ED(勃起不全)とは

EDとはErectile Dysfunction(エレクトル・ディスファンクション)の略で、勃起障害や勃起不全など男性特有の性機能障害を指します。

性欲はあるのに十分な硬さにならない
一度は勃起するものの途中で萎えてしまう

など、ペニスの硬さが不十分であるために満足な性行為ができなくなる病気です。

成人した日本人男性の約1,130万人がEDを発症しており、50~60代では二人にひとりがEDを患っているとされています。
「歳を重ねた男性はEDになるもの」と考えられていますが、20~30代の比較的若い世代でも発症する可能性は十分にあります。

男性なら誰にでも起こりうるポピュラーな疾患でありながら、恥ずかしさから治療を行なわずに放置・悪化するケースは少なくありません。

EDは内服薬によって改善できる症状です。
具体的な症状と原因を知り、積極的な対策を行なって充実した性生活を取り戻しましょう。

成人男性の4人にひとりがED

年齢別EDの発症率

50代以降の発症が顕著ですが30代でもEDになる可能性はあり、日本の成人男性の25%、つまり4人にひとりがEDを発症しています。

中等度ED ▶ たまに勃起できる、または性行為中の勃起は維持できる
完全ED ▶ 勃起しないため性行為ができない

年齢を重ねるごとに発症率は上がり、重症化する傾向にあります。

パートナーとの関係悪化や妊活の妨げに

EDになると性行為の成功率が大きく低下してしまいますが、性行為はパートナーとの重要なコミュニケーション手段。

満足な勃起ができないという状況は、男性としての自信を失ってしまうだけでなく人間関係にも支障をきたしてしまうのです。

妊娠を望んでいる夫婦の場合はとくに深刻です。
排卵日を狙った積極的な妊活を行なっている場合、勃起や射精に至らなければ性行為の意味がなくなってしまいます。
将来設計が変わってくる、夫婦関係にヒビが入るといった悪影響は避けられません。

正常な勃起のメカニズム

勃起が起こる仕組み

ペニスには、細い血管がいくつも集まってできたスポンジのような陰茎海綿体が通っています。

勃起していないときは、陰茎海綿体へつながる血管が閉じている状態です。

1、脳で感じた刺激・興奮が、脊髄神経を通してペニスへ伝わる

2、陰茎海綿体へつながる血管や周辺の筋肉が弛緩する

3、ペニスへの血流量が一気に増える

4、陰茎海綿体が膨張する=勃起

性的刺激がペニスへ伝わる際に、体内では一酸化窒素が放出されます。
これを合図に、勃起の要であるサイクリックGMP(環状グアノシン一リン酸)が増加します。

サイクリックGMPは血管拡張作用をもった物質。
性行為時に増殖することでペニスへの血流が活発になり、勃起という生理現象が引き起こされるのです。

射精後には、PDE5(ホスホジエステラーゼ)という酵素が活性化します。
PDE5にはサイクリックGMPを分解する働きがあり、拡がった血管が収縮するので勃起も収まります。

勃起しない原因はPDE5

正常であればPDE5は射精後に増加しますが、活性化するタイミングが乱れている・異常発生しているのがEDの原因です。

勃起前にPDE5が増殖=サイクリックGMPが減る=血管拡張しない=ED

PDE5の異常のほか、神経の異常・損傷により興奮や刺激がペニスに伝わらない場合も勃起することはありません。

もしかしてED?セルフチェック

EDの特徴的な症状は以下の通り。

□ 性欲を感じても勃起しない
□ 勃起できても維持できない
□ 挿入できる硬さにならない

ひとつでも当てはまったらEDだと判断されますが、「自分がEDなのかわからない」「たまたま勃起できなかっただけ」と困惑している男性がいるかもしれません。

自分の勃起に自信がなくなってきた人は一度、セルフチェックをしてみましょう。

※ 直近6ヵ月の状況について、5つの設問に解答してください
※ すべての回答の点数を合計し、21点以下はEDと判定されます
※ 設問はIIEF(国際勃起機構スコア)による

<問1>勃起して、維持する自信がどのくらいありますか?

非常に低い (1点)
低い (2点)
中くらい (3点)
高い (4点)
非常に高い (5点)

<問2>性的刺激を受けて勃起した際、挿入可能な硬さになった頻度は?

性的刺激はなかった (0点)
ほとんど、またはまったくならなかった (1点)
たまになった/半分よりかなり低い頻度(2点)
時々なった/ほぼ半分の頻度 (3点)
しばしばなった/半分よりかなり高い頻度 (4点)
ほぼいつも、またはいつもなった (5点)

<問3>性行為の際、挿入後に勃起が維持できた頻度は?

性交を試みなかった (0点)
ほとんど、またはまったく維持できなかった (1点)
たまに維持できた/半分よりかなり低い頻度 (2点)
時々維持できた/ほぼ半分の頻度 (3点)
しばしば維持できた/半分よりかなり高い頻度 (4点)
ほぼいつも、またはいつも維持できた (5点)

<問4>性行為の際、行為を終了するまで勃起を維持するのは困難でしたか?

性交を試みなかった (0点)
極めて困難だった (1点)
とても困難だった (2点)
困難だった (3点)
やや困難だった (4点)
困難でなかった (5点)

<問5>性行為を試みた際、満足な行為ができた頻度は?

性交を試みなかった (0点)
ほとんど、または全く満足できなかった (1点)
たまに満足できた/半分よりかなり低い頻度 (2点)
時々満足できた/ほぼ半分の頻度 (3点)
しばしば満足できた/半分よりかなり高い頻度 (4点)
ほぼいつも、またはいつも満足できた (5点)

いかがでしたか?
以上の設問はEDの可能性を疑うひとつの目安として捉え、治療検討の材料にしてください。

勃起できない理由は加齢だけではありません

性機能が正常に機能している場合、性的刺激をきっかけにペニス周辺の血管が拡張、血流が活発になり勃起という変化が起こります。

性的刺激を受けても血流が増加せず、ペニスの膨張につながらないのがED。

血流を阻害する要素

・生活習慣病による血管障害
・喫煙の習慣がある
・腎臓病や尿路障害
・神経疾患
・外傷、外科手術によるペニスや神経の損傷
・ストレスや精神疾患

年齢を重ねると糖尿病や高血圧といった病気のリスクが高まり、EDを誘発する要因となります。
また、性欲や順調な血流をキープしていた男性ホルモン量も低下するため、加齢のせいで勃起力が衰えるという考えは間違っていません。

しかし、血流を悪化させる生活習慣やほかの疾患による影響でEDを発症するケースもあります。
若い世代でもEDになる可能性は十分にあるため、原因や症状について正しい知識を身につけておきましょう。

ED治療薬で即効性の高い対策を

EDを改善するには、バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬を服用するのがもっとも一般的な方法です。

勃起できない原因は、ペニスへの血流が起こらないこと。
ED治療薬は血管拡張作用によって勃起に必要な血流を促し、ペニスの膨張と硬さの維持を助けます

EDの原因そのものは改善できませんが、その日の勃起を成功させられるという即効性が魅力。
効果も高く、バイアグラで72%、レビトラで86.4%、シアリスで82.1%のED改善率が得られます。

治療法はほかにも、

・薬剤をペニスに注射する
・勃起を助ける器具をペニスに装着する

といった方法があります。
しかし内服薬での治療で改善できることがほとんどなので、いずれも選択されることはごくまれです。

EDになっても、満足な性行為を行なうことは可能です。
ライフスタイルの改善と併せて、医療機関を受診してみる・ED治療薬を服用するといった方法を検討してみましょう。

過去にチェックした商品
CHECKED ITEM