若年性更年期(プレ更年期)障害

横断歩道を渡る若い人たちの足もと

更年期を迎えた45歳~55歳頃に発症しやすい更年期障害ですが、最近では20代や30代の女性でも更年期障害によく似た症状が起こっている人が増加傾向にあるといいます。

本来は性ホルモンの生成機能が低下することによって引き起こされるはずの更年期障害が、若い年齢であるにも関わらず起こることで、見過ごしやすいでしょう。

しかし更年期障害と同様の症状が起こっているため、女性・男性ともにさまざまな弊害がでてくるのです。

若い男女でも起こる可能性がある若年性更年期(プレ更年期)障害について知り、もしものときに備えておくことをおすすめします。

若年性更年期障害の原因

更年期を迎えた男女の場合は、加齢によって性ホルモンを分泌する精巣や卵巣の機能低下が大きく影響していることがわかっています。

しかし若年性更年期障害の場合、不規則な食生活や睡眠不足・過激なダイエット・喫煙・過度な飲酒といった乱れた生活習慣が深く関係しているのです。

特に女性は社会進出が増えた反面ストレスを抱えやすくなり、心身の疲れが脳へ影響を及ぼすことで、エストロゲンの分泌量低下につながってしまいます。

ほかにも過度な運動も身体的なストレスとなって、若年性更年期障害を引き起こす可能性があるので、男性やスポーツ選手も例外ではありません。

若年性更年期障害の症状

若年性更年期障害の症状と悪化による影響

発症すると、更年期障害同様の症状として動悸やほてり・のぼせ・発汗・息切れ・めまい・イライラ・頭痛・倦怠感・不安・不眠など身体的な症状から精神的な症状までいろいろ起こりやすくなります。

若いから問題ないと考えがちですが、放置すると悪化して骨粗鬆症や生活習慣病・うつ・脱毛などの発症リスクが高くなる危険性もあるのです。

それだけでなく、女性は生理不順や無月経によって妊娠しにくい身体となり、早期閉経してしまうと妊娠・出産ができなくなります。

男性は活力や意欲が低下し、性機能の低下つまりED(勃起不全)を発症する可能性もあるのです。

特に分かりやすい変化として、朝勃ちの回数が減ってきた、しばらくの間ずっと起こらなかったなどの症状があれば、更年期障害もしくは他の何らかの疾患が関係している可能性があります。

ほかにも不妊やEDで悩みたくない方は、年齢関係なく更年期障害のような症状があらわれたら、早めに病院を受診して生活習慣の見直しもしくは治療を始めましょう。

若年性更年期障害になりやすい人の特徴

通常の更年期障害に比べて、生活習慣が大きく関係していることが分かる若年性更年期障害になりやすい人の特徴は、ストレスに弱かったり抱え込みやすい人・PMSで悩んでいる人・痩せすぎや太りすぎ・無理なダイエットをする・喫煙者・不規則な生活を送っている・過度な運動をしている人などです。

ストレスを抱え込みやすい人や吐き出せない人は、自律神経が乱れる原因を作り出しやすいうえにタバコや過度な飲酒・不眠・拒食や過食といった生活習慣の乱れにも大きく影響してしまいます。

また真面目であったり、責任感がある、神経質な人もストレスを感じやすいといえるので、同様に生活習慣へ影響しないよう注意が必要です。

そしてPMSで悩んでいる女性は、既にホルモンバランスが乱れていてストレスや生活習慣の影響があらわれやすいため、若年性更年期障害の発症リスクも高い可能性があります。

もちろん、これらに当てはまる人全てが若年性更年期障害を引き起こすわけではありませんが、この特徴から誰が発症してもおかしくないことが分かるのです。

若年性更年期障害になりやすい人の特徴について知っておいて、自分自身もしくは周囲の人で当てはまることが多いうえに思い当たる症状があらわれている場合は、早めの対処がおすすめです。

若年性更年期障害の治療・予防法

いろいろある若年性更年期障害の治療法と予防法

若年性更年期障害の治療としては、ホルモン療法や漢方薬の服用でホルモンバランスを整えることができ、閉経前の女性は低用量ピルでの治療もできます。

そして発症の原因ともなる、多大なストレスや生活習慣の乱れを予防するためには、十分な睡眠とバランスの良い食事など規則正しい生活を送ること、適度に運動をすること、ストレスをうまく軽減・解消することがいいでしょう。

性格的なものは簡単に変えられないので、自分自身に合ったストレス解消法を見つけて溜めこみ過ぎないようにする必要があります。

早期閉経になる前の治療が大切

若年性更年期障害が悪化すると女性は最悪の場合、40歳を過ぎる前に早期閉経してしまう危険性があるということも知っておきましょう。

そうなれば妊娠は難しくなってしまうため、妊娠を望むのであれば排卵誘発による自然妊娠、もしくは卵巣から原始卵胞を摘出して体外受精を試みる方法があるのです。

早期閉経してしまうと、若年性更年期障害による閉経後の病気の予防と不妊治療が必要となるため、その前に治療することをおすすめします。

若年性更年期障害を発症して、早期閉経する前に月経不順そして一時的に月経が来ない無月経から更に悪化して早期閉経となることがほとんどなので、月経不順もしくは無月経となった時点で治療を早急におこないましょう。

若年性更年期障害にならないためにできること

男女が寄り添って景色を見ている様子

生活習慣やストレスなどが大きく影響する若年性更年期障害を避けるには、生活習慣の見直しや自身のストレス解消法をみつけることのほかに、暴飲暴食をしない・喫煙しない・朝日を浴びることもおすすめです。

朝日を浴びると脳のセロトニン分泌が促されて、うつ症状の抑制や心身を落ち着かせることができます。

そして代表的な冷えやのぼせを防ぐには、適度な運動や入浴時にぬるめのお湯につかって身体を温めることもいいでしょう。

そうすることで、身体の血行が良くなると同時にリラックス効果も得られ、十分な睡眠もとりやすくなります。

普段からできる若年性更年期障害の治療と予防法を知って、心身の健康を保つことが若年性更年期障害を未然に防ぐことにつながるのです。

過去にチェックした商品
CHECKED ITEM