不妊治療薬とは

なかなか妊娠できず、不妊治療をおこなう際に使用する薬は様々です。

卵子の生育や成長・排卵を促したり、女性ホルモンの分泌を助けたりすることで、卵子や子宮を妊娠しやすい状態へと導いてくれるのです。

また男性不妊治療薬は、精子を活発にするなど造精機能を高めたり勃起を促すことにより、卵子と受精しやすいように導きます。

不妊治療薬の効果や副作用・飲み方を理解し、安全かつスムーズに不妊治療をおこないましょう。

不妊治療に対するいろいろな薬物療法

不妊症の治療に役立ついろいろな薬

女性の不妊原因には、排卵や卵管・子宮・頸管という機能的なものや免疫系の問題、なかには原因不明という場合もあります。

しかし、卵管や免疫系の問題が原因である以外の状態なら、薬物療法が用いられることもあるのです。

そのなかには、クロミフェン療法やプロラクチン分泌抑制療法・ホルモン療法という服用タイプの治療薬があります。

また、FSH(遺伝子組換えヒト卵胞刺激ホルモン)やhMG(胎盤性性腺刺激ホルモン)、hCG(下垂体性性腺刺激ホルモン)を直接注射することで効果が得られる薬物療法もあるのです。

これらの薬物療法を用いた治療薬がどのような効果をもたらすのか、紹介します。

不妊治療薬の効果

注射タイプの不妊治療薬である、FSHやhMGは直接卵巣に働きかけて複数の卵子を育てる効果、そしてhCGは排卵を促す効果があります。

そして服用タイプでは排卵誘発をするとともに、さまざまな要因がある排卵障害を改善してくれるのです。

不妊治療に作用してくれる治療薬ですが、成分などの特徴が異なると得られる効果にも違いがあることが分かっています。

クロミフェンという成分の効果

クロミフェンは、性腺刺激ホルモンの分泌量を増やす効果を持っているのです。

性腺刺激ホルモンというのは、卵胞の成熟を促す卵胞刺激ホルモンと排卵を促す黄体形成ホルモンを指していて、これらのホルモン分泌を促進させる働きをクロミフェンがしてくれます。

排卵がうまくいかなくなる要因のひとつである性腺刺激ホルモンの分泌量低下を防ぐことで、卵子が育ちやすく排卵できるよう作用する成分です。

また男性不妊症にも用いられることがあり、その場合は睾丸に働きかけて男性ホルモンの分泌を促します。

この作用は精子形成を促進させ、精子を増やす効果が期待できるので不妊症に悩む夫婦が一緒にクロミフェンを治療薬として利用する場合もあるのです。

プロラクチン分泌抑制による効果

排卵障害を改善する不妊治療薬の効果

ホルモンの一種であるプロラクチンの分泌を抑え、排卵障害を改善する効果が期待できます。

本来プロラクチンは産後に多く分泌されるようになり、母乳を出したり授乳中に妊娠しないよう排卵を止める役割を果たしているのです。

ただし産後でもないのにプロラクチンが過剰に分泌される症状を「高プロラクチン血症」といい、この症状を改善することによって排卵を起こしやすくします。

ホルモン剤の効果

低用量ピルなど、卵胞ホルモンや黄体ホルモンが配合されているホルモン剤は、卵巣の機能向上や子宮内環境を妊娠しやすい状態に導いてくれるのです。

ホルモンバランスによって、引き起こされる月経困難症や子宮内膜症・卵巣の機能不全を改善して、不妊を防ぐ働きをします。

そして卵子の発育や成熟・子宮内膜の増殖などにもホルモンバランスは大きく影響しているのです。

さらには月経周期を整えることで排卵のタイミングがつかみやすく、受精卵が着床しやすい子宮内環境を作り出す効果を持っています。

不妊治療薬の副作用

不妊治療薬によってホルモンバランスがこれまでと違う状態になるため、飲み始めは特に吐き気などの副作用が起こりやすいです。

さまざまな副作用のなかでも、子宮内膜が薄くなることや頸管粘膜の減少・OHSS(卵胞過剰刺激症候群)といった症状は、不妊症の悪化につながる可能性もあるので注意が必要です。

子宮内膜が薄くなる

排卵誘発剤による子宮内膜が薄くなるリスク

妊娠しやすい子宮内環境をつくるには、子宮内膜が厚くて成熟したふかふかの状態が望ましいのですが、不妊治療薬を飲むと子宮内膜が薄くなる場合があります。

それは子宮内膜の増殖を促す卵胞ホルモン(エストロゲン)と子宮内膜を成熟させる黄体ホルモン(プロゲステロン)を同時に摂取することになってしまい、子宮内膜がしっかり増えないまま成熟してしまうからです。

子宮内膜が薄い状態では受精卵の着床が難しく妊娠しにくいので、このような副作用が起きた際には一旦不妊治療薬の服用を中止する、もしくはエストロゲン製剤を併用するなどの対処が必要です。

頸管粘膜の減少

頸管粘膜は、量が多くて粘り気が低くて水っぽい弱アルカリ性である状態であれば、子宮内へ精子を含む細菌などが侵入しやすくなります。

しかし、不妊治療薬の服用によって頸管粘膜の分泌が減り、濃くて粘り気が強い酸性の状態になってしまうと細菌とともに精子の子宮内への侵入を防ぐ働きをするのです。

エストロゲンの分泌によって量が増えて弱アルカリ性となり、プロゲステロンの分泌によって量が減って酸性へと変化する頸管粘液は、妊娠するためのとても大切な役割を担っています。

不妊治療薬は抗エストロゲンの働きをすることもあり、頸管粘液の減少が起きやすく妊娠が難しい状態になってしまう可能性があるのです。

子宮内膜が薄くなったとき同様に、不妊治療薬の服用を一旦中止するかエストロゲン製剤を一緒に服用するなどの方法で対処しましょう。

OHSS(卵胞過剰刺激症候群)

不妊治療薬などを使用していて、最も気をつけたい副作用がOHSS(卵胞過剰刺激症候群)です。

排卵を促すため、過剰な刺激を受けた卵巣が腫れてしまったり、お腹や胸に水がたまったりして呼吸がしづらくなります。

腹部の痛みや膨張感・下痢などの症状では軽いといえますが、体重の急増などがあれば副作用は悪化していて、入院もしくはすぐに水を抜く処置が必要です。

OHSSが起こった場合は妊娠したら余計に症状が悪化してしまうので、治療を一旦中止して落ち着いた後に再開するようにしましょう。

双子などの多胎妊娠

排卵誘発剤による多胎妊娠のリスク

排卵誘発剤などで不妊治療をおこなった場合、多胎妊娠のリスクは高くなります。

自然妊娠で双子が生まれることもあるように、排卵誘発剤を服用すると2個以上の排卵が起こる確率はさらに高くなり、多胎妊娠が起こりやすくなるのです。

このとき身体には通常の妊娠以上の大きな負担がかかり、さらには過去に子宮筋腫切除や帝王切開の経験がある場合は、子宮破裂の危険性が高くなるので体調の変化には十分に注意することが大切です。

ほかの副作用が起こる可能性もある

卵子や子宮環境に作用する不妊治療薬を飲んだ後、ホルモンバランスが変化するとイライラや頭痛を引き起こす場合もありますが、服用を続けることでホルモン量が安定してくると症状も落ち着くでしょう。

ただ、落ち着く様子が全くない場合は作用が強いなど、体質に合っていない可能性もあるので不妊治療薬の使用を無理に継続する必要はありません。

副作用の症状によっては、余計に不妊が悪化したり流産のリスクが高くなる場合もあります。

飲み薬の副作用は注射より少ない

効果同様、副作用も個人差がありますが、注射タイプの不妊治療薬は副作用が強くあらわれやすく、飲み薬は比較的副作用が少ないといわれているのです。

その反面、症状によっては作用が強い注射薬での治療が必要になる場合もあります。

ただ副作用が少ないからといって、同じ治療薬をずっと飲み続けてしまうことも良くありません。

半年以上も服用を続けると、耐性ができて効果があらわれにくくなるため、6周期を超える半年が過ぎたら、一旦薬の服用をやめるか不妊症の治療方法を見直すことをおすすめします。

不妊治療薬の飲み方

いろいろな不妊治療薬の飲み方

病院など医療機関での注射や処方薬は、注射後の注意事項・飲み方を確認後しっかり指示に従うことが大切です。

そして全てが自己責任となる通販利用で、購入することができる不妊治療薬の有効成分、クロミフェンとカベルゴリンの飲み方について紹介します。

有効成分がクロミフェンである薬の飲み方

50mgである1錠を、生理初日から5日間飲むことで効果を発揮します。

服用後1~2週間が経過すると、排卵が引き起こされるのです。

服用を始めた当月から排卵が引き起こされる場合もありますが、3ヵ月間同じように服用しても妊娠に至らなければ1度の服用量を100mgの2錠に増やしてください。

1日の服用量は最大100mgとなるので、1度に飲めるのは2錠までです。

それ以上の服用は、副作用を強める要因のひとつになるのでやめましょう。

クロミフェンが有効成分の薬として、クロミッドやクロミッド・ジェネリック、コダカランがあります。

有効成分がカベルゴリンである薬の飲み方

高プロラクチン血症による排卵障害に限り適用される薬で、週に1回服用しましょう。

このとき曜日を固定して、0.25mgである半錠から服用をはじめます。

そして2週間以上の間隔をあけて0.25mgずつ増量し、維持する量を1回0.25mg~0.75mgで定めてください。

【カベルゴリンの飲み方例1】
服用する日 服用量
1~2週目(月曜日のみ) 0.25mg(半錠)
3~4週目(月曜日のみ) 0.5mg(1錠)
5~6週目(月曜日のみ) 0.75mg(1.5錠)
7~8週目(月曜日のみ) 1.0mg(2錠)

1日の服用量は最大1.0mgとなるので、1度に飲めるのは2錠までです。

クロミフェン同様2錠を超える服用をすることは、副作用を強めてしまう可能性があるのでやめましょう。

【カベルゴリンの飲み方例2】
服用する日 服用量
1~2週目(月曜日のみ) 0.25mg(半錠)
3~4週目(月曜日のみ) 0.5mg(1錠)
5~6週目(月曜日のみ) 0.5mg(1錠)
7~8週目(月曜日のみ) 0.75mg(1.5錠)

0.25mgから0.5mgへ増やした服用量で高プロラクチン血症の改善や排卵を促す作用が起こるようであれば、それ以上に量を増やす必要もありません。

もちろん、しばらく一定量の服用を続けた後でも規定内であれば服用量を増やすことも可能です。

このように有効成分と同じ名前である、カベルゴリンというパーキンソン病の薬が排卵障害の治療に用いられる場合もあるのです。

いずれの不妊治療薬でも、用法・用量を守った上で2~3ヵ月程度続けてみて妊娠に至らなければ十分な効果が無いといえるので、他の不妊治療方法を試す必要があるでしょう。

不妊治療薬の種類

いろいろな不妊治療薬

不妊で悩む女性は、何らかの原因によって排卵障害を引き起こしている場合も多く、治療に排卵誘発剤が広く利用されています。

また排卵障害の改善に作用する薬なども処方薬だけでなく、通販でも購入することができるので、それぞれの不妊治療薬の特徴について知っておきましょう。

クロミッド

FSH(排卵刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)という、卵子の成長と排卵の促進に欠かせないホルモンの分泌を促す、排卵誘発剤です。

女性だけでなく男性不妊症の改善効果もあり、精子形成を促すので精子増量が期待できます。

日本でもっとも広く不妊治療に用いられる治療薬がクロミッドであり、有効成分からクロミフェン療法とも呼ばれています。

クロミッド・ジェネリック

広くクロミフェン療法として用いられるクロミッドのジェネリック医薬品です。

無排卵性周期症という不妊症で悩む女性のために開発された、ホルモン剤でありながら男性の精子を増やす効果が期待できます。

女性が服用すると排卵を促し、排卵日を安定させる作用とともに男性が服用すると精子増量を促すので、男女両方の不妊症治療に役立ちます。

コダカラン

排卵誘発剤クロミッドのジェネリック品なので、高い効果と安全性をもっている治療薬です。

また、処方薬に比べて安い価格で購入することができます。

性腺刺激ホルモンの分泌量を増加させるので、卵子の成長・成熟とともに排卵を促します。

男性の場合は、男性ホルモンの分泌が良くなって精子形成が促進されて精子の増量につながります。

カベルゴリン

排卵誘発剤とは異なり、高プロラクチン血症によって起こる排卵障害の改善効果が期待できます。

産後に分泌されるプロラクチンは、母乳が出やすくなったり排卵を止めたりします。

ただし産後でもないタイミングで過剰に分泌されてしまうと、不妊の原因となる排卵障害を起こします。

また男性の早漏改善のほか、賢者タイムとも呼ばれる射精後の無気力状態も改善してくれるので、男性の性機能向上にも効果が期待できます。

不妊治療薬のよくある質問

Q:クロミフェンなどの不妊治療薬の副作用には、どんな症状がありますか?

A:症状には頭痛や吐き気・お腹の張りなどが起こりやすいと報告されています。
別名ホルモン剤ともよばれていて、体内のホルモンバランスを一時的に変化させることから他にもいろいろなリスクがあります。詳しくは「不妊治療薬の副作用」をご覧ください。

Q:風邪薬や鎮痛剤など、市販の薬と不妊治療薬を服用しても問題ありませんか?

A:一般的な風邪薬は併用しても問題はありませんが、解熱・鎮痛作用がある(特にアスピリンが含まれる)薬に関しては注意が必要です。
妊娠もしくは初期の可能性がある場合も同様に注意が必要なので、医師へ相談することをおすすめします。

Q:花粉症や持病の薬などと、不妊治療薬を併用しても問題ありませんか?

A:成分によっては、互いに効果が半減したり副作用を増幅させる危険性があるため、それぞれの有効成分を確認したうえで、飲み合わせに問題がないか医師に相談しましょう。

Q:不妊治療薬を飲み忘れた場合、どうしたらいいですか。

A:気付いた時点ですぐに服用することがおすすめです。ただし、その後の服用時間との間隔が短くなるようであれば1回分飲み忘れたまま、いつも通り服用してください。

Q:排卵誘発剤などの不妊治療薬の服用は、妊娠するまでずっと続けるべきなのでしょうか?

A:同じ不妊治療薬の服用をずっと続けることはありません。詳しくは「不妊治療薬の飲み方」をお読みください。

Q:避妊をしていないけど、全然妊娠できません。どれぐらいの期間、妊娠できない状態が続いたら不妊治療薬を飲み始めた方がいいでしょうか?

A:性交渉のとき避妊をしていなくても、1年以上妊娠できていないという場合には排卵障害や受精障害を起こしている可能性がります。
不妊症の検査、もしくは排卵誘発剤など不妊治療薬の服用を始めることがおすすめです。

Q:不妊治療薬を服用して妊娠した場合、胎児への何らかの影響が起こる可能性はありますか?

A:生まれつきの障害や病気に不妊治療薬が関係していることは報告されていませんが、多胎妊娠の可能性は高くなるといわれています。
また治療薬が影響している根拠はありませんが、不妊症患者が排卵もしくは受精しにくい子宮内環境である可能性が高いので、流産しやすい傾向にあるという報告があります。

Q:40代で不妊治療薬を飲み始めるのは、遅いでしょうか?

A:妊娠・出産は可能ですが、20代や30代に比べると妊娠率は低下しているといえます。

40代で妊娠する女性も増えている現状もありますが、同時に婦人科系疾患の発症リスクが高まる年齢でもあるので、定期的に検診を受けて健康的な子宮を保つ必要があります。
そして食生活など生活習慣を整え、妊娠しやすい状態をつくることを心がけましょう。

Q:20代でも不妊治療薬の服用を始めた方が良い場合もありますか?

A:無排卵月経などの排卵障害を起こしている場合は不妊治療薬の服用が必要であり、それは20代でも当てはまります。
妊娠を望んでいる女性で、避妊をしなくても妊娠しない状態が一定期間(1年)を超えたら、不妊治療薬の服用を始めた方がいいといえます。

Q:サプリや漢方なら不妊治療薬と一緒に服用しても大丈夫ですか?

A:ビタミンAやイソフラボン・生生姜(ジンゲロール)・カフェイン成分が配合されているサプリは併用しないでください。

特に生生姜に含まれるジンゲロールは解熱作用を持っていて身体を冷やしてしまうため、逆に妊娠しにくい状態にしてしまう恐れがあります。
加熱もしくは乾燥したら「ショウガオール」という成分に変わり、身体を芯から温める成分となるので併用しても問題ありません。

漢方薬では、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)や温経湯(ウンケイトウ)には血行促進作用により冷え性・月経痛改善、芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)には排卵障害の改善、柴苓湯(サイレイトウ)には着床障害の改善・流産予防の効果が期待できるので、併用もおすすめです。
病院やクリニックによっては、こうした漢方薬での治療も取り入れられています。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM