抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬とは

アレルギーは、身体が特定の抗原に対して過敏に反応する状態を指します。

私たちの身体にはウイルスや細菌といった異物が侵入してきた際に、これらをやっつけるために体内に抗体が作られます。
ところが、花粉やほこりなど、身体に害を与えない物質に対しても過剰に反応してしまい、攻撃し過ぎることがあります。
身体を外敵から防御するためのしくみが、逆にマイナスの症状をもたらす免疫状態のことを「アレルギー」と呼ぶのです。

抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬は、アレルギーの原因となる物質(ヒスタミン)が体内で作用することを防ぐお薬を指します。
これらの薬には、鼻水やくしゃみ、呼吸困難といったアレルギーによる症状を抑える働きがあります。

近年、生活環境や生活様式の変化にともない、花粉症やアレルギー性鼻炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患を発症する人が増えてきました。
アレルギー性疾患の治療として、抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬の開発が進められています。

抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬が誕生するまで

ヒスタミンは1910年に発見され、アレルギー性疾患を引き起こす要因であることが認識されて以降、抗ヒスタミン剤の研究が行われ始めたのです。

1940年代に抗ヒスタミン薬、1970年代にメディエーター抑制薬、1980年代から90年代にかけてヒスタミンH1拮抗薬、1990年代には脂質メディエーター抑制薬といった抗アレルギー薬の開発が進められてきました。
抗アレルギー薬は20世紀の半ばに世界中で広がったとされています。

抗アレルギー薬は、1999年から出願人数と出願件数が増加傾向にあります。
特許出願上位21位以内はすべて製薬会社で、ファイザーや武田薬品工業、アストラゼネカなどの有名企業の名前が挙がっています。
なお、上位21社のうち、約半数が日本の製薬会社であるようです。

抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬の効果

アレルギーは、あるものに対して過敏に反応する状態を指します。

抗アレルギー薬は、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの化学伝達物質の働きを抑制するものです。
アレルギー性疾患には気管支喘息や蕁麻疹、鼻炎などさまざまな症状がありますが、その多くはヒスタミンやロイコトリエンといった炎症化学物質が起因しています。

アレルギーが発生する仕組み

抗アレルギー薬の作用は、アレルゲンの影響を受けた細胞からヒスタミンなどの伝達物質が放出されるのを防ぐことです。
血管を広げたり、血管の透過性をよくしたり、気管支平滑筋を収縮したりする作用があります。

なお、アレルギーを引き起こすのはヒスタミンだけでなくロイコトリエンなど他の物質もあり、抗アレルギー薬はヒスタミンに限定されず他のアレルギー物質の働きも抑制します。

アレルギー症状を抑える薬の中には「抗ヒスタミン薬」と呼ばれるものがあります。
抗アレルギー薬は広義ではアレルギー疾患の治療薬全般を指しますが、アレルギー疾患の慢性長期管理として使用されることが多いようです。
一方で抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンが受容体と結合するのを防ぎます

抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬の大きな違いは、即効性です。
抗アレルギー薬は効果が現れるまでに数週間ほどかかり、抗ヒスタミン薬と比較して即効性に劣ります。

抗アレルギー薬は、主にアレルギー症状の予防として使用され、抗ヒスタミン薬はアレルギー症状が起きた時の対処法として使用されることが多いのです。

もしアレルギー症状が発症してしまった場合には、抗アレルギー薬ではなく抗ヒスタミン薬を使用しましょう
その後症状が落ち着いたら、今後の予防のために抗アレルギー薬を服用することをお勧めします。

抗アレルギー薬の副作用

抗アレルギー薬は免疫細胞に作用し、その働きを阻害する働きがあります。
花粉が飛び散る時期や空気が乾燥しがちな冬では、アレルギー対策として抗アレルギー薬を服用する方が多くなります。

そこで心配になってくるのが副作用です。
抗アレルギー薬での副作用は、薬の種類や摂取量、その日の体調などによって異なりますが、一般的な副作用としては眠気があります。

抗アレルギー薬は長期的に飲む薬のため、比較的副作用は少ないと言われています。
しかし、ごく稀にめまいやホテリ、食欲不振などの症状が副作用として現れます。
抗ヒスタミン作用を持つ薬では、眠気やふらつきなどが起こることがあります。

アレルギーの飲み薬として最も代表的なのが第1世代抗ヒスタミン薬第2世代抗ヒスタミン薬です。

第1世代の抗ヒスタミン薬は主に鼻水や鼻づまり、くしゃみへの対策に使用されます。
抗アセチルコリン作用を持つため、強い眠気が出やすく、口の渇きや便秘という副作用が起きやすい傾向にあります。

就寝前に服用することで眠気を心配する必要はなくなりますが、日中に服用する際には車の運転や機械の操作などは避けた方が良いでしょう。

第1世代の抗ヒスタミン薬は、効果が高い分副作用も強いので、副作用があっても効き目を優先させたいという方に向いています。

一方の第2世代抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)は、アレルギー症状の原因となるヒスタミンを放出させない作用があるため、鼻水や鼻づまり、くしゃみはもちろん、花粉症の予防としても使用されます。

第2世代抗ヒスタミン薬では、眠気や口の渇きといった副作用が第1世代に比べて少ない傾向にあります。
ただし、第2世代抗ヒスタミン薬は長期的に飲む前提のお薬なので、その分即効性は低くなります。

効き目よりも副作用のリスクを抑えたいという方には、第2世代抗ヒスタミン薬が良いでしょう。

抗アレルギー薬の飲み方

多くの一般的なアレルギー薬は、長期的に飲む薬(長期管理薬)です。
継続して服用することで、体内でアレルギー反応を抑制できるように開発されています。

ただし、例外として下記の抗アレルギー薬は長期の服用は好ましくないとされています。

・セレスタミン配合錠
・ディレグラ配合錠

セレスタミン配合錠には、第1世代の抗ヒスタミン薬であるベタメタゾン(ステロイド成分)が含まれています。
この成分を長期的に摂取すると、内分泌・代謝に影響を与える恐れがあるのです。

ディレグラ配合錠は、プソイドエフェドリンという成分を含んでおり、これが交感神経刺激作用を持っているため、長期的に服用することで交感神経と副交感神経のバランスを崩してしまうことがあります。

それ以外の一般的な抗アレルギー薬は、長期間服用しても安全性が確保されています。

先に述べたように、アレルギーの薬では副作用が起こることがあります。
特に第1世代の抗ヒスタミン薬は副作用が強く出る傾向にあるため、仕事中や移動中など、日中に服用する際には十分注意する必要があります。

花粉症対策として抗アレルギー薬を服用する場合は、花粉が本格的に飛び散る2週間くらい前から薬を飲むことで、症状が現れる時期を遅らせたり花粉のピーク時の症状を抑えたりできるのです。

花粉症対策

また、これは薬全般に言えることですが、抗アレルギー薬を服用する際には、必ず水またはぬるま湯と一緒に飲むようにしましょう。
それ以外の飲料と飲んでしまうと、薬の成分が溶けてしまい、効果が半減する可能性があります。

抗アレルギー薬の種類

抗アレルギー薬の種類

現在のアレルギー治療薬にはさまざまな種類があり、それぞれ特定の症状により高い効果を発揮します。

アレルギーの治療薬には、錠剤やシロップ、喘息用のインヘラー(吸引薬)など服用タイプもさまざまです。

花粉症やアレルギー性鼻炎、気管支炎など症状別で良く聞くアレルギー治療薬をご紹介します。

アレルギー性鼻炎

アレグラテルファストアレリドジルテック・ジェネリック など】

アレルギー性鼻炎とは、風邪をひいたわけでもないのにくしゃみや鼻水、鼻づまりが起こる病気で、アレルギー反応によって鼻の粘膜が炎症を起こすことが原因です。

ハウスダストや花粉、大気汚染、ストレスなどさまざまな要因がアレルギー性鼻炎の引きがねになります。

『アレグラ』とそのジェネリック医薬品の『テルファスト』は、アレルギー症状を起こすヒスタミンの受容体の働きを抑える働きを持っています。

アレグラとそのジェネリック医薬品は、第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されます。
第2世代の特徴として、抗コリン作用など余計な作用が減弱されているため、第1世代に比べて副作用が少ないという点があげられます。
また、脂溶性が低く脳に行き届きにくいため、眠気も起こりにくいのです。

ただし、アレグラは年齢制限があり、医療用のアレグラは7歳以上でないと使用できないのです。
ちなみに市販薬のアレグラは、15歳未満の小児には使用できないとされています。

ジルテックとそのジェネリック医薬品(アレリド、ジルテック・ジェネリック)も第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されるので、副作用が少ない傾向にあります。

ジルテックの有効成分『セチリジン塩酸塩』は、即効性が高く持続時間も長いというのが特徴です。
特にくしゃみや鼻水によく効果を発揮し、アレグラとは違って小児にも使用可能です。

花粉症

エリアスシロップエリアス など】

花粉症はスギやヒノキなどの植物の花粉により、くしゃみや鼻水といったアレルギー症状を引き起こす病気です。

症状はアレルギー性鼻炎とほぼ同じですが、毎年花粉が飛び散る時期にだけ症状が出る『季節性アレルギー性鼻炎』がいわゆる花粉症です。

花粉症にはアレグラが効きますが、同時にエリアスも高い効果を発揮します。
エリアスの有効成分『デスロラタジン』と呼ばれるものですが、デスロラタジンは他の抗ヒスタミンに使用されている『ロラタジン』の活性代謝物であり、活性代謝後のデスロラタジンを使用することで、アレルギー症状を素早く軽減できるのです。

即効性が高いことから、花粉が飛び散る時期でも症状を即座に抑えることができるでしょう。
なお、エアリスのシロップタイプの『エリアスシロップ』も存在しますが、シロップタイプの方がより即効性が高く、錠剤が苦手な方にはシロップタイプがオススメです。

アレグラと同様に第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されるので、副作用も少ないとされています。

喘息・気管支炎

セロフロ(アドエア)セロフロ インヘラー(アドエア)吸入器アスタリン(サルブタモール)シングレア・ジェネリック など】

喘息は気道が炎症を起こしている状態を指し、喘息患者は常に気道が炎症を起こしているのです。
ホコリやストレス、喫煙習慣が喘息を引き起こすとされています。

気管支炎という喘息に似た病気がありますが、気管支炎はウイルスや細菌が呼吸器の粘膜につき、一過性の炎症が起こる病気です。

喘息の治療では、発作を起こさないために炎症を抑える薬が用いられます。
アドエアは喘息発作の予防で良く使用されている吸入器で、ジェネリック医薬品も発売されています。

シングレア・ジェネリックは主成分が『モンテルカスト』で、喘息による気管支の収縮・粘膜分泌の活性などを抑制し、症状を和らげます。

アスタリンのように『サルブタモール』を含む薬は気管支拡張薬と言われており、服用することで気管支が広がって気道の通気が良くなるのです。

アレルギーに効く薬と一言で言っても、症状によって効きやすい薬は違ってきます。
アレルギー症状で悩んでいる方は、具体的にどの病気に当てはまるのかを確認し、それに最も適した薬を選ぶのが良いでしょう。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM