女性更年期障害の治療法

女性の後ろ姿と更年期障害治療法の文字

女性が更年期を迎える40代~60代の間でも、閉経の前後5年間である10年間に含まれる45歳~55歳頃は、特に更年期障害を発症しやすいため注意が必要といえます。

ただエストロゲン量の急激な減少によって引き起こされるので、いつ起きてもおかしくありません。

もし更年期障害を発症してしまったときのための治療法、悪化を抑えて予防に役立つことを紹介します。

薬物療法で症状を軽減する

一般的に女性が更年期障害を発症すると、治療薬が用いられることがほとんどです。

その働きとして、エストロゲンの補充によって原因となるホルモンバランスを整えることで自律神経の乱れを防いだり、漢方や抗うつ剤・不安薬の服用によって諸症状の軽減効果が期待できます。

いろいろある薬物療法が、どのように作用してくれるのか知っておきましょう。

ホルモン補充療法(HRT)

更年期障害の原因となるエストロゲンの急激な低下を防ぐために補充する治療法で、更年期障害の薬も、HRTに用いられます。

体内でのホルモン量が不足していることで引き起こされる症状が悪化して、日常生活に支障をきたす更年期障害となるため、早めの対処が必要です。

引き起こされる諸症状はホルモンバランスの乱れが大きな原因なので、エストロゲンの補充により整うと、症状の軽減につながります。

またホルモンの補充療法といっても、内服薬と外用薬に分けられるうえに外用薬はパッチタイプゲルタイプがあるのです。

内服薬 エストロゲン薬を服用する方法。
その結果起こりやすいホルモンバランスの乱れ、それに伴う不快な症状を抑えるためにプロゲステロンも服用する必要がある。
外用薬 パッチ剤 パッチを、おへそ横や腰に貼る方法。
エストロゲンとプロゲステロンの両方が含まれているため、ホルモンバランスの乱れが起こりにくい。
ゲル製剤 エストロゲンが配合されたゲルを、上腕部に塗布する方法でプロゲステロンは内服薬で補充する必要がある。

これらは日本でも保険が適用されるため、比較的自己負担も少なく済みます。

それぞれの特徴を知り、自分自身に合うホルモン補充薬を選びましょう。

しかし乳がんや子宮がんの経験・可能性がある場合は、発症・再発のリスクを高めてしまう危険性があるためホルモン補充療法はできません。

また心臓病など生活習慣病のリスクを高める可能性もあるので、この治療法を望まない女性も少なくないのです。

漢方療法

漢方薬は、心身のバランスを整えることでさまざまな症状の改善効果が期待でき、実際に病院やクリニックでも用いられています。

また天然成分で作られていて、副作用が起こりにくい治療薬のひとつです。

ただし成分によっては作用が強くあらわれる場合もあるため、医師の指示にしたがって服用することでより安全に治療がおこなえるでしょう。

抗うつ剤・抗不安薬による治療

更年期障害を発症した女性で、うつや不安感などの精神的な症状が辛い場合やホルモン補充療法(HRT)をおこなっても効果が得られない場合には、抗うつ剤(パキシルジェイゾロフトなど)・抗不安薬(トフィソパムバスピンなど)が用いられます。

作用は精神神経症状に対して働くものであり、更年期障害の原因であるホルモンバランスの乱れを改善する作用はありません。

そのため、HRTや心身のバランスを整える漢方治療を併せておこなったり、専門家によるカウンセリングまたは心理療法が必要になる場合もあります。

また不眠の症状があらわれる場合には、睡眠導入剤(エスゾピックバスポンなど)を用いて睡眠不足の解消を促すのです。

このように更年期障害の根本的な治療とともに、強くあらわれる症状に対しては並行して改善・治療をおこなっていく必要があります。

生活習慣の改善で体内から健康にする

お腹の前で果物を持っている女性

多くの女性が悩まされる更年期障害に対しては薬物治療が基本ですが、同時にさまざまな生活習慣の改善をすることで、より更年期障害の改善はみられるでしょう。

睡眠不足も更年期障害の症状でもありますが、その状態が続くと症状が悪化しやすい状況を作り出してしまうため、なるべく早い段階で睡眠時間を見直した方がいいのです。

早寝早起きを心がけて、十分な睡眠がとれると身体も脳もしっかり休むことができます。

そして睡眠だけでなく、食事や運動も更年期障害の治療につながるのです。

食事の改善

偏食や不規則な時間に食事をすることは避け、朝・昼・夕の3食をそれぞれなるべく決まった時間に摂るようにしましょう。

野菜や果物を食事に摂り入れるなど、ビタミン類も欠かさないように意識して体内の栄養バランスを整えることが大切です。

なかでも大豆製品に多く含まれているイソフラボンは、体内でエストロゲンに似た働きをしてくれることから更年期障害の女性にとって特に必要な栄養素といえます。

食事からエストロゲンと同じ作用が得られると、ホルモンバランスが崩れることで起こる諸症状の改善やコレステロール値の上昇抑制・骨密度の低下抑制の効果が期待できるのです。

また更年期障害の悪化によって発症リスクが高まる骨粗鬆症の予防として、カルシウムとその吸収をサポートするビタミンDやKも一緒に摂るとより良いでしょう。

適度な運動

いろいろな運動器具

生活習慣のひとつとして、適度な運動を摂り入れることも大切です。

それは身体が疲労を感じて、眠りにつきやすくなったり身体を動かすことがストレス解消にも影響します。

特に5分程度のストレッチをした後、ウォーキングやヨガ・ジョギング・サイクリング・水泳などの有酸素運動をおこなえば、血行促進にもなるのです。

タイミングは、空腹時を避けて食事から2時間程度経過した後に運動をするといいでしょう。

体調を整えるほか、ストレスを軽減して気持ちをポジティブにする効果も期待できます。

市販の医薬品やサプリメントでもケアできる!

女性の更年期障害に効果が期待できる市販の医薬品やサプリメントも存在するのです。

病院に行くほどでもなく、治療薬を通販などで買うほどでもないけど、更年期障害の症状を良くしたいと考えている方は利用しやすいでしょう。

女性ホルモンに似た働きをする成分が配合されている医薬品が多く、諸症状の改善効果が期待できます。

ただし処方薬同様、飲み合わせに注意が必要な種類もあるので説明書をよく読む、もしくは薬剤師に相談のうえ服用することがおすすめです。

市販の医薬品でも薬である以上は副作用が起こる可能性もあるため、心配な場合は比較的副作用が抑えられているサプリメントの服用がいいでしょう。

いずれも女性ホルモンに似た働きしたり、女性ホルモンの働きをサポートする作用がある成分が配合されています。

医薬品よりも副作用が抑えられているからといって、過剰摂取してしまうと副作用が起こる可能性はあるため注意が必要です。

また市販の医薬品であってもサプリメントであってもHRT同様、乳がんや子宮がんの既往歴がある方は再発のリスクを高める危険性がゼロでは無いので、服用はしないでください。

ストレス解消が更年期障害治療の大きなカギ

ハーブティーとアロマでストレス解消

女性ホルモンの補充治療が必要になる更年期障害ですが、同時に大切なことがストレスの解消です。

加齢や疲労などの身体的なストレスのほか、家庭や職場といった人間関係・環境の変化を含む社会的・精神的なストレスを抱え込んでしまうことが、更年期障害の発症または悪化に大きく影響しています。

ストレスを解消できれば、余計にホルモンバランスを乱すことがなくなり、更年期障害の治療効果を最大限に得ることができるでしょう。

せっかくの治療効果を半減させないためにも、生活習慣の改善とともに自分なりのストレス解消法を見つけておくことをおすすめします。

過去にチェックした商品
CHECKED ITEM