療薬とも呼ばれています。その理由には、症状が他の性感染症と似ていることが関係しているのです。

実際に起こっている症状がカンジタ症であるかどうかは、一度経験した人でないと判断は難しいでしょう。

つまり2度目以降の「再発」であれば、すぐにカンジタ症であることに気付き、治療を始めることができます。
再発してしまったときに利用できることからカンジタ再発治療薬とも言われているのです。

カンジタ症を引き起こす真菌(カビ)の増殖や成長を抑制してくれる抗真菌薬であり、服用するものや患部に直接塗布するなど、さまざまなタイプの治療薬があります。

カンジタ治療薬の特徴を知った上で購入・使用することが大切です。効果や副作用、使い方を紹介します。

カンジタ治療薬の効果

さまざまな有効成分が用いられているカンジタ治療薬ですが、いずれも原因となる真菌(カビ)に対して殺菌的に作用する働きをもっています。

それは真菌の細胞膜を構成している成分、エルゴステロールの阻害をすることが深く関係しているのです。

カンジタ治療薬の働き

この阻害する働きによって、エルゴステロール含有量が低下して真菌の細胞膜は保てなくなります。
すると細胞内にあるべき成分が細胞の外へ漏れ出てしまうので、真菌の成長抑制や殺菌作用につながるのです。

私たち人間の細胞膜には、エルゴステロールは含まれておらずコレステロールで構成されていることから、カンジタ治療薬は原因となる真菌(カビ)を選択的に殺菌してくれます。

また真菌の細胞には細胞壁が存在していて、細胞壁の主成分(グルガン)の構造に必要な酵素を阻害することで、真菌を死滅させるタイプのカンジタ治療薬も作りだされているのです。

カンジタ治療薬の副作用

内服薬や外用薬などがあるカンジタ治療薬は、それぞれ副作用も異なります。どのような症状があるのか事前に知っておきましょう。

カンジタ治療のための内服薬

錠剤を飲んで体内から、真菌を死滅させるために働きかけるタイプの薬なので内臓に影響があらわれやすいといえます。

症状には吐き気や下痢・胃のむかつき・胃もたれ・胃痛・悪心・頭痛・めまい・発熱などがあります。
また稀に発疹やかゆみなどの症状が、皮膚にあらわれることもあるので注意が必要です。

カンジタ治療のための外用薬

クリームやジェルを患部へ直接塗布もしくはスプレーを吹きかけることで、皮膚から直接真菌の活動抑制をしたり死滅させる働きをもつタイプの薬なので皮膚に影響があらわれやすいのです。

症状は、皮膚のかぶれやかゆみ・刺激感・ほてり・赤み・皮膚炎・発赤・紅斑・びらん・丘疹などがあります。
内服薬に比べると、体外から効果を発揮してくれる外用薬の副作用は、比較的軽いものです。

ただし効果同様に副作用にも個人差がある上に、皮膚に症状があらわれることで治っても跡が残る可能性があります。

副作用が起こる場合は、体調など症状の変化に注意して悪化するようであれば使用はすぐに中止しましょう。

カンジタ治療薬の使い方

カンジタ症経験者の割合

女性が発症と再発を繰り返しやすいと言われる、膣カンジタは5人に1人の女性が経験したことがあり再発はその半数を超えます。

男性も発症・感染する可能性はあるので、カンジタ治療薬の使い方を知っておくことがオススメです。

カンジタを薬で治療する際、内服薬の場合は水またはぬるま湯で服用しましょう。

◆内服薬◆
種類 服用量
フォルカン
(ジフルカンジェネリック)
1日1回、上限量は50mg
ゾコン(ダイフルカン) 1日1回、1錠(100mg)
スポラル 食後に1日1~2錠
(100mg~200mg)
ニゾラール 1日1錠(200mg)の
2回服用が上限
ケトコナゾールジェネリック 食後に1日1回2錠
(200mg×2)

そして外用薬の場合は、気になる部分を清潔にしたあとに薬を使用してください。また、種類別の正しい使い方を紹介します。

◆外用薬◆
種類 服用量
クロトリマゾールクリーム 1日1~3回塗布
カネステンクリーム 朝と晩の1日2回塗布
ラミシールクリーム
(テルビナフィン)
1日1回塗布
ラミシールスプレー
(テルビナフィン)
1日1回吹きかける

クリームやスプレータイプの外用薬は1日に1~2回程度の使用で問題ありませんが、内服薬は有効成分や種類によって、1日の服用量は異なります。

規定量を超えると、作用が強くなります。
それは効果が強くなるということでは無く、副作用が強くあらわれてしまう危険性が高まるのでやめましょう。

正しい使い方を知った上で、安全に使用することが大切です。

膣錠(膣坐剤)などのタイプもある

カンジタ症だけでなく、トリコモナス膣炎などの治療薬として膣錠や膣坐錠が用いられる場合もあります。

内服薬とは違い、直接膣口から薬を入れる方法です。
カンジタ症などの性感染症は、外陰だけでなく膣内でも菌が繁殖している可能性が高いので、膣内から治療することができます。

ただし膣錠は膣内で溶け出すことで、効果を発揮するので就寝直前の使用もしくは、使った後は横になって安静にしましょう。

また使用した翌朝に、効果を発揮し終えた薬剤自体やその一部がおりものに混ざって体外へ排出されることもあります。
使用した直後でなければ、効果は発揮されているので心配ありません。

もし治療中に生理がはじまったり、もともと生理期間であった場合は膣錠の使用は控えましょう。
せっかく膣内へ入れても経血とともに流れ出てしまう可能性があるので、生理中の効果はあまり期待できません。

膣剤タイプのカンジタ治療薬は、使うタイミングを計ることが大切なポイントです。

カンジタ治療薬の種類

カンジタ治療薬のいろいろな種類

数多くの種類があるカンジタ治療薬の、それぞれの特徴を知って症状に合わせた薬を選ぶことが大切です。

フォルカン(ジフルカン・ジェネリック)

膣カンジタ症の患者に対して病院から処方される治療薬、ジフルカンのジェネリック医薬品。
有効成分はフルコナゾールであり、ジフルカンとほぼ同じ効果で安全性も高い。

感度を高める効果もあるので、欧米では女性用のバイアグラとも呼ばれている。
同じ真菌に属する菌による感染症、クリプトコックス症にも効果が期待できる。女性用のバイアグラ。

ゾコン(ダイフルカン)

フォルカンと同じフルコナゾールが有効成分として用いられていて、カンジタ症などの真菌による感染症を治療・予防する働きをもっている。

ジェルやクリームタイプが苦手な方にオススメ。また女性器の潤いを増幅させる働きもあることから性交痛を和らげるなどの感度向上の効果を持つ。

スポラル

カンジタ症を含めた、真菌全般の感染症治療に効果を発揮してくれる。
有効成分のイトラコナゾールは成分名で医療用医薬品として存在していて、カンジタ菌に感染した性器・膣・食道・口などの治療薬として用いられている。

また、皮膚科から水虫治療薬として処方されることもあり、塗り薬では患部まで入りづらくて完治が難しい爪水虫でも体内から効果を発揮してくれる。

ニゾラール

ケトコナゾールを有効成分にもつ、抗真菌薬。カンジタ症のほかにも、いんきんたむしや水虫、フケに対しても高い効果が期待できる。

原因菌となる真菌の発育や増殖を抑制することで、炎症やかゆみを鎮める働きがある抗生物質。
クリームタイプなどの外用薬に比べ、即効性があるので短期間ですぐに治したいという方にオススメ。

ケトコナゾール・ジェネリック

ケトコナゾールを有効成分にもつニゾラールのジェネリック医薬品。カンジタ症や水虫、でんぷう(黒っぽいか白っぽいシミのようなものができる)などの原因になる真菌を殺菌してくれる。

症状が広範囲であったり、塗るタイプでは届かない場合でも内服薬なので体内から高い効果で菌を死滅させる。

クロトリマゾールクリーム

クロトリマゾールを有効成分にもつクリームタイプの抗真菌薬。白癬菌(はくせんきん)という真菌が原因となるいんきんたむしや水虫、カンジタ症の治療薬として用いられる。

外用薬なので、内服薬に比べると刺激感などの副作用は少ない。
また成分を皮膚吸収することから皮膚の赤みやかゆみに早く効く上に、再発予防にもつながる。

カネステンクリーム

真菌が原因となるカンジタ症によって引き起こされる症状を、緩和してくれる。

クロトリマゾールが有効成分で、患部に直接塗布することで炎症などの原因となる真菌を死滅させる働きをする。
錠剤が苦手な方にオススメなクリームタイプのカンジタ治療薬。

ラミシールクリーム(テルビナフィン)

テルビナフィンを有効成分にもっていて、カンジタ症や水虫などの感染症に対して高い効果をもつ治療薬。

カンジタ症はストレスなどで発症・再発してしまうこともあるので、副作用が少ない上に1日1回患部へ塗布するだけで良い、このクリームタイプの治療薬は使いやすい利点もある。

ラミシールスプレー(テルビナフィン)

カンジタ症や水虫の原因となる、真菌に対して静真菌・抗真菌の作用を持つ有効成分のテルビナフィンが効果を発揮してくれる。

1日1回症状を抑えたい箇所に、吹きかけるだけで治療効果がみられるスプレータイプの抗真菌薬。
クリームタイプのように手を汚すことも無いので簡単に利用できる。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM