性病・性感染症の薬とは

最も多い性病は、クラミジアとも言われています。しかし、それ以外にも多くの種類があるのです。

その種類には、クラミジアや淋病・ヘルペス・カンジダ・尖圭コンジローマ・梅毒・トリコモナス・アメーバ赤痢・水虫・いんきんたむし(たむし)などがあります。

これらの性病・性感染症には似ている症状を引き起こすこともありますが、原因が違うので治療方法や薬も異なるのです。

症状に適した治療をおこなうためにも、性病・性感染症の薬の特徴を知っておきましょう。

いろいろな性病・性感染症の薬

注射や錠剤・点滴などの薬のイラスト

一般的に性病や性感染症の治療に用いられる薬は「抗菌薬」や「抗ウイルス薬」、「抗真菌薬」に分類されます。

抗菌薬

細菌が体内で増えるのを防いだり、壊したりする働きを持つ薬。
人の細胞には作用しないが、腸内細菌にも影響を与えて副作用を起こすことがある。

種類は数多くあり、そのなかでも代表的なものとしてペニシリンが知られている。

抗ウイルス薬

ウイルスの増殖を抑えたり、作用を弱める働きを持つ薬。ウイルス増殖による症状悪化を防ぐので、早期の服用がおすすめ。

抗真菌薬

カビが含まれる真菌に対して効果がある薬。抗真菌薬のなかにも、簡易的に抗生物質といわれるものもある。
一般的には「細菌に作用する抗菌薬」と「真菌に作用する抗真菌薬」と区別されることが多い。

抗生物質は「抗菌薬」のひとつ

細菌の増殖を抑制したり、破壊したりする働きを持つ抗菌薬のひとつに「抗生物質」があります。

抗菌薬なので細菌に作用する薬ですが、細菌や真菌といった微生物から作られるものを指しているのです。

しかし抗生物質と人工的に作られた化学物質が合成された、抗真菌薬を「抗生物質」という医師もいます。

抗生物質は万能ではない

これまで風邪をひいて病院を受診した際に、抗生物質を処方されることが多いといえますが、実は風邪の原因の約9割は、細菌よりもとても小さいウイルスです。

広く利用される抗生物質ですが、純粋に微生物だけで作られたものでも化学物質と合成されたものであっても、ウイルスが原因の症状には効果がありません。

しかし、ごくわずかな可能性で細菌が原因の風邪であることも考えられることから、風邪で病院を受診した場合に抗生物質を処方する医師が多くいる、とも言われています。

起こりやすいウイルス性の風邪などの感染症、または性病などを引き起こした場合は、抗ウイルス薬の服用が必要になるのです。

薬以外の治療方法もある

薬による治療が必要な性病や性感染症と注射や手術が必要な症状

性病や性感染症の治療として多く用いられるのは薬の利用ですが、服用するタイプの内服薬と患部に塗布するタイプの外用薬があります。

基本的に、クラミジアやヘルペス・カンジダ症・梅毒・トリコモナス症・アメーバ赤痢・水虫・いんきんたむし(たむし)は、薬による治療です。

しかし淋病と尖圭コンジローマは、症状によって注射や手術といった他の治療方法をおこなう必要があります。

注射

淋病の第一選択の治療法として、注射でのセフトリアキソンもしくはスペチクノマイシンという抗生物質の投与があり、どちらかを1回投与するだけで済みます。

【セフトリアキソンの静脈注射】

性器周辺だけでなく喉に感染した咽頭淋病に対しても同時に治療効果が期待できる。
1回うつだけで治療が完了する。

注射ではなく、点滴での投与になる場合もある。

【スペチクノマイシンの筋肉注射】

セフトリアキソンに対してアレルギーがある場合に用いる治療法。
咽頭淋病には作用が弱い可能性があり、内服薬との併用がおすすめ。

お尻の筋肉に太めの針を刺しておこなうので、強い痛みを伴うことがある。

手術

性器や肛門周辺にイボができてしまう性病なので、液体窒素での凍結手術・炭酸ガスレーザー光線での蒸散手術・電気焼灼(しょうやく)手術によってイボを取り除く方法があります。

【液体窒素での凍結手術】

イボと周辺を凍らせて、切除する方法。
切除した部分は一時的に凍傷を起こしたように、数日間は痛みを残す可能性がある。

手術時の出血がほとんど無く、再発した時にも繰り返しおこなえる。
ただ、再発率が他の手術よりも高めといわれている。

【炭酸ガスレーザーでの蒸散手術】

二酸化炭素で作り出されたレーザーでイボを照射して、焼くことで切除する方法。
比較的傷が浅く済むので、身体への負担は少ないといえる。

レーザーを照射したときに、イボが拡散される可能性もゼロではない。
単独で用いられる手術法ではなく、電気焼灼手術の後などの仕上げに用いられることが多い手術法。

【電気焼灼手術】

電気メスで、イボを焼いて切除する方法。
必ず麻酔をするので痛みは無いが、再発しないよう広範囲の処置をおこなう。

身体への負担も大きい上に、手術痕が残る可能性がある手術法。

これらの他にも、ハサミのような鉗子(かんし)という器具でイボを除去する、外科的手術もあります。

手術の際には出血することもあるが、イボを除去したあとに電気メスで患部を焼くことで再発予防にもなるのです。

小さくて数が少ないイボであれば術後1~2週間という早さで回復し、傷跡も元通りになりやすい方法といえます。

このように淋病と尖圭コンジローマは、薬の他に注射または手術という治療方法があるのです。

しかし手術ではコンジローマの原因であるウイルスを体内から無くすことは出来ません。

また淋病治療のための注射といっても、1回うつだけで完治できれば問題ありませんが、症状の悪化などによって治療期間が延びる可能性もあるのです。

いずれも薬の服用継続によって、体内から細菌やウイルスを取り除くことができます。

性病・性感染症治療薬の効果

治療することが必要な性病や性感染症

性病や性感染症は治療せずに放置すると、症状は悪化してしまう一方です。

症状が一時的に落ち着いている場合でも、自然治癒することは無いということを知っておきましょう。

つまり性病や性感染症にかかっている可能性があったら、早急に対処する必要があります。

そんなときに性病・性感染症の治療薬を持っていれば、原因の細菌や真菌・ウイルスなどに働きかけて症状の悪化を防ぎ、治療することができるのです。

数多くある性病や性感染症の治療薬が大きく分類される、抗菌薬・抗ウイルス薬・抗真菌薬さらには抗生物質の効果とその作用について紹介します。

抗菌薬の効果

ひとりでに体内で増殖することができ、症状を悪化させる細菌の動きを抑制する効果をもっているのが抗菌薬です。

そうして増殖を防ぐとともに細菌を壊すので、細菌が感染することによって引き起こされる症状の改善や治療につながります。

抗菌薬の作用

抗菌薬は細胞壁に対して、選択的に攻撃します細胞壁合成阻害)。

ひとの細胞に細胞壁は存在していないので、細菌だけに作用するのです。

そして細胞壁を攻撃された細菌は状態を維持できず、増殖もできないまま死滅します。

細菌にいろいろな種類があるように、細胞壁の合成を抑制する働きをする抗菌薬にも種類があるのです。

さらには細胞膜の透過性に作用して(細胞膜機能阻害)、細胞内の物質が外へと漏れ出てしまうので細菌の死滅につながります。

細菌の増殖を抑制する作用には、細胞が分裂するときタンパク質が必要ですが、新たなタンパク質を作り出すリボソームという器官の働きを抑制するのです(蛋白合成阻害)。

ほかにも、細菌を構成している核酸・その代謝に必要な葉酸の合成を邪魔する核酸合成阻害や葉酸合成阻害の働きをします。

このような抗菌薬の作用によって、細菌の増殖を抑制したり死滅させることができるのです。

【抗菌薬が効く性病・性感染症】⇒淋病トリコモナス症

抗ウイルス薬の効果

ウイルスだけでは増殖できないので、ひとの細胞に感染することで増殖ができるようになり、症状の悪化につながります。

そのため抗菌薬のようにウイルスだけに作用するというのは難しいとされていて、いま存在している抗ウイルス薬は増殖を抑えるだけにとどまっているのです。

つまり体内から除去する働きがあるわけでは無く、ウイルスが体内で増えてしまうのを防ぐことで症状の軽減ができます。

抗ウイルス薬の作用

抗ウイルス薬が細胞にもらたす働き

有効成分に用いられている成分が、ウイルスに感染している細胞のDNAを構成している核の成分に良く似ているのです。

本来はウイルスに感染した細胞が増えていくことで症状が悪化していきます。

しかし抗ウイルス剤の使用によって、異常な細胞のDNAが増殖することを防げるので体内に存在するウイルスの減少につながるのです。

また、ウイルスの増殖や再活性化に影響するDNAポリメラーゼの働きを阻害するので、再発抑制の作用もあります。

さらには免疫細胞を活性化させることで、異常な細胞の増殖を防ぐタイプの抗ウイルス薬があります。

皮膚の異常を修復し、正常な状態へと導いてくれるのです。

抗ウイルス薬は増殖を抑える働きをして、症状の悪化を抑えるのは可能ですが、抗菌薬のように死滅させることはできません

重症化すると治療薬の効き目が弱くなったり治療期間が長くなる場合もあるので、なるべく早めに治療をおこなうことがおすすめです。

【抗ウイルス薬が効く性病・性感染症】⇒ヘルペス尖圭コンジローマ

抗真菌薬の効果

抗菌薬同様にひとの細胞にはなく真菌に存在する、細胞壁に対して作用します。

また、抗真菌薬は細胞膜の成分の違いによって、真菌の増殖を抑制することができるのです。

ひとの細胞膜はコレステロールで構成されていますが、真菌はエルゴステロールという成分で構成されています。

こうした細胞膜の違いと細胞壁の有無を利用して、人の細胞を避けながら真菌だけを選択的に攻撃できるのです。

抗真菌薬の作用

真菌の細胞膜を合成している成分に作用して、膜を壊したり細胞膜合成の邪魔をすることで、細胞内の物質が漏れ出て真菌細胞は状態を維持できなくなるのです。

この働きによって、真菌の成長を阻止したり死滅させることができ、症状の改善や治療につながります。

抗真菌薬は、身体の表面やまぶたなど皮膚の真菌症を治療する外用薬・皮膚の内側や内臓の真菌症を治療する内服薬や注射薬という3つの種類に分かれているのです。

発症している箇所や症状によって、治療に使用される治療薬の種類は変わります。

【抗真菌薬が効く性病・性感染症】⇒カンジダ症水虫・いんきんたむし(たむし)

抗生物質の効果

細菌の増殖を防いだり、死滅させる働きを持っていて抗菌薬のひとつといえます。

抗生物質はそれぞれが特定の細菌に対して、高い効果を持っているので原因菌を特定した上で治療をおこなうことが大切なのです。

またいくつかの系統に分類される抗生物質ですが、体質によってはアレルギー反応を引き起こしたり、抗生物質の系統によっては細菌が耐性を持っている場合もあります。

そんなときは十分な効果を発揮することが出来ないので、他の抗生物質に変える必要があるのです。

抗生物質の作用

睡抗生物質が持つ細菌に対する5つの作用

細菌の殺菌効果が高い抗生物質ですが、種類も多く作用も5つに分類できます。

それは、細胞壁の合成を阻害する作用や細胞膜の機能を阻害する作用、細胞のタンパク質合成を阻害する作用、DNAなどに関係する核酸の合成を阻害する作用、そして核酸の合成や増殖に必要な葉酸の合成を阻害する作用です。

このように細菌細胞だけに作用するので、風邪やインフルエンザなどのウイルス性の症状には効果がありません。

それでもウイルス性であることがほとんどの風邪に対して、病院では抗生物質が処方される理由には、風邪によって免疫力が低下しているなか細菌による二次感染を防いで、症状を悪化させないために処方されることがあるのです。

抗生物質は細菌にしか効かないはず、という曖昧な情報だけで処方された抗生物質を服用しないことはせずに、処方された薬に関してはしっかり服用するようにしましょう。

【抗生物質が効く性病・性感染症】⇒クラミジア梅毒アメーバ赤痢

症状に合った効果を得るために必要なこと

性病・性感染症の治療薬といっても大きく、抗ウイルス薬・抗真菌薬・抗菌薬と抗菌薬に含まれる抗生物質に分類されます。

それぞれが高い効果を持っていますが、原因菌によって治療に適している薬は異なるのです。

つまり原因菌がウイルスであるか、真菌であるか、細菌であるのかをきちんと確認した上で、症状に合った性病・性感染症治療薬を選ぶことで最大限の効果を得ることができます。

性病・性感染症治療薬の副作用

性病・性感染症の薬の副作用を理解することが大切

性病や性感染症の原因となる細菌やウイルス・真菌に対して薬が作用することで、治療効果を得られるので多少身体に負担がかかる場合もあります。

そんなときに副作用として、さまざまな症状が引きこされる可能性があるのです。

一体どんな症状が起こりやすく、その時にできることはあるのか紹介します。

種類が違うと副作用も違うの?

細菌やウイルス・真菌という異なる原因菌に対して作用する薬なら、種類も違う薬を用いるものです。

種類が異なると、あらわれる可能性のある副作用の症状も全く違うものになるのでしょうか。

それぞれの治療薬である抗菌薬(抗生物質も含む)・抗ウイルス剤・抗真菌薬の副作用を比較してみましょう。

抗菌薬の副作用

抗菌薬は、主に淋病・トリコモナス症に対する治療薬のことをいい、比較的軽い副作用は起こりやすいといえます。

なかでも胃腸障害は最も多いとされていますが、しばらく安静にしていれば落ち着いてくることがほとんどです。

そして抗生物質は抗菌薬に含まれていて、クラミジア・梅毒・アメーバ赤痢などの治療に用いられます。

抗菌薬同様、選択的に細菌へ作用してくれますが、腸内の環境を保っている細菌にも攻撃してしまうことで、腹痛や下痢などの副作用を引き起こす可能性があるのです。

ほかにも胃のむかつきや吐き気・便秘という症状は起こりやすくなるので、注意しましょう。

抗ウイルス剤の副作用

抗ウイルス剤は、主にヘルペス・尖圭コンジローマに対する治療薬のことをいい、抗菌薬と同じように胃腸障害は起こりやすいです。

稀に発熱や排尿障害、急性腎不全などの症状が引き起こされる危険性もあります。

このように服用後の体調の変化には注意が必要です。

抗真菌薬の副作用

抗真菌薬は、主にカンジダ症・水虫・いんきんたむし(たむし)に対する治療薬のことをいいます。

真菌への殺菌作用が高い抗真菌薬なので、胃もたれや胃痛・頭痛・めまいなどの症状が副作用として起こりやすいです。

また内服薬であっても、発疹やかゆみなどの症状が皮膚にあらわれる可能性もあります。

内服薬だけじゃない外用薬にも副作用がある

性病または性感染症の治療薬というと、細菌やウイルスを死滅させる働きをするので、体内から作用してくれるイメージを持っている方も少なくないでしょう。

しかし内服薬だけでなく、皮膚症状があらわれている患部に直接塗布する外用薬も存在します。

外用薬だけなら、塗るだけで済むから副作用の心配は無いと思われがちですが、そんなことはありません。

副作用として、刺激感やかゆみ・皮膚のただれ・かぶれ・発赤・皮膚炎・ほてり・皮がむけやすくなるなどの症状が引き起こされる可能性があるのです。

副作用が起きたときの対処法は?

自分自身の安全のためにも副作用の対処法を知る

実は副作用が起こるのは、治療薬が効果を発揮している証のひとつでもあります。

しばらく安静にして様子をみて、症状が落ち着いてくるのであれば問題はありません。

しかし、症状が悪化したり長時間に及ぶ場合には病院を受診し、医師の判断に従う必要があります。

また外用薬を使用して、副作用があらわれた場合は症状の悪化を防ぐためにすぐに水で洗い流してください。

規定量を超えて服用したり、必要以上に患部へ塗布するなどしてしまうと副作用を引き起こす原因になりかねないのでやめましょう。

副作用が起きたときの対処法を知っていると、より安全に治療することができます。

副作用を理解する大切さ

治療薬の効果にも個人差があるように、副作用にも個人差はあるものです。

もちろん副作用は起こらない方が良いように思われますが、全くない場合は効果が得られていないという可能性もあります。

そのため副作用がないだけで安心するのではなく、それなりに副作用があっても症状が改善されている確認をすることが大切です。

そして副作用の症状が悪化して辛いのであれば、それは身体に良い影響とはいえないので、病院を受診する必要があります。

性病または性感染症の治療薬のことに加えて、副作用のことも理解しておきましょう。

性病・性感染症治療薬の買い方

周りにバレないように治療するための買い方

なかなか人に相談することができない性病や性感染症。

もし感染してしまった場合は、病院へ行くことが望ましいですが「恥ずかしくていけない」なんて考える方もいるでしょう。

また以前に治療して、再発してしまったということもあるはずです。

そこで、性病や性感染症治療薬の買い方を紹介します。

病院処方

症状があって病院で診察を受けた場合には、保険が適用され比較的安い費用で済むものです。

しかしカップルや夫婦間でパートナー、もしくは最近関係を持った相手の感染が分かり、症状がないまま診察を受けた場合は、保険適用外のため高額な費用がかかってしまいます。

また、病院で診察を受けるときや治療を続けているときなど、知り合いに会わないか不安になることもあるでしょう。

そんな不安を抱えながらも、しっかり治療をおこなって症状が無くなったら再度検査を受ける必要があるのです。

性病や性感染症は、症状が落ち着いた後でも原因菌が体内や患部に残っている可能性があるので、治療後に原因菌が確認できない状態になってはじめて完治しているといえます。

通販で買える!?

本来ならば、病院で処方してもらう必要がある性病や性感染症の治療薬ですが、実は通販でも買えることを知っていますか。

もちろん日本国内の通販サイトでは販売していませんが、海外の医薬品を通販で購入できるのです。

つまり個人輸入代行をしてくれる通販サイトを利用することで、簡単に治療薬が手に入ります。

病院処方のように知り合いに会う心配も無いうえに、薬代だけで済んだりジェネリック品が買えることによって安い費用で済むのです。

さらには再発してしまった時のために、余分に購入して持っておくこともできます。

全てが自己責任ではありますが、手間も費用も抑えて性病や性感染症の治療をおこなうことができるので知っていて損はありません。

偽物には要注意!

偽物を販売する悪徳業者のイラストと注意のマーク

ただし便利な通販利用だからこそ、その便利さにつけこんで偽物を販売している通販サイトも運営されています。

それは明らかに安すぎる金額で販売していたり、成分量を多くして高い効果があるように見せて高額な価格設定にしていたり、即日発送によって最短3~5日以内で商品が届くなどさまざまな手口があるのです。

海外の医薬品を販売している個人輸入代行通販サイトは、相場の価格設定であり単なる代行業のため、他にはない高用量の治療薬を販売していることもありません。

購入する場合には、いくつかの通販サイトを比較して相場や成分量・メーカーなどチェックすることをおすすめします。

特に商品の到着については、注文そして支払い確認後に海外から商品が発送されるので、1~2週間はかかると想定しましょう。

市販はされていない

病院でも処方されるような治療薬または同等の効果がある薬は、市販されていません。

処方薬がないまま、日本国内で医薬品と直接的な金銭のやりとりがあった時点で薬事法に触れることになるので市販はされておらず、病院処方もしくは通販で買うしか方法はありません。

ただし海外の医薬品通販を利用して、代引きやコンビニ後払いが可能な場合は、薬事法に触れていることになるので、偽物を販売しているなどの違法業者といえます。

本物の性病・性感染症治療薬の正しい買い方を知って、高い効果のある治療薬を利用しましょう。

治療の継続や備えに通販が便利!

ひとくくりに性病や性感染症といっても、原因菌はもちろん症状に対する治療薬はそれぞれあります。

初めに診察を受けて処方薬をもらった後は、治療を続けたい場合や今後のためにも備えたい時に限り、海外医薬品の通販が便利です。

薬をもらうために、毎回診察料も薬の処方代も払っていては金銭的負担が大きくなってしまいます。

それを避けるためにも海外医薬品通販を上手く利用しましょう。

性病・性感染症治療薬の種類

いろいろな性病・性感染症の薬

症状が異なるように、性病・性感染症の治療薬にもさまざまな種類があります。

誤った治療薬を使用してしまうと、効果が得られずに症状が悪化してしまう危険性のほか、特に女性は性病や性感染症の悪化が不妊の原因になりかねません。

適した治療薬を利用するためにも、その特徴を知っておきましょう。

クラミジアや淋病

抗菌薬に含まれる抗生物質が、クラミジアや淋病の治療に多く利用されています。

クラミジアなどの治療薬として最も有名なジスロマックがありますが、細菌性の感染症には広く効果を発揮してくれるのです。

一度感染してしまうと自然に治ることは無いので、原因の細菌を体内から無くす必要があります。

クラミジアや淋病の治療薬は、体内にある細菌に対して増殖を防いだり、死滅させる働きを持っているのです。

ヘルペス

抗ウイルス剤が、ヘルペスウイルス増殖抑制のために用いられています。

健康な細胞には作用せず、ウイルスに感染している細胞に対して選択的に作用するので、治療薬の安全性は高いものです。

皮膚症状には外用薬を使用したり、体内からしっかり治療をおこないたい場合には内服薬を使用するなどの使い分けもできます。

体内のウイルスを死滅させる働きはもっていないので、早い段階での使用がおすすめです。

従来の抗ウイルス剤は作用が減少したり、予防効果が得られないことがありましたが、現在では比較的少量で治療効果が得られるとともに再発予防の効果がある有効成分の治療薬も利用されてきています。

カンジダ

原因菌である真菌(カビ)に作用することから、抗真菌薬に分類される薬が治療に用いられます。

抗ウイルス剤のように、原因である真菌だけに働きかけるので健康な人の細胞には作用しません。

比較的安全性の高い治療薬によって、真菌の増殖抑制や殺菌効果を得られるのです。

ただし内服薬のほかに外用薬も存在していて、もちろん薬によっては使用方法や副作用も異なるので注意が必要といえます。

体内からしっかり治療をおこなったり、皮膚症状から治療をおこなうなど、その時の状況に応じて内服薬と外用薬を使い分けましょう。

尖圭コンジローマや梅毒

それぞれの病原体の成長や増殖を抑えるために、尖圭コンジローマに対しては抗ウイルス剤、そして梅毒に対しては抗生物質が治療薬として用いられます。

尖圭コンジローマの発症によってできたイボは、薬物治療もしくは外科的手術で取り除くものです。

ただしウイルスはまだ体内に残っているので、イボが無くなった後も治療薬の使用を続けることで免疫力を高め、再発予防にもなります。

そして梅毒は症状が無い間にも、病原体の梅毒トレポネーマが体内に残っている可能性があるのでしっかり病院で検査を受けて完治しているか確認する必要があるのです。

いずれの症状も悪化してしまうと、命の危険に及ぶ病気を発症するリスクを高めることにもなるので、早めの治療をおこないましょう。

トリコモナスやアメーバ赤痢

抗原虫・抗菌作用がある薬が治療に用いられ、それぞれの原虫を体内から除去します。

ただしアメーバ赤痢で軽症の場合は、細菌の増殖を抑制する働きがある抗生物質も利用できるとされているのです。

原虫が感染した細胞やそのDNAが増えてしまうのを防ぐ働きを持っている、メトロニダゾールやチニダゾールはトリコモナスとアメーバ赤痢、両方の症状に対する有効成分として治療効果が期待できます。

赤痢には細菌性が原因の細菌性赤痢と寄生虫が原因のアメーバ赤痢があるので、細菌と寄生虫どちらが原因か治療前に確認することが大切です。

水虫やいんきんたむし

カビの一種である白癬(はくせん)菌という真菌が原因で、抗真菌薬が治療に用いられます。

指の間や股・頭部・身体などさまざまな場所に感染する可能性があるので、なるべく早く治療すると拡大を防ぐことができます。

抗真菌薬の効果によって真菌の増殖抑制や殺菌作用を得ることができ、再発予防にもつながるのです。

外用薬で皮膚の表面から有効成分を浸透させて、内服薬で体内から効果を発揮すると、いずれかひとつだけの薬では治療が難しい水虫の症状も改善されるでしょう。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM