ホルモン剤とは

男女ともに起こりうる更年期障害、または性ホルモン分泌の低下によって引き起こされる諸症状の治療に用いられる薬の多くをホルモン剤といいます。

体外から人工的に摂取することで、本来体内で生成されているホルモンの分泌を抑制するのです。

その働きによって更年期障害などの改善・予防、さらには筋肉増強や妊活に必要な身体づくりのサポートをしてくれるのです。

全てのホルモン剤が同じ働きをもっているわけではないので、それぞれの特徴を知った上で症状に合ったホルモン剤を選びましょう。

また、性ホルモンが発症や症状悪化に関係するガンの症状改善・予防には、抗ホルモン剤が役立ってくれます。

抗ホルモン剤は更年期障害や妊活などに作用するホルモン剤とは逆の働きを持っていますが、乳がんや子宮体がんに対する「ホルモン剤」ということがあるため、注意が必要です。

ホルモン剤の効果

ホルモン低下による諸症状を説明する男女の医師

ホルモン剤は、急激な性ホルモン分泌量の低下によって引き起こされる身体の不調を改善するために用いられることが多い治療薬といえます。

日本でも内服薬だけでなく外用薬(塗るタイプや貼るタイプ)があるのです。

効果としては、自律神経失調症で引き起こしやすいのぼせ・発汗・動悸・息切れなどの症状改善、抑うつ・認知症の予防が期待できます。

男性ホルモン剤の作用

男性ホルモンであるテストステロンを体外から摂取することで、バイタリティ(生命力や活力)の向上・筋肉や骨の成長促進・性欲増進・精子の形成などの作用をもたらしてくれるのです。

これらの作用によって、更年期障害・男性不妊症などの症状改善、筋肉増強剤として役立ってくれます。

女性ホルモン剤の作用

女性ホルモンのエストロゲンは、脳や中枢神経などの精神的な部分と循環器や脂質・骨代謝といった身体的な部分に加えて、生殖機能にも作用する成分です。

こうした成分であることから、PMS・婦人科系疾患の症状改善や避妊、更年期障害の薬または不妊治療薬として役立ってくれます。

この作用から分かるように、一般的にピルと呼ばれている低用量ピルもホルモン剤に含まれているのです。

また、ホルモン剤に分類される低用量ピルは、卵巣がんや子宮体がん(子宮内膜がん)予防にも役立つとされています。

不妊症の治療に用いられるホルモン剤は、それぞれの性ホルモンを摂取するタイプではなく、性腺刺激ホルモンをといって性ホルモンの分泌を促す作用を持つタイプもあります。

そのため、男女で同じホルモン剤が用いられる場合もあるので、しっかり作用を確認したうえで使用することが大切です。

抗ホルモン剤の作用

抗ホルモン剤のなかでも、女性に用いられるのは「抗エストロゲン薬」・男性に用いられるのは「抗アンドロゲン薬」と呼ばれています。

※「アンドロゲン」はテストステロンを含む男性ホルモンの総称。

このようにそれぞれの性ホルモンの働きを抑制する作用を持っていることで、性ホルモンをエサとするガン細胞の成長や増殖を防げるのです。

男性なら前立腺がん・女性なら乳がんや子宮体がんなどの症状改善や予防に役立ちます。

ホルモン剤の副作用

ホルモン剤の副作用に悩む中年の男女

ホルモン剤を使用すると、これまでの体内のホルモンバランスとは異なってくるため飲み始めの1~2ヵ月程度は胃のむかつきや吐き気などの症状が起こりやすくなるのです。

また女性の場合は、生理前のように乳房もしくは下腹部に張りや痛みを感じる場合もありますが、これらの副作用は量を少なくするなどの工夫で副作用の軽減につながります。

そして、ホルモン剤にはエストロゲンだけ配合されているタイプ以外にも、プロゲステロン(黄体ホルモン)との混合剤や黄体ホルモンだけのタイプも存在します。

それはエストロゲンだけの摂取によるホルモンバランスの乱れを最小限に抑えて、副作用を起きにくくするのです。

男性の場合は、頭髪の脱毛や精神的不安定・コレステロール値の上昇・肝機能の低下などが引き起こされる可能性があります。

更年期障害を引き起こしているときであっても妊活をするときでも、現時点でのホルモンバランスを故意に変化させる働きがあるホルモン剤の使用は、副作用を引き起こしやすいため注意しましょう。

抗ホルモン剤の副作用

ホルモン剤とは正反対の作用を持つ抗ホルモン剤は、エストロゲンやアンドロゲンの分泌を抑制する作用があるため、更年期障害のような症状を引き起こしやすいといえます。

ただホルモン剤同様に、副作用として血栓症を起こす可能性があるので注意が必要です。

特に注意したい血栓症予防に役立つサプリ

心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な疾患を引き起こす危険性がある血栓症を未然に防ぐために、南極クリルビタミンというサプリが役立ってくれます。

本来はダイエットサプリとしてオメガ3脂肪酸が配合されていますが、血液をサラサラにする作用があるため、ホルモン剤による血栓症のリスクを下げる効果が期待できるのです。

ホルモン剤の買い方

病院処方と通販購入の違い

さまざまな治療に用いられるホルモン剤は、病院からの処方薬として購入する方法と全て自己責任で通販を利用して購入する方法があります。

サプリであれば市販で購入することもできますが、医薬品は処方箋が無ければ本来日本国内で購入することはできません。

しかし海外医薬品を取り扱っている、個人輸入代行をおこなっている通販サイトであれば、ホルモン剤の購入が可能なのです。

病院処方と通販での買い方の違いについて紹介します。

病院処方

診察を受けたうえで、症状に合った治療薬を処方してもらうことができます。

しかし、保険適用される検査や治療薬が限られていて、一部保険適用外もしくは全て自己負担となる場合もあるのです。

医師から説明を受けられることで安心感は得られますが、診察の予約や通院にも手間がかかってしまう難点があります。

ただ、自身に合う治療薬を利用するためにも検査を受けた上で、診察そして処方薬を購入することがおすすめです。

通販

簡単に注文・そして購入ができる通販では、薬代だけで済むので通院にかかるはずの費用を抑えることができます。

ただし病院処方のように(診察)当日に治療薬が手に入ることは無く、注文後1~2週間は到着まで日数がかかってしまうのです。

気になることがあっても、医師の説明を受けられないので一度は病院で診察を受けた後に、問題なく利用できる治療薬を通販で購入することをおすすめします。

ホルモン剤の種類

いろいろあるホルモン剤の種類

数々の症状に対する効果が期待できるホルモン剤の特徴と、代表的な抗ホルモン剤もあわせて紹介します。

ホルモン剤と抗ホルモン剤は名前の通り正反対の作用をするため、どちらに分類される治療薬であるのか使用前にしっかり確認することも大切です。

プレマリン

エストロゲンの補充療法として用いられるプレマリンは、更年期障害はもちろん月経不順や無月経・子宮の発育不全・卵巣の機能不全などに対する改善効果が期待できます。

ほかにも卵巣を取り除いたことによって起こる卵巣欠落症状に役立つうえに、排卵や生理のサポートをするため妊娠しやすい状態に導く、服用タイプのホルモン剤です。

オエストロジェル

更年期障害や卵巣摘出による、諸症状の改善に役立ちます。

エストロゲンを、皮膚吸収によって摂取することができるジェルタイプで、錠剤が苦手な人におすすめのホルモン剤です。

服用タイプとは異なり、肝臓への負担は少ないとされていますが、多量の塗布は強い副作用を引き起こす可能性があるので、用量を守りましょう。

アリミデックス

乳がんの症状改善や再発予防に効果が期待できる、抗ホルモン剤です。

エストロゲンの体内での生成を抑制してくれるため、過剰分泌によって引き起こされる更年期障害に対しての症状改善にも役立ちます。

また、アナボリックステロイド(筋肉増強剤)の使用中に起こりやすい女性化を防ぐ働きも持っている治療薬です。

ホルモン剤のよくある質問

Q:ホルモン剤(更年期障害の薬やピル、筋肉増強剤など)を服用していると、女性なら乳がんや子宮体がん・男性なら前立腺がんの発症リスクが高まるのは本当ですか?

A:がん細胞のエサとなるのが性ホルモンなので、がんの発症リスクを高める可能性もゼロではありません。
しかし、正しい用法・用量で服用していれば、特に問題はないという報告もあります。

Q:乳がんや前立腺がんの治療に使われる薬と更年期障害などの治療に使われる薬は、同じホルモン剤でしょうか?

A:わかりやすくどちらも『ホルモン剤』と呼ぶ場合がありますが、乳がんの治療に用いられるのはホルモン剤とは逆の作用を持っている『抗ホルモン剤』に分類される、違う治療薬です。
詳しくは「抗ホルモン剤の作用」をご覧ください。

Q:抗ホルモン剤である抗エストロゲン薬は、どれぐらいの期間服用したらいいのでしょうか?

A:「お悩み宅急便」でお取り扱いのある抗ホルモン剤については、2年~5年間は服用を続けることが推奨されています。
さらには10年間の服用で、乳がんの再発・転移の確率を下げることも分かっています。

Q:男性の抗ホルモン剤である抗アンドロゲン薬を服用した場合、性欲を低下させることができますか

A:男性ホルモンの分泌量が増えることで、性欲増大にもつながるので抗アンドロゲン薬の服用により性欲低下の作用につながりやすいといえます。
ただし服用をする際は、ホルモン量の変化による体調不良などが起こるリスクについて理解しておきましょう。

Q:男性が乳がんになった場合、女性の乳がんと同じように抗ホルモン剤を使用するのでしょうか

A:乳がんを発症する乳腺は男性にもあるもので、女性同様にエストロゲンの増大が関係しています。
そのため、女性の乳がん治療と同じホルモン剤が基本的に用いられます。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM