不眠症とは

不眠症とは、「寝つきが悪い」「眠りを維持できない」「熟睡感がない」「起床時刻よりも大幅に早く目が覚めてしまう」といった事が原因で、昼間の眠気や注意力の散漫、心身のストレスによる体調不良など、日常生活に影響を及ぼす状態を指します。

日本人のおよそ20%がこのような症状に悩まされている事をご存知でしょうか。不眠症は中年、老年と加齢と共に割合が増え、男性よりも女性が多い傾向にあります。

人は寝る事で心身の修復や脳の記憶の整理を行なっていて、それが不十分であると、体と脳のメンテナンスが不完全となり健康を害してしまいます。

不眠症を詳しく知り、改善への道を目指しましょう。

不眠症の定義

なかなか眠れず、寝不足となる経験は誰にでもあること。しかし不眠症と単なる寝不足は異なります。
睡眠障害国際分類による不眠症の診断基準は以下の通りです。

【1】日中の機能障害が以下の中から一つでもある場合
□ 倦怠感、不定愁訴(検査で異常のない体調不良)
□ 集中力、注意、記憶力の低下
□ 社会的機能の減退
□ 気分が良くない、気持ちに焦りがある
□ 日中の眠気 
□ やる気の低下
□ 仕事のミスや運転中事故の危険を感じる
□ 寝不足による緊張、頭痛、胃腸の調子が悪くなる
□ 寝ることに対して不安感がある

【2】睡眠の質や維持について問題がある

【3】問題は適切な睡眠環境下においても生じている

要するに、普通の睡眠環境であるにも関わらず、睡眠に問題があり日中に影響を与えてしまっていることが不眠症の診断基準です。

また不眠症状としては以下のものが挙げられます。

  • 夜なかなか寝付けない入眠障害

  • 一旦就寝するが夜中に2回以上目が覚める中途覚醒

  • 熟睡感が得られない熟睡障害

  • 予定時刻の2時間以上早くに目が覚める早朝覚醒

これらの症状が一つでも該当し、週2回以上且つ1か月以上続いている場合は慢性的な不眠症とされています。

標準的な睡眠時間が必ずしも理想とは限らない

睡眠サイクル

睡眠というのは眠りの浅いレム睡眠と、眠りの深いノンレム睡眠の2種類に分けられ、寝ている間はこれらが交互に起こっています。

レム、ノンレムは1セットで約90分が1サイクルです。これを一晩に4~6回繰り返し、徐々にレムが長くなりはじめることで自然と目が覚めるようになっています。

サイクルを合計すると約7時間となり、これが標準的な睡眠時間です。

では7時間が理想的な睡眠時間なのか?と聞かれれば、必ずしもそうではありません。 毎日3~4時間でも問題なく生活できる人もいれば、7時間で寝足りないという人もいるでしょう。

時間が短くても熟睡感があり、朝すっきりと目覚められ、日中の活動に影響がなければ睡眠は足りているといえます。
逆をいえば寝た気がしない、それによって日常に影響が出てしまっている場合は、その人にとって理想的な睡眠時間に達していないということです。

日本人の約20%が不眠症です

不眠症患者グラフ

現代社会において不眠症になる可能性は高いことをご存知でしょうか。

実は日本人(成人)の20%が不眠症の症状に悩まされており、およそ5人に1人が眠りに何らかの障害があるという報告があります。

これは昔に比べて現代社会がストレスを抱えやすい社会であるとともに、寝る時間を削ってしまうといった状況になりやすいことが増えているからです。
例えば昔は無かった携帯電話やスマホといったモバイル機器に関しても、その利用が増えれば睡眠障害を起こすリスクが高まります。
また年齢を重ねるごとに睡眠を促すホルモンメラトニンの分泌量が減り、それによって寝つきが悪くなり、寝てもすぐに目が覚めてしまう症状が現れます。

60歳以上の高齢者になると3人中1人が症状を訴えており、高齢化社会の現代は、高齢者による不眠症患者が増加傾向にあるといっていいでしょう。

不眠症を放置すると様々な病気のリスクが高まる

慢性の不眠が続くと、『今夜も眠れないのでは』という焦りからかえって目が冴え、ベッドに向かうことが大きなストレスとなってしまいます。
ベッドに向かうだけで緊張し、それによって鬱病等の精神疾患を引き起こすリスクも。

また認知症、高血圧、糖尿病、メタボリックシンドロームなど様々な病気を発症する誘因となることが明らかにされています。
不眠症は放置せず、生活習慣の改善や症状に応じた睡眠導入剤を服用など、適切な対処をとりましょう。

過去にチェックした商品
CHECKED ITEM